« ほんとうは(BlogPet) | トップページ | そのときは彼によろしく »

2007/04/30

バベル

難解。スカッとするバリバリアクション映画ばかり見ていると、時々こういう高尚な映画も良いと思うのですが、さすがにこの映画は分かりづらい。

§

主演はブラッド・ピットにケイト・ブランシェット。役所広司に菊池凛子。

ブラッド・ピットの人気もさることながら菊池凛子のアカデミー賞助演女優賞ノミネートなどでも話題騒然。映画館でも普段は映画を見に来ていないだろうと思われる人々も多数見られる。さすがゴールデンウィーク。

舞台はモロッコとメキシコと日本。モロッコでの羊飼い一家にもたらされた一丁のライフル銃。子供たちが遊び半分で射撃したのは一台の観光バス。銃撃されたのはアメリカ人夫婦。アメリカ人夫婦の子供たちの面倒を見るのはメキシコ人。そしてはじめのライフル銃をもたらしたのは日本人。

それぞれが繋がっていて影響しあう。観客には全体像のつながりが見えているにもかかわらず、物語は混沌としている。時間軸をずらしてそれぞれの物語をバラバラに見せている。

正直バラバラにしたのがなぜなのか。いまひとつ言いたいことが分からない。ただ分かりづらくしているだけにしか思えないのですが、この辺の「意味」を分かりやすくそして納得の行くように解説してくれる人がありませんか(^^;。

§

アメリカ人夫婦は自分たちの力で何とかするというよりも政府などの力に頼ろうとする。

メキシコ人はやってはいけないことをやってしまい、自らの首を絞める。

東京の父娘はお互いの傷に気付きながらも癒せずにいる。

それぞれの負の力がスパイラル化して、どんどんと落ちていく。世界の光も見えないままにエンディング。

§

バベル-オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
価格:\3,200
ポイント:32pt
バベルオフィシャル・ブック

製造・開発:近代映画社
価格:\1,260
ポイント:12pt

|

« ほんとうは(BlogPet) | トップページ | そのときは彼によろしく »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/14899138

この記事へのトラックバック一覧です: バベル:

« ほんとうは(BlogPet) | トップページ | そのときは彼によろしく »