« 卵の緒 | トップページ | 「頭がいい人」は脳をどう鍛えたか »

2007/08/31

消える総生島<名探偵夢水清志郎事件ノート

自らを名探偵と名乗り、名刺の肩書きにも”名探偵”と名乗る夢水清志郎シリーズ第3段。

それぞれのキャラクターの性格も固まって役割分担やそれぞれの関係もしっかりと骨格ができている。だからこ安心して楽しめる作品に仕上がっている。

本作ではクルーザーが爆発したり山や人が消えてしまったりと大掛かりな仕掛け通いされているが、最後には優しい仕掛けも用意されています。お楽しみ。

消える総生島<名探偵夢水清志郎事件ノート> (講談社文庫)

著:はやみね かおる
価格:¥560
ポイント:5pt

|

« 卵の緒 | トップページ | 「頭がいい人」は脳をどう鍛えたか »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/15940122

この記事へのトラックバック一覧です: 消える総生島<名探偵夢水清志郎事件ノート:

« 卵の緒 | トップページ | 「頭がいい人」は脳をどう鍛えたか »