« 作家の読書道2 | トップページ | 本の雑誌 294号 »

2007/11/24

走ることについて語るときに僕の語ること

日本全国の村上春樹中毒の人に是非との読んでもらいたい一冊。

小説家としての村上春樹。同時にランナーとしての村上春樹。
どちらも一人の人間であるから、走ることと書くこととのリンクが存在している。

その一人の人間としての村上春樹を自身が語っている。







走ることについて語るときに僕の語ること



著:村上 春樹

価格:¥1,500

ポイント:15pt



|

« 作家の読書道2 | トップページ | 本の雑誌 294号 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走ることについて語るときに僕の語ること:

« 作家の読書道2 | トップページ | 本の雑誌 294号 »