« バイオハザードIII | トップページ | ラウンダーズ »

2008/06/20

サマータイムマシン・ブルース

タイムマシンが使えたら、何をしようか。色々と思うところはあるでしょうが、この映画で利用する目的はクーラーのリモコンが壊れる前にいって使える奴を取ってこようというとても素晴らしいアイディアに基いて全力で行動をする。

最初に8月19日の気だるい一日をリモコンが壊れるまでを描く。8月20日に未来からタイムマシンがやってきて、物語は未来と現在をいったり来たりしながら、トタバタ劇が繰り広げられる。

時間軸の流れと伏線の張り方がとても上手で、8月19日の一日に含まれる謎めいた事件が未来の立場から次々と明らかになっていく様が気持ちよい。時間軸を考えると頭が痛くなることが多いタイムマシン物語。この作品ではそれを逆手にとっているところに感心させられる。

サマータイムマシン・ブルース コレクターズ・エディション

監督:本広克行
ジャンル:DVD
発売日:2006/02/24
価格:¥6,090
Point:-

|

« バイオハザードIII | トップページ | ラウンダーズ »

DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/41112338

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムマシン・ブルース:

« バイオハザードIII | トップページ | ラウンダーズ »