« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/31

江戸川乱歩全集 第3巻

江戸川乱歩全集 第3巻 陰獣
江戸川乱歩全集 第3巻 陰獣
江戸川 乱歩

関連商品
江戸川乱歩全集 第24巻 悪人志願
江戸川乱歩全集 第5巻 押絵と旅する男
パノラマ島綺譚―江戸川乱歩全集〈第2巻〉
江戸川乱歩全集〈第13巻〉地獄の道化師
探偵小説四十年〈上〉―江戸川乱歩全集〈第28巻〉
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/30

DDD 1

戦う文芸誌「ファウスト」に掲載されたものと書き下ろし作品をまとめて一冊の本になった。

現実世界と不可思議な世界が渾然一体に。この手の物語での命であろう、キャラクターもまた生きている。
「この人は、やっぱ天才だわ!」と大田克史に太鼓判を押されるのも当然か。

§

本誌(?)であるファウストの新号がでないなとおもっていたら、KOUDANSHA BOXなる新しいモノを作っていたんですね。単行本もうれしいのですが、文芸誌も期待したいのは贅沢でしょうか。

DDD 1
DDD 1
奈須 きのこ こやまひろかず

関連商品
刀語 第一話 絶刀・鉋
TAKE MOON
TAKE MOON 2 (2)
化物語(下)
化物語(上)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/29

グイン・サーガ64

ゴーラの僭王―グイン・サーガ(64)
ゴーラの僭王―グイン・サーガ(64)
栗本 薫

関連商品
時の潮―グイン・サーガ(63)
ユラニア最後の日―グイン・サーガ(62)
鷹とイリス―グイン・サーガ(65)
赤い激流―グイン・サーガ(61)
風の挽歌―グイン・サーガ(67)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/28

湖岸の国の魔法戦士

湖岸の国の魔法戦士―魔法戦士リウイ
湖岸の国の魔法戦士―魔法戦士リウイ
水野 良

関連商品
剣の国の魔法戦士―魔法戦士リウイ
砂塵の国の魔法戦士―魔法戦士リウイ
魔法戦士リウイ ファーラムの剣 賢者の国の魔法戦士
魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士
魔法戦士リウイ0
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/27

グイン・サーガ63

時の潮―グイン・サーガ(63)
時の潮―グイン・サーガ(63)
栗本 薫

関連商品
ユラニア最後の日―グイン・サーガ(62)
赤い激流―グイン・サーガ(61)
ゴーラの僭王―グイン・サーガ(64)
鷹とイリス―グイン・サーガ(65)
ガルムの報酬―グイン・サーガ(60)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/26

剣の国の魔法戦士

剣の国の魔法戦士―魔法戦士リウイ
剣の国の魔法戦士―魔法戦士リウイ
水野 良

関連商品
湖岸の国の魔法戦士―魔法戦士リウイ
砂塵の国の魔法戦士―魔法戦士リウイ
魔法戦士リウイ ファーラムの剣 賢者の国の魔法戦士
魔法戦士リウイ0
魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sweet Soul radio TOKYO vol.19

2007/3/25(日) 赤坂GRAFFITIにて行われた「Sweet Soul radio TOKYO vol.19」にいってくる。

出演者は以下のとおり。
 ・シミズリエ(O.ACT)
 ・ありましの
 ・拝郷メイコ
 ・ハセガワミヤコ

当日は朝から強い雨。予報では雨のち曇り。お昼過ぎには雨は上がって、晴れ間こそ覗きませんでしたが、それ以上崩れることはありませんでした。

今回は全員見知っているどころか大好きな人ばかりが寄せ集まったイベント。この日をすごく待ち遠しく、ずっと待っていました。赤坂GRAFFITIは今回で2回目。前回は2005年の夏ごろでしたので、2年近く前になります。前回すごく道に迷った覚えがあったので若干早めに行ったのですが、まっすぐ着いてしまいました<当たり前か(^^;。

(っていうかこの場所は昔バイトでかよっていた通りから、曲がったところにあるということを今回地図を見ていて気づきました(^^;)

§

オープニングはシミズリエさん。以前にどこかで聞いていることは確かなのですが、どこで聞いたか記憶が定かではありません。来月にはアルバムが発売されるということで、熱心に宣伝をしていたのが印象的。

続いて登場したのはありましのさん。去年はライブに行く機会がないまま過ぎてしまい、2005年6月の渋谷でのライブ以来ですので、ずいぶんご無沙汰してました。去年のアルバムは購入していたんですけれどね。

今回のライブでは来月に発売されるアルバムから中心になり、初めて聴く曲ばかりでした。既にアルバムを購入する気は満々なのですが、さらにその意欲を掻き立てられました。ギターとパーカッションのシンプルなステージでしたが、声量の良さから決して寂しさは感じさせません。優しい雰囲気が好きです。

続いて登場するのが拝郷メイコ。相変わらずの元気っプリ。今回は特にテンションが高かった気がします。演目もテンポのよいものを中心にステージを構成していました。自身のギターに加えてサポートギターにキーボードで狭いステージに一杯でした。MCではだいぶ和ませていたのが印象的。自分の話をするのが苦手なのでと前置きをして話し出した日常の話題で、フィギュアに触れていました。

