« 傷つきやすくなった世界で | トップページ | コーヒーが廻り世界史が廻る »

2008/07/19

狐火の家

女性弁護士と鍵師の二人が密室に挑む。本格的なミステリーとしても楽しめるし、ホラーチックな要素も含まれていて、その方面へも楽しめるものとなっている。

狐火の家

著:貴志 祐介
ジャンル:Book
発売日:2008/03
価格:¥1,575
Point:15pt

|

« 傷つきやすくなった世界で | トップページ | コーヒーが廻り世界史が廻る »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/41417466

この記事へのトラックバック一覧です: 狐火の家:

« 傷つきやすくなった世界で | トップページ | コーヒーが廻り世界史が廻る »