« 「ハリー・ポッターと死の秘宝」予約開始 | トップページ | 女音茶碗8 »

2007/11/27

SAW4

シリーズならではの展開なのですが、ファンならば許せる。いや許したくなる。

§

一応前作でゲームマスターであるジグソウは死んだことになっているので、今回このシリーズがどのような展開になるのか興味のあるところでした。

冒頭はいつもの通り、摩訶不思議でいきなりピンチ。有無を言わさずゲームへ突入。そして自虐を乗り越えていかなければ、生は得られないという展開もいつもの通り。

いつもと違うのはゲームマスターであるジグソウの姿が見えないこと。ゲームは確実に始まって、どこかにジグソウの姿があるはずなのですが、それが分からない。

テープに吹き込まれたメッセージ。巧妙に仕組まれたゲーム。全ては暗示であり、答えになっていると分かっていても、どうしても騙されてしまうのは私だけでしょうか。

完全なるゲーム支配者であるジグソウの姿ばかりを追いかけていた1時間30分。それが楽しいのです。

§

この展開には賛否両論ありそうですが、基本的にこのシリーズの虜になっている物としてはうれしい限りです。

前作までのおさらいもしたいのですが、3とかは怖くって結局DVDとかで見直しもできていなかったりします(^^;。

|

« 「ハリー・ポッターと死の秘宝」予約開始 | トップページ | 女音茶碗8 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/17208243

この記事へのトラックバック一覧です: SAW4:

« 「ハリー・ポッターと死の秘宝」予約開始 | トップページ | 女音茶碗8 »