« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/31

ぼくは落ち着きがない

ぼくは落ち着きがない

著:長嶋有
ジャンル:Book
発売日:2008/06/20
価格:¥1,575
Point:15pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/30

荒野

個人的には桜庭一樹は好きでおそらく今後も読み続けていくであろう作家の一人なのですが、出身がライトノベル系であり、そういう作家が直木賞受賞をしたという店で話題になっているのも事実。

で、本書はファミ通文庫で出ていたものを一般レーベルにて出版したもの。書き下ろしを加えて物語を完結させているものの、全般が少年少女向け作品であることが気になるところ。

直木賞受賞作品の桜庭一樹とライトノベルの桜庭一樹。作風の違いが読者にどううつるか。







荒野



著:桜庭 一樹

ジャンル:Book

発売日:2008/05/28

価格:¥1,764

Point:17pt



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/29

みなとみらいで捕まえて

鯨統一郎ってなんでこんなに面白いんだろう。本格的なものが好きな人には決してお勧めはできませんが、サービス精神満点であるから、もっと万人に読んでもらってもいいのかもしれないなどと思ってます。

みなとみらいで捕まえて (光文社文庫)

著:鯨 統一郎
ジャンル:Book
発売日:2007/02/08
価格:¥650
Point:6pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/28

クジラの彼

たぶん作者も楽しんで作品を書いているんだろうなという気持ちがしてくる作品。あとがきにもベタ甘ラブコメ好きで何が悪いと、開き直っているし。

で、個人的にもやっぱり「好きだ」という人が大勢いる模様で、結構売れてますし、話題にも上っています。なんだやっぱりみんなすきなんじゃ~んとわかって一安心。

是非浸りきちゃってください。

クジラの彼

著:有川 浩
ジャンル:Book
発売日:2007/02
価格:¥1,470
Point:14pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/27

平台がおまちかね

大崎梢といえば書店員を主人公とした作品シリーズで有名ですが、本作では同じ出版業界の出版社の営業マンを主人公に書店ミステリを展開。サブキャラも各社の営業マンを中心に書店員ももちろん登場します。

本好きは本に纏わる本も好きという特性があるというのが定説なのですが、やっぱり本関係を舞台にした小説もまた好きなのだと思い知りました。

平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)

著:大崎 梢
ジャンル:Book
発売日:2008/06
価格:¥1,575
Point:15pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/26

野性時代 第59号

野性時代 第59号 62331-59 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 59)

編集:角川書店編集部
参考価格:¥840
価格:¥840
OFF : ()

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/25

本の雑誌 303号

本の雑誌 303号 (303)

発行:本の雑誌社
参考価格:¥530
価格:¥530
OFF : ()

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/24

全力投球!!'08 夏

2008年8月24日(日)に渋谷界隈のライブ会場全体で行われたイベント「全力投球!!'08 夏」にいってくる。

§

例年ならば8月の待つといえども夏真っ盛りという風情ですが、ここ数日はとても涼しい日々が続く。日中も冷房の必要は無い8月なんて、凄い久しぶりな気がします。

当日は朝から小雨模様。涼しさもさらに強くなって半袖ではちょっと肌寒いくらい。

今回のお目当てはいいくぼさおりさんとナチュラルハイ。

§

いいくぼさんは13:15から7th Floorにて。会場時間がわからなかったのでとりあえず20分前に到着するとすでに席の半分くらいの人が入っていました。
(今チケットをよく見たら、ちゃんと会場時間が書いてありました(^^;)

いいくぼさん目当ての方も、おそらく次のアーティスト目当ての方もいるのでしょうが、会場全体はそれなりに人が入ったところで、いいくぼさん登場。

今回の衣装は黄色地に大き目の黒色水玉模様のパンツにTシャツというラフな格好。髪がもしゃっとしか感じにまとまっていて、前回のライブと印象が変わったところ。

今回披露されたのは「眠れぬ夜のシンフォニー」「踊れ乙女」「ケセラセラ」「ちゅー」などなど。いつも通りにサービス精神満点なパフォーマンスをみせてくれました。11月3日に新譜の発売が決まるなど、着実な活動展開。

