« 暮らしの雑記帖―狭くて楽しい家の中 | トップページ | 窓の灯 »

2008/01/22

永遠の途中

同期で入社した二人の女性の行き方をその時々を交差させながら描き出す。一方は仕事に。一方は家庭に。それぞれの不満や不安がありながら、自分が幸せだと思うときも相手をうらやむ時も。

永遠の途中 (光文社文庫 ゆ 3-3)

著:唯川 恵
参考価格:¥560
価格:¥560
OFF : ()

|

« 暮らしの雑記帖―狭くて楽しい家の中 | トップページ | 窓の灯 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/17263464

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の途中:

« 暮らしの雑記帖―狭くて楽しい家の中 | トップページ | 窓の灯 »