« 黎明期における日本珈琲店史 | トップページ | グイン・サーガ77 »

2007/07/25

鹿男あをによし

どこはかとなく、面白い。

研究室にとある理由によりいられなくなった研究生が急遽奈良の女子高に赴任する。そこで出会うのはもちろん女子高生。そしてなぜかシカ。ならならばシカがいるのは当然かもしれません。けれども、シカが話しかけてきてあまつさえ世界を救うためにシカから命令を受けるハメになる。

全体的にユーモラスな展開ではあるのですが、些細なところに不可思議な面白みが隠されている。

気の抜けない小説です。

鹿男あをによし

著:万城目 学
価格:¥1,575
ポイント:15pt

|

« 黎明期における日本珈琲店史 | トップページ | グイン・サーガ77 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/15302585

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿男あをによし:

« 黎明期における日本珈琲店史 | トップページ | グイン・サーガ77 »