§

Duoに移動して、そこで2組ほどライブを見て続いてのお目当てナチュラルハイのライブ。ナチュラルハイのライブももっと見に行きたいのですが、なかなか都合がつかずここ最近はこの全力投球の夏冬ばかりになってしまってます。

今回はキーボードの大嶽さんとボーカル白木さんの二人でピュアナチュラルなステージ。「夏の夜空」「始まりのヒト」などなど。今回は全体的にゆったりとした雰囲気にアレンジされていて、個人的にはとても好きなナチュラルハイの音楽になってました。ゆったりとまったりと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンコック

出だしはどうなることかと不安を覚える出来なのですが、ラストがすごくいい。とてもいい。

§
(物語の核心に触れる部分あり。映画未見の方は以下はご遠慮ください。)
§

主演はウィル・スミス。おそらく本物のスーパースター。そのスーパースターがスーパーヒーローを演じる。

冒頭から派手なアクションが展開。ハイウェイでのカーチェイス。犯人は傍若無人に銃を撃ちまくる。緊迫のシーンの連続。

そこに主人公のハンコックは正義感に駆られて立ち向かう・・・のではなく、飲んだくれてベンチでダウン。見知らぬ子供に急かされて、半分いやいやながらも犯人逮捕に乗り出すのだが、そのスーパーパワーの制御の方法を知らぬのか、アルコールに浸りきっているためか、街中を破壊しながら悪人と立ち向かうのだ。

いつの世もスーパーヒーローの活躍と共に街は破壊されてきていますが、本作ではそこら辺の現実的にシビアに描かれている。壊されたほうはたまったものじゃありません。スーパーヒーローの活躍を差し置いても迷惑だという気持ちが抑えられない市民。かつ主人公ハンコックの性格が災いして、せっかくの活躍も市民から賛同は得られず。あまつさえ、クズと罵られる始末。

そうスーパーヒーローは決して街の人からは歓迎されていないのです。

そこで出会うのがPRの仕事をしている一人の男性。命を救われたお礼にと自己PRの方法を伝授して、彼を街の嫌われ者からスーパーヒーローにしようと画策をする。家族との幸せなひと時を一緒に凄く男性と主人公。そこにいる一人の女性がこの映画のキーとなるのですが、まさかという展開に衝撃を受けました。

§

前半はハンコックのダメダメぶりをとにかく見せ付ける。自己反省から街のヒーローになってチャンチャンとかと思っていたのですが、ヒロインの登場で思わぬ方向への展開に驚かされました。

ラストの死に掛けているハンコックに事実を伝えるヒロインの真摯な姿に胸打たれました。正直前半はどうでも良いのですが(^^;、このシーンは見所です。

死に瀕している主人公とヒロイン。なぜか復活した主人公(^^;が、必死で離れていく姿にもまた胸打たれる。本当にこのエピソードだけで十分なんじゃないかと思うくらいにいいシーンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

日ごろまったく運動をしない人間なのですが、
体を動かすこと自体は嫌いじゃありません。

ただ動かす習慣がないだけ・・・。

本書ではなぜビジネスマンが筋トレを熱心にやるのか。
その理由を明かしている。

そして筋トレで体を作るだけではなく、短絡的な世の中で、筋トレは計画的に長期的に取り組む必要があるため、成功するかどうかはその人の仕事への取り組みにも影響すると説く。

体だけではなく精神的にも強くする。
だから筋トレをするのだ。

§

明日から少しからだ動かそう(^^;

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書 や 5-1)

著:山本ケイイチ
ジャンル:Book
発売日:2008/05/29
価格:¥777
Point:7pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/23

FAB STYLE -gracy-

2008/8/21(木)表参道FABにて行われたFAB STYLE -gracy-にいってくる。
当日の出演者は以下のとおり。
 ・Junear
 ・松田亮治
 ・Fonogenico
 ・伊沢ビンコウ
 
§

関東地方は夕方より激しい夕立に見舞われる。私は地下鉄の表参道駅から地上に上がったときには小休止だったのか、とりあえず傘は差さずに会場までダッシュ。すんなりとはいることがで来たのでそれほどぬれることはなかったです。後でニュースなどを見ると結構激しい雨模様だったみたいですね。

