« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/30

ぼくと、ぼくらの夏 新装版

初刊行は1991年とちょっと古めながら、今読んでも全然古臭さを感じない青春ミステリー。

夏という舞台と高校生たち。事件はとても重いものなのですが、いきむ訳でもなく、かといって投げやりでもない。今では少し懐かしさすら感じる純粋な高校生の姿とてもよかった。








ぼくと、ぼくらの夏 新装版 (文春文庫 ひ 7-5)



著:樋口 有介

ジャンル:Book

発売日:2007/05

価格:¥650

Point:6pt



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/29

光の国の姫

NHKのドキュメント番組「考える」にて出されたテーマを元に作られた作品。付属のDVDには放送時の番組も納められていて、本書が作られていく過程も納められています。

光の国の姫

イラスト:鯰江 光二
ジャンル:Book
発売日:2008/07
価格:¥1,500
Point:15pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/28

終わりは始まり

回文ってみると面白いし上手いなと感心させられるものなのですが、意味があまり成さないのも仕方が無いところ
。本書は読者から募集した回文に中村航が物語をフジモトマサルがイラストをつけて、ひとつの作品に仕上げている。回文の見事さと物語の面白さと、それを盛り上げるイラストといい本に仕上がっています。

終わりは始まり

著:中村 航 , 他
ジャンル:Book
発売日:2008/05
価格:¥1,050
Point:10pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/27

チャーリーとチョコレート工場

チョコレート工場という響きには、なんとも言い難い魅力がありますね。本作もそんな工場を舞台に、子供たちと工場長との物語が繰り広げられます。子供に悪気は無いのでしょうが、どうしてもいいことばかりではないのが現実。そういうところを見つけて一人一人にちょっとした罰が与えられる。甘いだけのお話じゃないところがまた面白いです。

チャーリーとチョコレート工場

監督:ティム・バートン
ジャンル:DVD
発売日:2007/10/12
価格:¥1,500
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/26

図解電子マネー業界ハンドブック Ver.1

日常的に電子マネーを使う人々が多くなってきて注目を集めているサービス。様々な情勢や思惑が重なって、色々な種類のサービスが展開されていて、何がなにやらわかりづらくなってきているのもまた事実。

どういうサービスがあってどんな特徴があるのか。なにがいいのかなど網羅的に解説しているので、電子マネーサービスに興味のある方は是非一読をお勧めします。

図解電子マネー業界ハンドブック Ver.1

著:岩田 昭男
ジャンル:Book
発売日:2008/03
価格:¥1,680
Point:16pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/25

モウイチド

モウイチド

その他:熊木杏里 , 他
発売日:2008/09/24
参考価格:¥1,000
ポイント : 10pt (1%)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事道楽

スタジオジブリの製作現場を支える裏方の主役とも言える鈴木敏夫のクリエーターたちとの付き合いを通してみた製作現場の楽しさが伝わってくる一冊。

才能ある人たちの才能をどうやって引き出すのか。その仕事の面白さや醍醐味が伝わってくる。

仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書 新赤版 1143)

著:鈴木 敏夫
ジャンル:Book
発売日:2008/07
価格:¥777
Point:7pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/24

非正規レジスタンス

初期の頃のストリートボーイたちの大人たちへの戦いという雰囲気からやっぱり変わってきていることを強く感じさせられた一冊。大仰に言えば現代の若者たち、社会の問題をテーマに据えて、がばっと描いているさくひんになっている。

本作で扱っているテーマもシングルマザーから非正規雇用の労働者など。天辺と底辺の味わいを描き出す。

非正規レジスタンス―池袋ウエストゲートパーク8

著:石田 衣良
ジャンル:Book
発売日:2008/07
価格:¥1,600
Point:16pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/23

「時間どろぼう」を退治する方法

Part1で時間を消費する例を挙げてPart2で、どうして時間を消費するのか原因となる要因と心理を解明。Part3で解決編を提示するという形でとてもわかりやすい構成なのか好印象。ただ解決編の内容が今ひとつにかんられたのが少々残念なところ。Part2はとても参考になります。

「時間どろぼう」を退治する方法

著:齋藤 勇
ジャンル:Book
発売日:2008/06/20
価格:¥1,470
Point:14pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/22

