« Re-born はじまりの一歩 | トップページ | ニライカナイの語り部 »

2008/06/29

arp/ワンマンライブ「光」

2008年6月21日(土) 渋谷 WOMBにて行われたarpワンマンライブ「光」にいってくる。

今回のワンマンライブは4月にリリースされたアルバムの発売記念となる。自分も前回のarpライブは1月のワンマンライブ「零」であるため、アルバム発売からは初めてのライブになります。

§

梅雨前線の活発化により関東も朝からどんよりとした曇り空。いつ雨が降り出してもおかしくない重い空気。とりあえず会場までは持っていたのが何よりでした。

数ヶ月ぶりに渋谷に出向いたのですが、東京副都心も開通し、町の中心部でも再開発が進んでますね。ブックファーストが入っていた建物も解体中でした。

今回は前回に比べて椅子の数もアップさせたのこと。天井のとても高い会場であるため、全体的な圧迫感は少ない。後ろには立ち見の方も連なっていて人の数はやっぱり大目。

§

17時10分頃に開幕。オープニングはいつものとおりforestから。音楽と映像と会場照明でarpの世界に入り込む。

初っ端は「PROUD」「さよなら、さよなら、」「over」と3曲続けての演奏。以前にもライブで披露されていたので、改めて聞くわけですがやっぱりいいですね。

軽くMCで挨拶をした後は「シャッター」が披露。曲の途中であん朱さんがカメラでシャッターを切る演出がある。デジカメではなかったようなのですが、あのカメラの中にはフィルムが入っていたのでしょうか。やっぱりどうしても気になるところです。

「YES」ではarpライブでは珍しく、手拍子にて観客も参加形式。いつもarpのライブは観客が静かなのですが、やっぱり好きな人が集まっている集団。大きな手拍子が会場を満たす。やっぱりこういう雰囲気が好きです。

懐かしめの曲も数曲披露されて、続いてのコーナーはワンマンライブ恒例の大宮あん朱さんの弾語りコーナー。「irony」が疲労されました。演者も違うし、打ち込み系の音とは違う雰囲気でまったく違う曲であるかのようでした。

続いて濱田さんのインストロメンツ曲。地球、環境をテーマにしたもの。短めで1分間くらいでようか。それでも毎回きくたびにすごいなって感心させられる。カッコいいです。

途中には特別企画のarp関係者による落書き披露コーナー。キャラクターものから動物物や豪華客船などの物シリーズを、濱田さん、あん朱さん、arpマネージャーが書いたものをスクリーンに投影。その出来栄えを競い合う趣向。

§

次回arpのライブも続々と控えているようですが、11/21~24まで4日間連続渋谷多作にて行われることが発表されました。arpの全アルバムをコンセプトに毎夜行われる模様。

出口にはあん朱さん、濱田さんが一人一人に挨拶をしていくという趣向も前回のWOMBライブに引き続き用意されていました。

外に出ると若干の小雨が降ってきていましたが、満足のいく良い夜となりました。

|

« Re-born はじまりの一歩 | トップページ | ニライカナイの語り部 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しておりました☆

6/21arpワンマン「光」、これまで以上に感動致しました。
お絵かきコーナーは、6つのお題がちょっと多かった気がしますが、
でも観客もarpのお二人もリラックスできて、
面白い企画でしたね。
こちらもライブレポをアップしておりますので、
よかったら遊びにいらして下さい。

7/6以降もライブが続くようなので、
また参加したいと思います。
それでは。

投稿: MK | 2008/07/02 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/41684409

この記事へのトラックバック一覧です: arp/ワンマンライブ「光」 :

« Re-born はじまりの一歩 | トップページ | ニライカナイの語り部 »