今回のお目当てはFonogenico。ずっと音楽は聴き続けてきているのですが、ライブは本当に久しぶり。いきたいなと思った時も都合がつかずなかなかライブに足を運ぶことなく時間が過ぎてしまいました。

今回はキーボード、ギター、ベース、ドラムとFonogenicoサポートメンバーフル動員にて華々しいステージを披露してくれました

セットリスト
 ・lovers
 ・reson
 ・リズム
 ・赤い果実酒
 ・Shalala
 ・ねがいごと

個人的に好きな曲ベスト5がすべて演目にあがっているというのはまさに奇跡。当日自分は初めてでしたが赤い果実酒というのもとても明るい雰囲気。naokoさん曰く心の中で踊ってくださいというだけありますわ。

ねがいごとでは結構な人が泣いてました。この曲は本当に心ゆすぶられます。

そして今回のライブに出向く動機になったのが前日に発表のあったFonogenicoのキーボードと作曲担当であった川口潤さんのFonogenicoからの脱退するということ。個人的にこのキーボードの音がとても好きでFonogenicoに入り込んだようなもので、すごくすごく残念。

ご本人の活動の幅を広げるためにもFonogenicoの枠から外に出るということでしたので、今後の活動にも注目していきたいのです。

またFonogenico自体はnaokoさん地震は活動の中心として続けていくとのことですので、その音楽活動にも注目していきたいのです。

他の出演者の方もコメントこそできませんが、とても音楽を楽しんでいるという雰囲気がとてもよく伝わってくる方々ばかり。とても楽しいひと時を過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・万歩計

風が吹けばエッセイを書く--この出だしからすっかりとやられてしまいました。

不可思議な小説も面白いのですが、それ以前にこの著者の世界の見え方そのものがおかしいということを知ったような気分です。日常の中に不思議なものを見る--それが作家の力なのかもしれませんね。

ぜひ小説とあわせて読んでみてもらいたい。

ザ・万歩計

著:万城目 学
ジャンル:Book
発売日:2008/03
価格:¥1,260
Point:12pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/22

ネットではじめる雑貨屋さん

ネットではじめる雑貨屋さん 私も持てる。小さくて素敵なネットのお店

著:永 ますみ
ジャンル:Book
発売日:2005/06/08
価格:¥1,575
Point:15pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/21

ウェブ時代 5つの定理

ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!

著:梅田望夫
ジャンル:Book
発売日:2008/02/28
価格:¥1,365
Point:13pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/20

ひぐらしのなく頃に 解 第二話~罪滅し編~(上)

2色刷りによる仕掛けが、スマッシュヒット。独特の世界観によりいっそうの拍車をかけています。








ひぐらしのなく頃に 解 第二話~罪滅し編~(上) (講談社BOX)



イラスト:ともひ

ジャンル:Book

発売日:2008/07/02

価格:¥1,365

Point:13pt



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/19

平安楽土の殺人

平安楽土の殺人―魔界百物語〈2〉 (カッパ・ノベルス)

著:吉村 達也
ジャンル:Book
発売日:2002/03
価格:¥ 820
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/18

明日の言付け

一青 窈の詩の世界がとても好きなのですが、本作はその詩とエッセイを織り込んだ一冊。

読むというよりも言葉を見るという感じ。言葉の面白さを改めて実感させられました。

明日の言付け

著:一青 窈
ジャンル:Book
発売日:2008/05/17
価格:¥1,400
Point:14pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/17

夜の桃

全編にわたり、エロスを追及した作品。これまでの青春小説としてのイメージから一変し、中年男女の恋愛模様を描く。

男女設定は若干一般ピープルとは違う、弱セレブ。それなりに成功を収めて、順風満帆の生活を贈る男性四人組。もちろん妻もいるが、愛人もいる。妻と愛人たちとの関係をして、愛とは人生とはと、描く。

すべてが上手くいっているところに待つのはやはり落とし穴。
別に落ちてゆく様が面白いわけではない。ただサクセスストーリーが羨ましいだけ(^^;。

夜の桃

著:石田 衣良
ジャンル:Book
発売日:2008/05/22
価格:¥1,680
Point:16pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/16

