« きょうはここでおすすめしなかったー(BlogPet) | トップページ | バーテンダー 8 »

2007/05/06

ストリングス

人形劇と侮るなかれ。動きも人形だと思えないくらいに豊か。そして表情も不思議とそれにつれて感情が表れているように見てくるから不思議だ。


§

天から伸びる糸につながれている人間(人形)たち。頭から伸びている糸が切れると死んでしまう。そして糸は命と繋がっていると同時に誰かとも繋がっている。

どちらかというと子供向けかとも思っていたのですが、しっかりとした世界観に少し思いテーマ。寓話の要素も少し含まれているかな。

人形たちは自分たちが木製の人形だということを認識しているので、体のパーツを交換するなど日常的に行っているさまが描かれているのが面白い。天から伸びる糸を工夫したシチュエーションも様々に盛り込まれているので、ほほぅとなること多数。

自分は日本語吹き替え版で見たのですが、人形たちの表情が変化しない分、声優の声で感情を読み取っていたのですが、違和感なく、すんなりと楽しめた。字幕版でみたら逆に分かりづらかったかもと少し思います。

ストーリーとしては反逆者によってもたらされた戦争。王国を救うために立ち上がる王子。張り巡らされる策略。内容的には王道的なものとなっているのですが、全体構成があまり上手くなく、シーン展開が行われるたびに何が始まったのか良く分からない状況になることが多いのが残念。王子もあっちに飛んでこっちに飛んでということが多く、時間軸の流れがさっぱりでした(^^;。

人形によってここまでできるんだと驚かされた一本ではあります。

|

« きょうはここでおすすめしなかったー(BlogPet) | トップページ | バーテンダー 8 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/14975992

この記事へのトラックバック一覧です: ストリングス:

« きょうはここでおすすめしなかったー(BlogPet) | トップページ | バーテンダー 8 »