« 自販機の時代 | トップページ | 事件の後はカプチーノ »

2007/07/19

カラ売り屋

経済を上手に利用した小説。タイトルの「カラ売り屋」の売り買いの攻防。そのほかに「村おこし詐欺師」「エマージング屋」「再生屋」。どれもこれも経済活動の一端を担う人々を描いている。

数字のみではない。人間味溢れるやり取りが面白い。

カラ売り屋

著:黒木 亮
価格:¥1,680
ポイント:16pt

|

« 自販機の時代 | トップページ | 事件の後はカプチーノ »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/15124356

この記事へのトラックバック一覧です: カラ売り屋:

« 自販機の時代 | トップページ | 事件の後はカプチーノ »