« 野性時代 第59号 | トップページ | クジラの彼 »

2008/08/27

平台がおまちかね

大崎梢といえば書店員を主人公とした作品シリーズで有名ですが、本作では同じ出版業界の出版社の営業マンを主人公に書店ミステリを展開。サブキャラも各社の営業マンを中心に書店員ももちろん登場します。

本好きは本に纏わる本も好きという特性があるというのが定説なのですが、やっぱり本関係を舞台にした小説もまた好きなのだと思い知りました。

平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)

著:大崎 梢
ジャンル:Book
発売日:2008/06
価格:¥1,575
Point:15pt

|

« 野性時代 第59号 | トップページ | クジラの彼 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/41824876

この記事へのトラックバック一覧です: 平台がおまちかね:

« 野性時代 第59号 | トップページ | クジラの彼 »