« 本の雑誌286号 | トップページ | 剣の国の魔法戦士 »

2007/03/26

Sweet Soul radio TOKYO vol.19

2007/3/25(日) 赤坂GRAFFITIにて行われた「Sweet Soul radio TOKYO vol.19」にいってくる。

出演者は以下のとおり。
 ・シミズリエ(O.ACT)
 ・ありましの
 ・拝郷メイコ
 ・ハセガワミヤコ

当日は朝から強い雨。予報では雨のち曇り。お昼過ぎには雨は上がって、晴れ間こそ覗きませんでしたが、それ以上崩れることはありませんでした。

今回は全員見知っているどころか大好きな人ばかりが寄せ集まったイベント。この日をすごく待ち遠しく、ずっと待っていました。赤坂GRAFFITIは今回で2回目。前回は2005年の夏ごろでしたので、2年近く前になります。前回すごく道に迷った覚えがあったので若干早めに行ったのですが、まっすぐ着いてしまいました<当たり前か(^^;。

(っていうかこの場所は昔バイトでかよっていた通りから、曲がったところにあるということを今回地図を見ていて気づきました(^^;)

§

オープニングはシミズリエさん。以前にどこかで聞いていることは確かなのですが、どこで聞いたか記憶が定かではありません。来月にはアルバムが発売されるということで、熱心に宣伝をしていたのが印象的。

続いて登場したのはありましのさん。去年はライブに行く機会がないまま過ぎてしまい、2005年6月の渋谷でのライブ以来ですので、ずいぶんご無沙汰してました。去年のアルバムは購入していたんですけれどね。

今回のライブでは来月に発売されるアルバムから中心になり、初めて聴く曲ばかりでした。既にアルバムを購入する気は満々なのですが、さらにその意欲を掻き立てられました。ギターとパーカッションのシンプルなステージでしたが、声量の良さから決して寂しさは感じさせません。優しい雰囲気が好きです。

続いて登場するのが拝郷メイコ。相変わらずの元気っプリ。今回は特にテンションが高かった気がします。演目もテンポのよいものを中心にステージを構成していました。自身のギターに加えてサポートギターにキーボードで狭いステージに一杯でした。MCではだいぶ和ませていたのが印象的。自分の話をするのが苦手なのでと前置きをして話し出した日常の話題で、フィギュアに触れていました。

ラストはハセガワミヤコ。今回はベースにいつもはパーカッションを担当している入倉リョウさんがドラムを担当。いつものメンバーでちょっと違う構成。MCでは高校時代の恩師との再会で鼻血が出てしまう話題に。自身もなんで話してんだろうという雰囲気が満々でした。

§

アンコール(?)に出演者全員で森山直太郎氏の曲をカバーして終了。

大満足の2時間30分でした。

|

« 本の雑誌286号 | トップページ | 剣の国の魔法戦士 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/14404589

この記事へのトラックバック一覧です: Sweet Soul radio TOKYO vol.19:

« 本の雑誌286号 | トップページ | 剣の国の魔法戦士 »