虹色Drops Vol.2

2008年9月21日(日)J-POPCAFE渋谷にて行われた「虹色Drops Vol.2」にいってくる。


当日の出演者は以下のとおり。
 ・Takesu
 ・Fonogenico
 ・Chagra
 ・Ao-Neko

§

関東地方は当日は震度3の地震に見舞われるわ、午後には雨降ってくるわで天候的にはかなり不順。今回の開催場所はJ-POPCAFE。お初の場所です。渋谷にはちょこちょこと出向いていますが、全然知りませんでした。いつも通っている道なのですが、きっとぼぉ~としているんでしょう(^^;。

ほぼ定刻どおりに開場して中に入ってみて驚く。なんと周りが全部ガラス張り。しかも渋谷の高い場所に立っている高いビルの屋上に設置しているような感じなので、渋谷の街が一望できるのです。入ったのが16時30分なので、周りはまだ明るいのですが日も暮れてからはきっと雰囲気いいだろうなと楽しみになる場所です。

先頭はTakesuさん。オリジナル曲とカバー曲を披露。オリジナル曲の中でフォークソングがあったのですが、個人的に久しぶりに落ち着いた感じの曲を聞いたのでちょっとおちつきました。

続いて登場するしたのはFonogenico。今回のお目当てです。先月メンバーの川口さんがユニットから抜けてFonogenicoは2回目のライブ。自分はお初。キーボードがどうなっているのか、すごく気になってました。

今回披露されたのは「オレンジの砂」「Shalala」「Reason」「リズム」「赤い果実酒」「ねがいごと」「雨粒」でした。

キーボートはサポートメンバとして女性の方(すみません、名前が覚えられませんでした)が担当していたのですが、これがまた上手い。私は楽器の技術のことはさっぱりですが、すごいということくらいはわかります。会場にいるFonogenico初体験の方も引き込まれている雰囲気がとても伝わってきました。

MCでもNaokoさん本人が話していましたが、新しいFonogenicoとしていろいろとアレンジを変えているとのこと。リズムなどはメロディこそ似ていますが、雰囲気はだいぶ変わっていたのがとても印象的でした。シックな雰囲気が混ざってまた一段と魅せられました。

だいぶアレンジを変えているので、川口さんと比べるのはどうかという気もするのですが、個人的にFonogenicoに惹かれた理由の一つとしてキーボードの格好良さがあるので、やっぱり少し残念な気はしてしまいました。

また今回は周囲がドーム型の窓になっていて、外の天候がそのまま会場に伝わるのですが、Fonogenicoの出演時間帯はとても雨脚が強く、時折遠くの空に稲光も見える。また窓に打ち付ける雨の音までしっかりと聞こえてくるようなライブでした。あまり体験できない雰囲気でしたし、雨音を聞くと落ち着くタイプなので、ライブと雨音に酔いしれましたわ。

次に登場したのはChagra。今回お初。女性ヴォーカルで2人。しかもバンド編成でのステージ。かなりパワフルなステージを見せてくれました。今回は1組の持ち時間が長いということで特別企画。メンバーの実父が笛担当として登場。そんなにたくさんのライブを見てきたというわけではないのですが、これはかなり意表を突かれるステージにちょっと笑いました(^^;。

しかしこのお父さん、只者ではない。なんかステージ慣れしているみたいだったんですが(^^;。演奏もちゃんとしているし、面白いステージを見せてもらいました。

またメインのステージもまた声の出がすごく圧倒されっぱなし。もちろん初めて聞く曲ばかりだったのですが、どれもこれも楽しませてもらいました。

そして最後に今回のイベントの主催者である、Ao-Nekoの登場。出演者からこのライブは面白いよ~と評判だったので、正直全然知らないバンドなのにすごく楽しみにしてました(笑)。

で、出だしからもう圧倒的なパフォーマンスに会場は大盛り上がり。歌はいまいちといいながらも、バラード楽曲は結構いいものありましたし、お肉の歌などはだいぶ楽しませてもらいました。楽しいライブを見たい時にはまた遊びに行きたいな。

§

雨の中のライブという一風変わった体験もして、とても楽しい夜を過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少女には向かない職業

まったく持って垢抜けないし、爽快感も無い。とにかく後ろ暗い青春を送る少女なのに、事情がひきつけてやまないし、問題を解決しようとするその行動と方法に脱帽させられる。展開方法など面白いのですが、単純には楽しめないというような微妙な感じ。絶対的にお勧めはできませんが、いい作品ではあります。

