« もしも私が、そこにいるならば | トップページ | 牧歌の国の魔法戦士 »

2008/02/06

図書館革命

図書館シリーズ第4弾。そして最終巻。

初巻は単純な設定ながら、シリアスな場面もありハッピーな場面もありと、楽しませる工夫が凝らされていてそれはそれで楽しめるものでした。シリーズを通してキャラクターたちの成長や深みが出てきて楽しませてもらいました。

作者いわく4巻目は予定外だったとのことですが、この4巻目をよんですっきりとシリーズが終わったと満足感の得られる作品でした。確実に今後もこの作者の本を読みたいと思わせる一冊でありシリーズでした。

ちなみにこのシリーズの造本は厚手の紙をつかっているので、4巻そろえて本棚に並べると圧倒的な存在感をかもし出します。







図書館革命



著:有川 浩

ジャンル:Book 

参考価格:¥1,680

価格  :¥1,680

Point  :16pt



|

« もしも私が、そこにいるならば | トップページ | 牧歌の国の魔法戦士 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/17460531

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館革命:

» 図書館革命/有川浩 [仮想本棚&電脳日記]
図書館革命/有川浩 図書館戦争シリーズの最終巻です。 最終巻も疾走感たっぷりで、途中で本を閉じることができませんでした。 『図書館の自由に関する宣言』からヒントを得て、ここまでの作品を創り上げるのはたいしたものです。 でも元々は3巻の予定だったそうで、4巻..... [続きを読む]

受信: 2008/02/21 00:26

« もしも私が、そこにいるならば | トップページ | 牧歌の国の魔法戦士 »