カテゴリー「音楽」の115件の記事

2009/11/02

裁判長!これで執行猶予は甘くないすか

裁判長!これで執行猶予は甘くないすか (文春文庫)

著:北尾 トロ
発売日:2009/01/09
参考価格:\580
ポイント : - (-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/16

flowervoice Scene.42

2008年12月12日(土)表参道FABにて行われたライブイベント「flowervoice Scene.42」にいってくる。

当日の出演者は以下のとおり。

・清家千晶
・玉城ちはる
・Quinoco
・SHUUBI

§

世間は完全にクリスマスモードで一色に染まる12月。明るくいきたいところですが、朝から雲が厚くたちこめて、気温も低く、ちょっと外出には辛いようき。表参道もクリスマスモードだったのですが、正直寒すぎました(^^;。

トップバッターは清家千晶さん。今回お初の方でした。個人的のこの方の声質はとても好きなタイプ。「花唄」や「空の鏡」など。「空の鏡」では迫力に久しぶりに鳥肌たってしまいましたよ。

続いて登場したのは玉城ちはるさん。こちらも今回お初でした。歌い方に特徴があり、歌いながら歌詞に合わせて手話(ですよね)で表現をしてました。とても伝わり具合がよく、また声量も十分ですごく迫力と勢いのあるステージでした。最後に歌った「君が愛の種」にまた鳥肌が立ってしまいました。

そして次に登場したのはQuinocoの二人。ハセガワミヤコさんと戸田和雅子さんの二人のユニットです。ユニットとしてQuinocoのライブを見るのは今回がはじめてなのですが、個別のアーティストとしても二人とも好きなので、すごく楽しみでした。「空をつかめ」「あふれる」などなど。若干のハプニング(長谷川さんいわく「演出」らしい)もありましたが、ご愛敬ということで。

ラストは大ボスもとい、ホスト役のSHUUBI登場。いつものサポートメンバーで安心して見られるステージ。今回はクリスマスソングもあって、季節がらのステージ内容のアレンジもありましたが、前回のステージとほとんど一緒だったような。。。

ラストのアンコールでは、フラボのテーマ曲で出演者みんなでセッションして、心残すところなく終了。

気づいてみれば22時30分と、意外なほど長丁場に。でもあっという間でした。今回はだいぶ収穫のあるイベントとなりましたよ。


§

SHUUBI的FlowerVoiceも残すところわずか1回。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/22

iTunesにていいくぼさおり無料ダウンロード可能なのです

もうすぐ1stアルバムが発売予定のいいくぼさおりさんの曲がiTunesにて1週間の期間限定ながら無料ダウンロード可能ですよん。

個人的にはアルバムも購入予定なのですが、先に聞いて心の準備をしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

Be my Guest

2008/10/10(金)渋谷は7thFloorにて行われたYeux.のワンマンライブ「Be my Guest」にいってくる。

当日は仕事の都合がつくかどうか未定だったのですが、関東でのワンマンの機会もあまりないので是非とも参加したいところ。

で、どうにか会場にたどりついた時刻は19時も15分を回ったところ。まぁ、ワンマンならスタート多少は遅れることもあるし、まぁ最初は仕方ないかとスパッとあきらめていたのですが、会場に入ってみるとまだそれほど進んでいないみたい? 少しだけ話を聞いてみるとMCなどで時間を伸ばしていた様子。どもいい人です。


今回のライブはアルバム「タイム」の曲を中心に展開。「夜明け」「HERO」「BLAH」などなど。以前に聞いた時もいい声しているなと感心していたのですが、ワンマンで徹底的にきくとまた一段と凄さが伝わってきますわ。

関西を中心に活動しているので、普段はCDで聞き込んでいたのですが、改めて魅力的な曲に魅せられました。

MCには前日に事務所での一幕について。3個入のぷっちんプリンの行方。コーラスを担当していた男性の方が関東に住まいを移すためにお手伝い募集やギターのかたのお子さんネタなどなど。結構ゆるめの話題が中心に。

アンコールでもちょっとしたサプライズ(?)が。メンバーを一人一人呼び込むYeux.さん。ひとりひとりまぁちょいネタを挟んでいたのですが、キーボードを担当しえいた女性の名前を呼んだのに、なぜかあらわれたのは事務所の社長さん。めちゃごっついんですけれど(^^;。

関西出身ということで、MCでは全体的に意識的にスローペースでしゃべっていたのですが、コーラス担当の男性との掛け合い(?)では鋭い突っ込みも見られて、終始和やかな雰囲気のライブでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/25

モウイチド

モウイチド

その他:熊木杏里 , 他
発売日:2008/09/24
参考価格:¥1,000
ポイント : 10pt (1%)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/22

虹色Drops Vol.2

2008年9月21日(日)J-POPCAFE渋谷にて行われた「虹色Drops Vol.2」にいってくる。


当日の出演者は以下のとおり。
 ・Takesu
 ・Fonogenico
 ・Chagra
 ・Ao-Neko

§

関東地方は当日は震度3の地震に見舞われるわ、午後には雨降ってくるわで天候的にはかなり不順。今回の開催場所はJ-POPCAFE。お初の場所です。渋谷にはちょこちょこと出向いていますが、全然知りませんでした。いつも通っている道なのですが、きっとぼぉ~としているんでしょう(^^;。

ほぼ定刻どおりに開場して中に入ってみて驚く。なんと周りが全部ガラス張り。しかも渋谷の高い場所に立っている高いビルの屋上に設置しているような感じなので、渋谷の街が一望できるのです。入ったのが16時30分なので、周りはまだ明るいのですが日も暮れてからはきっと雰囲気いいだろうなと楽しみになる場所です。

先頭はTakesuさん。オリジナル曲とカバー曲を披露。オリジナル曲の中でフォークソングがあったのですが、個人的に久しぶりに落ち着いた感じの曲を聞いたのでちょっとおちつきました。

続いて登場するしたのはFonogenico。今回のお目当てです。先月メンバーの川口さんがユニットから抜けてFonogenicoは2回目のライブ。自分はお初。キーボードがどうなっているのか、すごく気になってました。

今回披露されたのは「オレンジの砂」「Shalala」「Reason」「リズム」「赤い果実酒」「ねがいごと」「雨粒」でした。

キーボートはサポートメンバとして女性の方(すみません、名前が覚えられませんでした)が担当していたのですが、これがまた上手い。私は楽器の技術のことはさっぱりですが、すごいということくらいはわかります。会場にいるFonogenico初体験の方も引き込まれている雰囲気がとても伝わってきました。

MCでもNaokoさん本人が話していましたが、新しいFonogenicoとしていろいろとアレンジを変えているとのこと。リズムなどはメロディこそ似ていますが、雰囲気はだいぶ変わっていたのがとても印象的でした。シックな雰囲気が混ざってまた一段と魅せられました。

だいぶアレンジを変えているので、川口さんと比べるのはどうかという気もするのですが、個人的にFonogenicoに惹かれた理由の一つとしてキーボードの格好良さがあるので、やっぱり少し残念な気はしてしまいました。

また今回は周囲がドーム型の窓になっていて、外の天候がそのまま会場に伝わるのですが、Fonogenicoの出演時間帯はとても雨脚が強く、時折遠くの空に稲光も見える。また窓に打ち付ける雨の音までしっかりと聞こえてくるようなライブでした。あまり体験できない雰囲気でしたし、雨音を聞くと落ち着くタイプなので、ライブと雨音に酔いしれましたわ。

次に登場したのはChagra。今回お初。女性ヴォーカルで2人。しかもバンド編成でのステージ。かなりパワフルなステージを見せてくれました。今回は1組の持ち時間が長いということで特別企画。メンバーの実父が笛担当として登場。そんなにたくさんのライブを見てきたというわけではないのですが、これはかなり意表を突かれるステージにちょっと笑いました(^^;。

しかしこのお父さん、只者ではない。なんかステージ慣れしているみたいだったんですが(^^;。演奏もちゃんとしているし、面白いステージを見せてもらいました。

またメインのステージもまた声の出がすごく圧倒されっぱなし。もちろん初めて聞く曲ばかりだったのですが、どれもこれも楽しませてもらいました。

そして最後に今回のイベントの主催者である、Ao-Nekoの登場。出演者からこのライブは面白いよ~と評判だったので、正直全然知らないバンドなのにすごく楽しみにしてました(笑)。

で、出だしからもう圧倒的なパフォーマンスに会場は大盛り上がり。歌はいまいちといいながらも、バラード楽曲は結構いいものありましたし、お肉の歌などはだいぶ楽しませてもらいました。楽しいライブを見たい時にはまた遊びに行きたいな。

