« 英雄を謳うまい | トップページ | エヴリブレス »

2008/07/06

逝年―call boy2

娼夫を描いた物語。真正面から性に取り組んでいるにも関わらず、突き抜けた潔癖感が漂う。登場する人々はそれぞれに問題やゆがみを抱えている。真正面から人間が取り上げられている。

青春小説で名を馳せた著者。こういった物語の味付けは難しそう。それでも楽しめる作品に仕上がっているのは著者の力量の成せる技であろうか。

逝年―call boy2

著:石田 衣良
ジャンル:Book
発売日:2008/03
価格:¥1,470
Point:14pt

|

« 英雄を謳うまい | トップページ | エヴリブレス »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/41317108

この記事へのトラックバック一覧です: 逝年―call boy2:

« 英雄を謳うまい | トップページ | エヴリブレス »