ミステリーズ! vol.29

ミステリーズ! vol.29(JUNE2008) (29)

発行:東京創元社
ジャンル:Book
発売日:2008/06
価格:¥1,260
Point:12pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムナプトラ3

非常にテンポの良さにあっという間に2時間が過ぎた。ぽんぽんと進んで後に残ったのは楽しい気持ちだけ。

§

前作の公開は2001年なので、7年前も前になるんですね。ついこないだ見たばかりのような印象だったので、ちょっと驚きでした。確かに前作のストーリーとかどんなものだったか思い出せないのですが(^^;。

今回の主人公もブレイダン・フレイザー。顔の大きさがとても印象的。笑顔がハンサムじゃない素敵さがあって好印象。

その主人公の奥様役にはマリア・ベロ。ハードなアクションをこなす体力とセクシー路線もかねそろえていて、こういう映画にはぴったりなのです。

そして今回の目玉としても売り出せるんじゃないかというくらい印象的だったのが息子役として登場したルーク・フォード。役柄のためでしょうが、髪型が非常に古臭いものでしたが、それがとても似合っていました。家族との見せ場も恋人との見せ場など、映画の盛り上げどころでいい演技してました。

そして今回の主人公の敵役として登場するのがジェット・リー。貫禄もアクションシーンの出来栄えもやっぱりピカイチ。素敵です。

映画の冒頭は古代中国を舞台にした、皇帝の話から。一気に中国制覇をもくろむ皇帝。時間の足りなさを嘆くところから不老不死を目指すも、図らず呪いを掛けられてしまうところから物語が始まる。

一方主人公たちは現役を引退して、満足のいく生活水準を得られながらもどこか退屈をしている雰囲気。冒険に出たくて出たくてうずうずしている模様。そこに持ちかけられるのは香港への宝運びの依頼。待ってましたとばかりに出向く。

主人公たちの息子も安穏とした大学生活を送るのではなく、発掘作業に明け暮れ、そして皇帝の墓へたどり着く。ここから皇帝復活の陰謀が大きく動き出すのです。

中国・香港を舞台に繰り広げられるアクションは見所満載。市中で行われるのは派手さ満載のカーアクション。爆竹など派手に使った火力の見せ方が上手い。たいしたアクションではないのですが(^^;、いい感じでみせられました。

また特殊効果もこの映画の一番の見せ所なので忘れてはいけません。皇帝vs反皇帝群との軍団シーンはきっとすごい時間と労力がかかっているんだろうなと観客をうならせるスケールです。

個人的には雪の山中で登場したイエティがとても印象的。凄いスケールよりもなにか充実感のある出来栄えにワクワクしてしまいました。

夏休み映画として家族と是非楽しんでもらいたい一作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/15

ミステリーズ! vol.30

新連載が一挙4本同時スタート。新しい流れが生まれるか。

またちょっと面白かった特集が、表紙に登場しているウサギたちについてのもの。あまり意識をしていなかったのですが、これがちょっとしたこだわりに満ちていたことに驚かされました。今後もしばらくは注目してしまいそう。

ミステリーズ! vol.30(AUGUST2008) (30)

発行:東京創元社
参考価格:¥1,260
価格:¥1,260
OFF : ()

| | コメント (0) | トラックバック (0)

flowervoice Scene.40

2008年8月9日(土)表参道FABにて行われたflowervoice Scene.40にいってくる。

当日の出演者は以下のとおり。
 ・SeanNorth
 ・shinkirow
 ・拝郷メイコ
 ・SHUUBI
 
§

SHUUBIの2年目flowervoiceは今回は初めて。4月と6月は都合が悪く、欠席。なので通常回のflowervoiceは2月のとき以来。

当日も夏の真っ盛りでとても暑かったのですが、夕方ぐらいから雲も出てきて若干暑さも抑え目。

§

今回お初だったのはSeanNorth。男性二人に女性ヴォーカルといった構成。聞きやすい歌声になじみはすいメロディ。他にも着てみたいなと興味がわくところ。

続いて登場したのはshinkirow。イナダミホとおおつかさきの二人組みユニット。キーボードとドラムという変わった構成ながら、イナダミホのパワフルステージに負けないくらいパワフルドラムに大いに盛り上がりました。今後の活動など未定なところもあるようですが、また機会があればライブを見に行きたいです。

そして登場したのが拝郷メイコ。今回は弾語りスタイル。初めにフラワーボイスの歌を披露するなど心憎い演出も。MCでは10月に開催予定のキャンプファイアーワンマンのネタで盛り上げてました。「エソラジ「海月」「変身願望」など。

ラストは2年目ホストのSHUUBI登場。拝郷さんいわくブッキングが2年目だけあって上手と言わしめたホスト役。バンドメンバーも一年目とは違っていたのですが、これは2年目からだったのかな。ギターに谷口崇さん。

やはり会場はSHUUBIファンが多いのか。他のアーティストに比べても会場は大盛り上がり。中盤からはスタンディング形式に変わるなど1年目には無かった趣向も。ただ、椅子の間隔が狭いのでスタンディングはきついです(^^;。「ママ」「君が好き」など。

ラストは定番の出演者によるセッション。終わってみればあっという間の3時間30分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/14

バリハケン 1

オタク少年が、なぜか高校の番長をはるという設定からしてむちゃなところがあるのですが、さらにむちゃなのが部活動の助っ人として活躍していくというストーリー展開。とりあえず1巻でもはっきりと一発ネタ勝負なのが見て取れる内容になってしまってます。面白いといえばおもしろいのですが、外す可能性も大きいですし、読み続けていく上でどんな展開になっていくのかそこがきになります。なにかおおきな仕掛けがでてくるのかなぁ。

バリハケン 1 (1) (ジャンプコミックス)

著:鈴木 信也
ジャンル:Book
発売日:2008/08/04
価格:¥410
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/13

アイシールド21 31

31巻目にして関東大会制覇。目標であったクリスマスボウル出場決定と共に本当のライバルも登場!とまさに大盛り上がりの展開を見せた31巻ですが、次からの展開も凄く気になります。頂点を極めて次に登場するライバル。成長物語で見せる展開で行き着くところまで行き着いた先にはなにが?

アイシールド21 31 (31) (ジャンプコミックス)

イラスト:村田 雄介
ジャンル:Book
発売日:2008/08/04
価格:¥410
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/12

To LOVEる-とらぶる 10

To LOVEる-とらぶる 10 (10) (ジャンプコミックス)

著:矢吹 健太朗 , 他
ジャンル:Book
発売日:2008/08/04
価格:¥410
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/11

エム×ゼロ 10

最終巻。シリーズ的に今後の展開も期待していたのですが、終わってしまったのは仕方ありません。辺につまらなくなってから終わるよりかは全然良かったかな。

エム×ゼロ 10 (10) (ジャンプコミックス)

著:叶 恭弘
ジャンル:Book
発売日:2008/08/04
価格:¥420
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

トランスフォーマー

ロボットの変形シーンがとにかくカッチョヨイ! 
瞬間的に機械からロボットへ変形する様に目は釘付け。

ストーリー的にはまぁ青少年向けの地球を救う青年とその恋人。
そこに軍隊などの協力が得られるといった具合で、
安心して見られるもの。








トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション



監督:マイケル・ベイ

ジャンル:DVD

発売日:2008/07/04

価格:¥2,625

Point:23pt



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/09

パフューム

パリに生まれついた赤ん坊はある特殊な能力を持っている。
どんな香りもすべて嗅ぎ分けるのだ。

言葉も感情にも不自由な主人公。
香りに取り付かれてしまう。

映画ではもちろん香りという見えないものは伝えるのがとても難しいのでしょうが、
この映画では役者の仕事で、
いまどんなにおいをしているのか。
思わず想像をかき立てられてしまいます。

パフューム スタンダード・エディション

監督:トム・ティクヴァ
ジャンル:DVD
発売日:2007/09/07
価格:¥3,990
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/08

