« 少女には向かない職業 | トップページ | 「時間どろぼう」を退治する方法 »

2008/09/22

虹色Drops Vol.2

2008年9月21日(日)J-POPCAFE渋谷にて行われた「虹色Drops Vol.2」にいってくる。


当日の出演者は以下のとおり。
 ・Takesu
 ・Fonogenico
 ・Chagra
 ・Ao-Neko

§

関東地方は当日は震度3の地震に見舞われるわ、午後には雨降ってくるわで天候的にはかなり不順。今回の開催場所はJ-POPCAFE。お初の場所です。渋谷にはちょこちょこと出向いていますが、全然知りませんでした。いつも通っている道なのですが、きっとぼぉ~としているんでしょう(^^;。

ほぼ定刻どおりに開場して中に入ってみて驚く。なんと周りが全部ガラス張り。しかも渋谷の高い場所に立っている高いビルの屋上に設置しているような感じなので、渋谷の街が一望できるのです。入ったのが16時30分なので、周りはまだ明るいのですが日も暮れてからはきっと雰囲気いいだろうなと楽しみになる場所です。

先頭はTakesuさん。オリジナル曲とカバー曲を披露。オリジナル曲の中でフォークソングがあったのですが、個人的に久しぶりに落ち着いた感じの曲を聞いたのでちょっとおちつきました。

続いて登場するしたのはFonogenico。今回のお目当てです。先月メンバーの川口さんがユニットから抜けてFonogenicoは2回目のライブ。自分はお初。キーボードがどうなっているのか、すごく気になってました。

今回披露されたのは「オレンジの砂」「Shalala」「Reason」「リズム」「赤い果実酒」「ねがいごと」「雨粒」でした。

キーボートはサポートメンバとして女性の方(すみません、名前が覚えられませんでした)が担当していたのですが、これがまた上手い。私は楽器の技術のことはさっぱりですが、すごいということくらいはわかります。会場にいるFonogenico初体験の方も引き込まれている雰囲気がとても伝わってきました。

MCでもNaokoさん本人が話していましたが、新しいFonogenicoとしていろいろとアレンジを変えているとのこと。リズムなどはメロディこそ似ていますが、雰囲気はだいぶ変わっていたのがとても印象的でした。シックな雰囲気が混ざってまた一段と魅せられました。

だいぶアレンジを変えているので、川口さんと比べるのはどうかという気もするのですが、個人的にFonogenicoに惹かれた理由の一つとしてキーボードの格好良さがあるので、やっぱり少し残念な気はしてしまいました。

また今回は周囲がドーム型の窓になっていて、外の天候がそのまま会場に伝わるのですが、Fonogenicoの出演時間帯はとても雨脚が強く、時折遠くの空に稲光も見える。また窓に打ち付ける雨の音までしっかりと聞こえてくるようなライブでした。あまり体験できない雰囲気でしたし、雨音を聞くと落ち着くタイプなので、ライブと雨音に酔いしれましたわ。

次に登場したのはChagra。今回お初。女性ヴォーカルで2人。しかもバンド編成でのステージ。かなりパワフルなステージを見せてくれました。今回は1組の持ち時間が長いということで特別企画。メンバーの実父が笛担当として登場。そんなにたくさんのライブを見てきたというわけではないのですが、これはかなり意表を突かれるステージにちょっと笑いました(^^;。

しかしこのお父さん、只者ではない。なんかステージ慣れしているみたいだったんですが(^^;。演奏もちゃんとしているし、面白いステージを見せてもらいました。

またメインのステージもまた声の出がすごく圧倒されっぱなし。もちろん初めて聞く曲ばかりだったのですが、どれもこれも楽しませてもらいました。

そして最後に今回のイベントの主催者である、Ao-Nekoの登場。出演者からこのライブは面白いよ~と評判だったので、正直全然知らないバンドなのにすごく楽しみにしてました(笑)。

で、出だしからもう圧倒的なパフォーマンスに会場は大盛り上がり。歌はいまいちといいながらも、バラード楽曲は結構いいものありましたし、お肉の歌などはだいぶ楽しませてもらいました。楽しいライブを見たい時にはまた遊びに行きたいな。

§

雨の中のライブという一風変わった体験もして、とても楽しい夜を過ごせました。

|

« 少女には向かない職業 | トップページ | 「時間どろぼう」を退治する方法 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/42559850

この記事へのトラックバック一覧です: 虹色Drops Vol.2:

« 少女には向かない職業 | トップページ | 「時間どろぼう」を退治する方法 »