§

雨の中のライブという一風変わった体験もして、とても楽しい夜を過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/24

全力投球!!'08 夏

2008年8月24日(日)に渋谷界隈のライブ会場全体で行われたイベント「全力投球!!'08 夏」にいってくる。

§

例年ならば8月の待つといえども夏真っ盛りという風情ですが、ここ数日はとても涼しい日々が続く。日中も冷房の必要は無い8月なんて、凄い久しぶりな気がします。

当日は朝から小雨模様。涼しさもさらに強くなって半袖ではちょっと肌寒いくらい。

今回のお目当てはいいくぼさおりさんとナチュラルハイ。

§

いいくぼさんは13:15から7th Floorにて。会場時間がわからなかったのでとりあえず20分前に到着するとすでに席の半分くらいの人が入っていました。
(今チケットをよく見たら、ちゃんと会場時間が書いてありました(^^;)

いいくぼさん目当ての方も、おそらく次のアーティスト目当ての方もいるのでしょうが、会場全体はそれなりに人が入ったところで、いいくぼさん登場。

今回の衣装は黄色地に大き目の黒色水玉模様のパンツにTシャツというラフな格好。髪がもしゃっとしか感じにまとまっていて、前回のライブと印象が変わったところ。

今回披露されたのは「眠れぬ夜のシンフォニー」「踊れ乙女」「ケセラセラ」「ちゅー」などなど。いつも通りにサービス精神満点なパフォーマンスをみせてくれました。11月3日に新譜の発売が決まるなど、着実な活動展開。

§

Duoに移動して、そこで2組ほどライブを見て続いてのお目当てナチュラルハイのライブ。ナチュラルハイのライブももっと見に行きたいのですが、なかなか都合がつかずここ最近はこの全力投球の夏冬ばかりになってしまってます。

今回はキーボードの大嶽さんとボーカル白木さんの二人でピュアナチュラルなステージ。「夏の夜空」「始まりのヒト」などなど。今回は全体的にゆったりとした雰囲気にアレンジされていて、個人的にはとても好きなナチュラルハイの音楽になってました。ゆったりとまったりと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/23

FAB STYLE -gracy-

2008/8/21(木)表参道FABにて行われたFAB STYLE -gracy-にいってくる。
当日の出演者は以下のとおり。
 ・Junear
 ・松田亮治
 ・Fonogenico
 ・伊沢ビンコウ
 
§

関東地方は夕方より激しい夕立に見舞われる。私は地下鉄の表参道駅から地上に上がったときには小休止だったのか、とりあえず傘は差さずに会場までダッシュ。すんなりとはいることがで来たのでそれほどぬれることはなかったです。後でニュースなどを見ると結構激しい雨模様だったみたいですね。

今回のお目当てはFonogenico。ずっと音楽は聴き続けてきているのですが、ライブは本当に久しぶり。いきたいなと思った時も都合がつかずなかなかライブに足を運ぶことなく時間が過ぎてしまいました。

今回はキーボード、ギター、ベース、ドラムとFonogenicoサポートメンバーフル動員にて華々しいステージを披露してくれました

セットリスト
 ・lovers
 ・reson
 ・リズム
 ・赤い果実酒
 ・Shalala
 ・ねがいごと

個人的に好きな曲ベスト5がすべて演目にあがっているというのはまさに奇跡。当日自分は初めてでしたが赤い果実酒というのもとても明るい雰囲気。naokoさん曰く心の中で踊ってくださいというだけありますわ。

ねがいごとでは結構な人が泣いてました。この曲は本当に心ゆすぶられます。

そして今回のライブに出向く動機になったのが前日に発表のあったFonogenicoのキーボードと作曲担当であった川口潤さんのFonogenicoからの脱退するということ。個人的にこのキーボードの音がとても好きでFonogenicoに入り込んだようなもので、すごくすごく残念。

ご本人の活動の幅を広げるためにもFonogenicoの枠から外に出るということでしたので、今後の活動にも注目していきたいのです。

またFonogenico自体はnaokoさん地震は活動の中心として続けていくとのことですので、その音楽活動にも注目していきたいのです。

他の出演者の方もコメントこそできませんが、とても音楽を楽しんでいるという雰囲気がとてもよく伝わってくる方々ばかり。とても楽しいひと時を過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/15

arp/より子 "夏音"