少女には向かない職業 (創元推理文庫 M さ 5-1)

著:桜庭 一樹
ジャンル:Book
発売日:2007/12
価格:¥609
Point:6pt

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/09/21

放課後ウインド・オーケストラ 1

放課後ウインド・オーケストラ 1 (1) (ジャンプコミックス)

著:宇佐 悠一郎
ジャンル:Book
発売日:2008/07/04
価格:¥ 460
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まつりスペシャル 1

まつりスペシャル 1 (1) (ジャンプコミックス)

著:神尾 葉子
ジャンル:Book
発売日:2008/06
価格:¥460
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖☆おにいさん 2

完全にツボに入ってしまいました。マンガを読んでこんなに笑ったのは初めてです。

聖☆おにいさん 2 (2) (モーニングKC)

著:中村 光
ジャンル:Book
発売日:2008/07/23
価格:¥580
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (1)

聖☆おにいさん 1

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

著:中村 光
ジャンル:Book
発売日:2008/01/23
価格:¥580
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/20

ハリー・ポッターと死の秘宝

ついにシリーズも終わってしまいましたね。何かと話題に上り、影響の大きさはピカイチのこの作品。上巻下巻共に500ページ越えの大ボリュームながら読み出したらとまらない。魔法にかけられたようにひたすらに読み進めてしまいました。

特に下巻。後半になるにつれてドキドキしっぱなしでした。ページをめくるたびにどうなってしまうのか。不安と期待が一杯でした。








「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)



翻訳:松岡 佑子

ジャンル:Book

発売日:2008/07/23

価格:¥3,990

Point:199pt



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/19

千年紀末古事記伝ONOGORO

千年紀末古事記伝ONOGORO (ハルキ文庫)

著:鯨 統一郎
ジャンル:Book
発売日:2000/10
価格:¥672
Point:6pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やさしいため息

やさしいため息

著:青山七恵
ジャンル:Book
発売日:2008/05/16
価格:¥1,260
Point:12pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/18

奇談蒐集家

奇談収集家を名乗る男に訪れる謎をもった人々。報酬を目当てという人もいれば、自分が抱えている信じられない物語を誰かに聞いてもらいたいという人もいる。それぞれの物語の魅力にとりつかれそうになるが・・・。

ミステリーズで連載当初から面白いと思っていたので、まとめて読めて大満足の一冊となりました。

奇談蒐集家 (創元クライム・クラブ)

著:太田 忠司
ジャンル:Book
発売日:2008/01
価格:¥1,575
Point:15pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/17

野性時代 第59号

今回は映画「グーグーだって猫である」とのメディアミックス特集なり。猫好きにはお薦め。他は全体的におとなしめです。

野性時代 第59号 62331-60 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 60)

編集:角川書店編集部
発売日:2008/09/12
参考価格:¥840
ポイント : 8pt (1%)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

28週後...

物凄く父親が情けなく描かれていて、いたたまれなくなったのは私だけでしょうか(^^;。

冒頭は民家に潜む集団。年齢もばらばらだしあまりつながりの見えない集まり。そこに訪れるのはアンデッド集団。こいつらが以上に強いからたまらない。

そしてここで父親の悲劇の第一弾。妻を置いて逃げてしまう。すべての悲劇はここからか。

物語はうって変わって28週後。アンデッド集団は自然消滅的にいなくなった後に、復興に向けて人々が戻る。そこに主人公の子供たちが外国からの帰国を果たす。そしてここで父親の悲劇第二段が始まり、物語は最悪の事態へ展開していくのです。

みんなが必死でがんばって被害を食い止め、世界を救おうとする姿がとても凛々しいし格好が良い。だけれどもなぜこの父親一人が最初から最後まで悲劇的に描かれているのか。

本当にいたたまれません(^^;。

28週後... (特別編)

監督:ファン・カルロス・フレスナディージョ
ジャンル:DVD
発売日:2008/06/06
価格:¥3,990
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/16

ザ・インタープリター

国連の通訳として勤務する主人公がニコール・キッドマン。やっぱり圧倒的に綺麗ですよね。

アフリカの地域紛争問題などテーマは重めですが、サスペンス要素を盛り込んで映画としても楽しめる作品です。

ザ・インタープリター

監督:シドニー・ポラック
ジャンル:DVD
発売日:2005/09/23
価格:¥3,465
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/15

