« みなとみらいで捕まえて | トップページ | ぼくは落ち着きがない »

2008/08/30

荒野

個人的には桜庭一樹は好きでおそらく今後も読み続けていくであろう作家の一人なのですが、出身がライトノベル系であり、そういう作家が直木賞受賞をしたという店で話題になっているのも事実。

で、本書はファミ通文庫で出ていたものを一般レーベルにて出版したもの。書き下ろしを加えて物語を完結させているものの、全般が少年少女向け作品であることが気になるところ。

直木賞受賞作品の桜庭一樹とライトノベルの桜庭一樹。作風の違いが読者にどううつるか。







荒野



著:桜庭 一樹

ジャンル:Book

発売日:2008/05/28

価格:¥1,764

Point:17pt



|

« みなとみらいで捕まえて | トップページ | ぼくは落ち着きがない »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/41824552

この記事へのトラックバック一覧です: 荒野:

« みなとみらいで捕まえて | トップページ | ぼくは落ち着きがない »