« ミリオンダラー・ベイビー | トップページ | 紀元前1万年 »

2008/04/27

NEXT

2分先の未来がわかる。それは見た時点での未来。

§

主演はニコラス・ケイジ、ジュリアン・ムーア、ジェシカ・ビールなどなど。

ニコラス・ケイジはマジシャンっぽく(?)長髪にしていたのが印象的。ジェシカ・ビールは2分先の未来しかわからない主人公にとっても運命として出会うヒロインを演じる。この方の映画は何作かは見ているはずなのですが、この作品は随分とかわいく印象に強く残りました。

主人公の能力について。それは2分先の未来が見えること。羨ましい限りだが、そういう特殊能力を持って生まれての苦労からか、主人公はその能力を上手に隠しながら生きている。

二流のマジシャンを演じながら、時にカジノで小額の勝ちを得る。そのカジノでの活躍が元でカジノ側とFBIに目をつけられることになる。

特殊能力を使いたがらない主人公にFBIは事件の解決を強要する。それは核爆弾を発見し、爆発を阻止すること。

また同時に主人公は8時9分に食堂で出会う運命にある女性をずっと待ち続けていた。その喜びの出会いの矢先に巻き込まれた事件との絡みが上手に展開されていく。

主人公の2分先が見通せる能力の映像化がとても上手でした。デジャブのように見せる時もあれば、夢落ちのように今の待ったと唐突に時間軸が巻き戻ることも。未来を見通せるとどういうことなのか。想像しかできないから、色々なパターンで描かれていて、それが観客の想像力の手助けをしているかのようでした。

核爆弾を盗んだというテロリスト集団は、なんだかそこら辺のゴロツキにしか描かれていなかったのが少々残念。ボスが誰なのかも良くわからないし、みんな雑魚キャラっぽく凄く中途半端でした。


後半シーンで描かれていた主人公がいくつ物選択肢を選んでいる様が描かれていたのですが、この映画ではどれかひとつは必ず正解があるように描かれていましたね。どれもこれも選びたいとは思えない選択肢しか残されていない時、どうすればよいんでしょうか。こういう能力を持ったつもりになって悩むのもまた一興かもしれません。

2分先の未来も、その時見た2分後の世界でしかないのですから。

|

« ミリオンダラー・ベイビー | トップページ | 紀元前1万年 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/41010492

この記事へのトラックバック一覧です: NEXT:

« ミリオンダラー・ベイビー | トップページ | 紀元前1万年 »