2008/7/6(日)渋谷DUOにて行われたRolandPresents「夏音」にいってくる。
当日の出演者は以下のとおり。
 arp
 より子

2006年の同じイベントで出演していた時にもみている組み合わせ。

§

6月中は正に梅雨模様という感じで、涼しい日が続いていたのですが7月にはいって最初の週末。一気に夏らしい天気になりました。日曜日は終日曇り空だったにもかかわらず気温と湿度の高さはいよいよ夏の到来を告げるようだ。

今回はRolandの音楽機器を使ったミュージシャンの出演イベント。テーマは夏そのものの「夏音」。

§

ほぼ定刻どおりに開幕。先手はarp。

MCではarpはあまり季節感のある曲目が少なく、テーマの夏というものにあわせてエントリーに四苦八苦したことを披露。

あん朱さんと濱田さんは二人とも夏生まれにもかかわらず、完全インドア派。夏の思い出も濱田さんの死にかけた高校生の思い出が披露。

夏らしい曲目として「夕立」も久しぶりに披露。個人的にはこの曲は大好きなので、久方ぶりに聞けてよかった。


続いて登場するのはより子さん。最後に見たのは昨年の夏。丁度一年前。ライブでみたのも数えるくらいなのですが、それでも以前に聴いた曲が今回も披露されていて、すぐに思い出しました。意外と耳に残るものですね。

ツーマンライブで広い会場でとてものんびりと過ごせたひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/29

arp/ワンマンライブ「光」

2008年6月21日(土) 渋谷 WOMBにて行われたarpワンマンライブ「光」にいってくる。

今回のワンマンライブは4月にリリースされたアルバムの発売記念となる。自分も前回のarpライブは1月のワンマンライブ「零」であるため、アルバム発売からは初めてのライブになります。

§

梅雨前線の活発化により関東も朝からどんよりとした曇り空。いつ雨が降り出してもおかしくない重い空気。とりあえず会場までは持っていたのが何よりでした。

数ヶ月ぶりに渋谷に出向いたのですが、東京副都心も開通し、町の中心部でも再開発が進んでますね。ブックファーストが入っていた建物も解体中でした。

今回は前回に比べて椅子の数もアップさせたのこと。天井のとても高い会場であるため、全体的な圧迫感は少ない。後ろには立ち見の方も連なっていて人の数はやっぱり大目。

§

17時10分頃に開幕。オープニングはいつものとおりforestから。音楽と映像と会場照明でarpの世界に入り込む。

初っ端は「PROUD」「さよなら、さよなら、」「over」と3曲続けての演奏。以前にもライブで披露されていたので、改めて聞くわけですがやっぱりいいですね。

軽くMCで挨拶をした後は「シャッター」が披露。曲の途中であん朱さんがカメラでシャッターを切る演出がある。デジカメではなかったようなのですが、あのカメラの中にはフィルムが入っていたのでしょうか。やっぱりどうしても気になるところです。

「YES」ではarpライブでは珍しく、手拍子にて観客も参加形式。いつもarpのライブは観客が静かなのですが、やっぱり好きな人が集まっている集団。大きな手拍子が会場を満たす。やっぱりこういう雰囲気が好きです。

懐かしめの曲も数曲披露されて、続いてのコーナーはワンマンライブ恒例の大宮あん朱さんの弾語りコーナー。「irony」が疲労されました。演者も違うし、打ち込み系の音とは違う雰囲気でまったく違う曲であるかのようでした。

続いて濱田さんのインストロメンツ曲。地球、環境をテーマにしたもの。短めで1分間くらいでようか。それでも毎回きくたびにすごいなって感心させられる。カッコいいです。

途中には特別企画のarp関係者による落書き披露コーナー。キャラクターものから動物物や豪華客船などの物シリーズを、濱田さん、あん朱さん、arpマネージャーが書いたものをスクリーンに投影。その出来栄えを競い合う趣向。

§

次回arpのライブも続々と控えているようですが、11/21~24まで4日間連続渋谷多作にて行われることが発表されました。arpの全アルバムをコンセプトに毎夜行われる模様。

出口にはあん朱さん、濱田さんが一人一人に挨拶をしていくという趣向も前回のWOMBライブに引き続き用意されていました。

外に出ると若干の小雨が降ってきていましたが、満足のいく良い夜となりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

DVD | ゲーム | 新刊情報 | 映画 | 蔵書録 | 雑記 | 音楽