本の雑誌 304号

特集は「少女小説」。決してメジャーではないけれど、廃れないジャンルなのかもしれないとちょっと思った。

本の雑誌 304号

編集:本の雑誌編集部
発売日:2008/09/11
参考価格:¥530
ポイント : 5pt (1%)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋空

悪い意味で今時の恋物語というところでしょうか。出会いの展開などはまだ良かったのですが、その後の恋仲への展開から妊娠へと展開があっさりとしすぎ。で、あっさりと次へと乗り換えていくようにしか見えない展開方法も今ひとつ。

ちょっと考えちゃうな。

恋 空 スタンダード・エディション

監督:今井夏木
ジャンル:DVD
発売日:2008/04/25
価格:¥3,990
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/14

まひるの月を追いかけて

まひるの月を追いかけて (文春文庫 お 42-1)

著:恩田 陸
ジャンル:Book
発売日:2007/05
価格:¥620
Point:6pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/13

エンバーミング 1

この作者は現代ものよりもこういうちょっとレトロな雰囲気の作品を書かせたら天下逸品ですね。人造人間としての戦いはもとより、この世界観をとことん追求してほしいです。

エンバーミング 1―THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN (1) (ジャンプコミックス)

著:和月 伸宏
発売日:2008/09/04
参考価格:¥460
ポイント : - (-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/12

Luck Stealer 2

Luck Stealer 2 (2) (ジャンプコミックス)

著:かず はじめ
発売日:2008/09/04
参考価格:¥460
ポイント : - (-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/11

D.Gray-man Vol.16

作者の独特の絵柄に魅せられます。

D.Gray-man Vol.16 (16) (ジャンプコミックス)

著:星野 桂
発売日:2008/09/04
参考価格:¥420
ポイント : - (-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/10

こちら葛飾区亀有公園前派出所 161巻

こちら葛飾区亀有公園前派出所 161巻 (161) (ジャンプコミックス)

著:秋本 治
発売日:2008/09/04
参考価格:¥420
ポイント : - (-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/09

初恋限定。 4

個人的にはとても好きな作品だったのですが、不人気だったのでしょうか。作者の方には次の作品でも頑張ってもらいたいです。

初恋限定。 4 (4) (ジャンプコミックス)

著:河下 水希
発売日:2008/09/04
参考価格:¥420
ポイント : - (-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/08

ONE PIECE 巻51

51巻から新章へ突入。またまた強そうなキャラクターたちが一気に登場して、今後の展開に期待のかかるところ。どんな物語が展開されるのか。







ONE PIECE 巻51 (51) (ジャンプコミックス)



著:尾田 栄一郎

発売日:2008/09/04

参考価格:¥420

ポイント : - (-)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/07

四日間の奇蹟

四日間の奇蹟

監督:佐々部清
ジャンル:DVD
発売日:2005/11/21
価格:¥3,990
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/06

真夜中の五分前 side-B

真夜中の五分前 side-B (2) (新潮文庫 ほ 18-2)

著:本多 孝好
ジャンル:Book
発売日:2007/06
価格:¥380
Point:3pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/05

真夜中の五分前

真夜中の五分前 side-A (1) (新潮文庫 ほ 18-1)

著:本多 孝好
ジャンル:Book
発売日:2007/06
価格:¥420
Point:4pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/04

文章読本

文章読本 (中公文庫)

著:谷崎 潤一郎
ジャンル:Book
発売日:1996/02
価格:¥600
Point:6pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/03

ラブコメ今昔

自衛隊を舞台に繰り広げられるラブコメ物語。いや、作者の趣味満載・全快。評判も上々みたいなので、今後もこの路線を続けてもらいたい。是非続けてもらいたい。

ラブコメ今昔

著:有川 浩
ジャンル:Book
発売日:2008/07/01
価格:¥1,470
Point:14pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/02

シリアナ

シリアナ

監督:スティーブン・ギャガン
ジャンル:DVD
発売日:2007/07/13
価格:¥1,500
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/01

アイランド

アイランド

監督:マイケル・ベイ
ジャンル:DVD
発売日:2005/11/25
価格:¥2,980
Point:-

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »