« 玻璃の天 | トップページ | 何が求められるのか »

2007/07/06

前巷説百物語

京極夏彦が面白いのは、物語の魅力や精緻な世界観なども理由ではあるのですが、それ以上にシリーズ物の面白さが群を抜いているところではないかと思っています。

本作は京極夏彦の一つのシリーズである小股潜りの又市シリーズの最新作。そして又市誕生の物語。

「巷説百物語」で尋常ならざる力量で世界を構築し導く又市の大活躍の原点が本書で描かれる。他のシリーズでは裏方的な役割から、実力を発揮する又市も本書では自らの動いて仕掛けを作る。

前巷説百物語

著:京極 夏彦
参考価格:¥2,100
価格:¥2,100
OFF : ()

|

« 玻璃の天 | トップページ | 何が求められるのか »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/14899016

この記事へのトラックバック一覧です: 前巷説百物語:

« 玻璃の天 | トップページ | 何が求められるのか »