« パソコンマナーの掟 | トップページ | ITmedia News:「P2P活用を」「ヘビーユーザーの帯域制御OK」――総務省懇談会、ネット混雑緩和へ提言 »

2007/06/21

本棚の歴史

本があるところに本棚はありますが、その本棚に注目する本はあまり見かけません。

ずっと以前、本は貴重なものであり鎖に繋がれて固定されていたことは良く知られる事実です。その本をつなぐ役目になっているのが本棚になるのですが、そこには様々な工夫がなされてそして今の形へと移り変わっていく。その経過では、今では想像もできないような形での本棚が存在していた。

そして面白いのは、昔から本は置く場所に困っていたということでしょうか。

本棚の歴史
本棚の歴史
ヘンリー ペトロスキー Henry Petroski 池田 栄一

関連商品
橋はなぜ落ちたのか―設計の失敗学
ゼムクリップから技術の世界が見える-アイデアが形になるまで
本の歴史
鉛筆と人間
フォークの歯はなぜ四本になったか―実用品の進化論
by G-Tools

|

« パソコンマナーの掟 | トップページ | ITmedia News:「P2P活用を」「ヘビーユーザーの帯域制御OK」――総務省懇談会、ネット混雑緩和へ提言 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/14468213

この記事へのトラックバック一覧です: 本棚の歴史:

« パソコンマナーの掟 | トップページ | ITmedia News:「P2P活用を」「ヘビーユーザーの帯域制御OK」――総務省懇談会、ネット混雑緩和へ提言 »