ダニー・ザ・ドッグ

ジェット・リーにモーガン・フリーマンの共演も注目。
マフィアに幼き頃に拾われて、戦う戦士としてのみ教育を受けてきた主人公。ボスの命令によって、敵を容赦なく打ちのめす。慈悲という感情は無い。ただ全力で打ちのめす。

主人公にも興味のあることが。幼い頃から大事にしている人形や絵本。そしてピアノに興味をなぜか抱いている。そんな主人公にある日出会うのがピアノ調教師。戦うことのみ教えられてきた主人公に、それまでと違う感情を与えるピアノ調教師。

アクションシーンのスピード感と動きの激しさは天下一品。本当にどんな風にして撮影したのか。とても人間業とは思えません。

ダニー・ザ・ドッグ 【廉価版2500円】

監督:ルイ・レテリエ
ジャンル:DVD
発売日:2006/10/13
価格:¥2,500
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/07

塩の街

ある日突然、世界に降ってわいた不幸。人々が塩になってしまう。待ち行く人々がそのままの姿で塩の塊になってとどまっている。時間が過ぎればもちろんそれは崩れ去り、街が塩で埋め尽くされる。

そんな世界で生き残った人の物語。

塩の街で出会った一人の青年と少女。それは傷を労わりながら、支えあう関係。世界が死んだ中で生き残って行くために努力をする。

主軸のエピソードでは、塩になりかけていく青年の物語。綺麗な海を求めて、強行軍を重ねる。その目的は一瞬恋人になりながら、不幸にも塩害にて命を落とした恋人を海へ埋葬するため。

後半は後日談として物語のエピソードを重奏に描く。

一冊まるごと大満足の作品。

塩の街

著:有川 浩
ジャンル:Book
発売日:2007/06
価格:¥ 1,680
Point:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/06

本を愛しなさい

本を愛しなさい

著:長田 弘
ジャンル:Book
発売日:2007/04
価格:¥2,310
Point:23pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/05

科学の扉をノックする

小説家小川洋子が科学者への取材を通じて、科学技術の面白さ・不思議さ魅力を伝える。

専門的知識を持つ科学者たちのインタビューを、易しく解説。専門知識が無くとも、その分野の面白さがよく伝わる。科学は確実に進歩をしていながら、世界にはまだまだ解き明かされていない不思議がある。

世界が次々と変わっていく。その様を作家の妙技にて読者に伝える。
科学への道のりの第一歩として中高生に読んでもらいたい一冊だ。

科学の扉をノックする

著:小川 洋子
ジャンル:Book
発売日:2008/04
価格:¥1,470
Point:14pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/04

ひぐらしのなく頃に 解 第一話~目明し編~(下)

ひぐらしのなく頃に 解 第一話~目明し編~(下) (講談社BOX)

著:竜騎士07
ジャンル:Book
発売日:2008/06/03
価格:¥1,365
Point:13pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

北村薫の創作表現講義

人気ミステリ作家の北村薫の早稲田での文章講義が纏められた一冊。文章テクニックにとどまらず、文章の味わい方など文章に対しての愛情が良く伝わる。

日常生活の中でも研ぎ澄まされている感性。それが文章の妙技に繋がるのか。

北村薫の創作表現講義―あなたを読む、わたしを書く (新潮選書)

著:北村 薫
ジャンル:Book
発売日:2008/05
価格:¥1,365
Point:13pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/02

花が咲く頃いた君と

自分にとって10代は遥か昔のことながら、その時の気持ちが切実に生き返るような気持ちになった。

珠玉の4篇。恵まれているわけでもないし、とても幸せでもない。それぞれに思いや悩みなどを抱えてその一瞬を生きている。精一杯に。

本当に久しぶりに読んでよかったと心から思えた一冊です。

花が咲く頃いた君と

著:豊島 ミホ
ジャンル:Book
発売日:2008/03/19
価格:¥1,365
Point:13pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/01

本からはじまる物語

本に纏わるライトな短編集。様々な作家による本もしくは本をテーマにその愛情を注ぎ込む。

本好き同士が繋がる感触。

本からはじまる物語

著:恩田 陸
ジャンル:Book
発売日:2007/12
価格:¥1,365
Point:13pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »