« 流れゆく雲―グイン・サーガ〈107〉 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 第2話 上 綿流し編 (2) »

2007/12/17

青年のための読書クラブ

名門お嬢様学校の密やかな謎。その成り立ちから密やか(?)に執り行われる「青年」の選出。そしてそこにひっそりとでも確実に存在している「読書クラブ」。

・・・決して怪しい小説ではありません。密やかに楽しむというものでもありません。ひっそりと潜む物語を味わいたい。そんな一冊です。

青年のための読書クラブ

著:桜庭 一樹
価格:¥1,470
ポイント:14pt

|

« 流れゆく雲―グイン・サーガ〈107〉 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 第2話 上 綿流し編 (2) »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/16973871

この記事へのトラックバック一覧です: 青年のための読書クラブ:

« 流れゆく雲―グイン・サーガ〈107〉 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 第2話 上 綿流し編 (2) »