« 感動する脳 | トップページ | フューチャリスト宣言 »

2007/07/21

ハリーポッター 不死鳥の騎士団

子供向け娯楽映画から万人向けの大衆映画になった。前作から引き続くシリアス路線にドキドキします。

§

原作は文句なしに好きだったりします。しかしながら映画版のハリーポッターは今までまり好きではありませんでした。1と2などは映画館で見た限りで、このまま一生見返すことはないだろうなという作品ランクだったりします。

前作から路線はシリアスへと流れていますが、本作もその流れをさらに加速させる。冒頭からそれは表れていて、ピンチからはじまる。


主人公たちの3人組もすっかりと体つきから顔つきまで大人になってしまったという印象が強いのですが、物語の成長振りと相まってちょうどよいのではないかなという感じです。ここで他の人が同じ役をやったとしても違和感のみが先立つこと間違いなし。

魔法シーンのCGは確実に進歩しているのが見て取れます。というか1作目のとってつけたような作りが嫌いだったのですが、やっとこのシリーズも素直に楽しめるようになりました。

初期の頃の学園物という体裁でクラス対抗という構造だったのが、本作では正義VS悪という構造に置き換わってます。魔法も前はファンタジー世界の淡い雰囲気をかもす出すような楽しみのあるものが多かったのですが、今回は完全に攻撃型のものばかり。唯一面白いとおもえるような魔法は花火だったでしょうか。

§

原作も今年中には完結となりますが、映画の完結はあと2,3年後くらいになるのでしょうか。まだまだ楽しみは続きます。

|

« 感動する脳 | トップページ | フューチャリスト宣言 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/15835138

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッター 不死鳥の騎士団:

« 感動する脳 | トップページ | フューチャリスト宣言 »