« 事件の後はカプチーノ | トップページ | 感動する脳 »

2007/07/20

哀愁的東京

新作の書けなくなった絵本作家が主人公。
絵本作家として賞を受賞するなどまさにこれからというところ。そこでの足踏み。

生活はフリーライターという立場で名前の出ない読み捨ての文章で食いつなぐ。
その生活の中で出会う人々のそれぞれの哀しみに触れながら、
書けなくなったそのきっかけが明らかになっていく。

ドキドキしながら読んでしまいました。

哀愁的東京

著:重松 清
価格:¥660
ポイント:6pt

|

« 事件の後はカプチーノ | トップページ | 感動する脳 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/15209850

この記事へのトラックバック一覧です: 哀愁的東京:

« 事件の後はカプチーノ | トップページ | 感動する脳 »