ラストはハセガワミヤコ。今回はベースにいつもはパーカッションを担当している入倉リョウさんがドラムを担当。いつものメンバーでちょっと違う構成。MCでは高校時代の恩師との再会で鼻血が出てしまう話題に。自身もなんで話してんだろうという雰囲気が満々でした。

§

アンコール(?)に出演者全員で森山直太郎氏の曲をカバーして終了。

大満足の2時間30分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/25

本の雑誌286号

今月号の特集は作家のペンネームについて。ペンネームを姓名判断して、との特徴からランキングをつけるという趣向。ただランキングよりも作家のペンネームに秘められた特徴がまたひとくせもふたくせもあり面白い。

本の雑誌 286号 (286)
本の雑誌 286号 (286)

関連商品
本の雑誌 285号 花冷え腹巻き号 (285)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

っていってたの(BlogPet)

今日、ニャンゴロが
孤高の天才ピッチャーである原田巧のピッチングシーンはMONEYとして一つ一つがしっかりと描かれているのが印象的。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/24

MONEY

何とかの価格・・・ハウマッチというのは何某かのCMですが、お金にまつわるお話に値段がついているのが特徴。決してあくどいというわけではないのですが、決してまじめに稼いでいるわけではない。それぞれの知恵を出して上手く出し抜いて手に入れるお金の価格はいくら?

MONEY
MONEY
清水 義範

関連商品
飛びすぎる教室
銅像めぐり旅―ニッポン薀蓄紀行
こちら葛飾区亀有公園前派出所 153巻 (153)
アヒルと鴨のコインロッカー
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/23

グイン・サーガ62

ユラニア最後の日―グイン・サーガ(62)
ユラニア最後の日―グイン・サーガ(62)
栗本 薫

関連商品
赤い激流―グイン・サーガ(61)
時の潮―グイン・サーガ(63)
ゴーラの僭王―グイン・サーガ(64)
鷹とイリス―グイン・サーガ(65)
ガルムの報酬―グイン・サーガ(60)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/22

グイン・サーガ61

赤い激流―グイン・サーガ(61)
赤い激流―グイン・サーガ(61)
栗本 薫

関連商品
時の潮―グイン・サーガ(63)
ユラニア最後の日―グイン・サーガ(62)
ゴーラの僭王―グイン・サーガ(64)
ガルムの報酬―グイン・サーガ(60)
鷹とイリス―グイン・サーガ(65)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター

グーグルといえば、時流に乗った企業というのにはあまりにも話題性と成長性の高い企業。

グーグル創立者たちの出会いから、設立。そして成長の過程をエピソードを交えて紹介している。

「邪悪になるな」という二人のポリシー--グーグル哲学を元にどこまでいくのでしょうか。世界帝国を目指しているグーグルはやはり注目です。

Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター
Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター
デビッド ヴァイス マーク マルシード 田村 理香

関連商品
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
ザ・サーチ グーグルが世界を変えた
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
フラット化する世界(下)
フラット化する世界(上)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

グイン・サーガ 60

ガルムの報酬―グイン・サーガ(60)
ガルムの報酬―グイン・サーガ(60)栗本 薫

早川書房 1998-04
売り上げランキング : 260707

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
運命のマルガ―グイン・サーガ(58)
覇王の道―グイン・サーガ(59)
ヤーンの星の下に―グイン・サーガ(57)
野望の序曲―グイン・サーガ(56)
赤い激流―グイン・サーガ(61)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/19

スタア・バーへようこそ

楽しいお酒ほど美味しいものはありません。

バーというイメージはどういうものでしょうか。お酒を飲むところではあるのでしょうが、なにか敷居の高さを感じる人は多いのではないでしょうか。

本書は本職のバーテンダーがお酒の種類の解説から、バーテンダーの心掛けを紹介している。

それを読むと決して敷居の高いものではなく、ただバーとしての場所の提供、そして美味しいお酒を飲んでもらうために苦心している様子などを窺い知る事ができる。

スタア・バーへようこそ
スタア・バーへようこそ
岸 久

関連商品
バーのある人生
to the Bar 日本のBAR 74選
新・東京のBar
THE BAR―インサイドストーリー
安心して寛げるサライが選んだ老舗バー
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/18

そういえば(BlogPet)

そういえば、ニャンゴロが
普段ナイトはあまり香りには興味がなかったのですが、いざ思い返してみると分かりませんでした。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/17

ただ、君を愛してる

映画公開中にもみて感動していたのですが、DVDでもやはり感動してしまいました。主人公とヒロインの友達or恋人のやり取りもいいですし、ひと気もなく、ただただ静かな森の奥で二人のキスシーンは幻想的ともいえるできばえです。

幼さ残るヒロインの静流のクライマックスで映されるポートレートに、ドキドキしっぱなしです。

ただ、君を愛してる スタンダード・エディション
ただ、君を愛してる スタンダード・エディション
玉木宏 市川拓司 新城毅彦

関連商品
涙そうそう スタンダード・エディション
フラガールスタンダード・エディション
ラフ スタンダード・エディション
ただ、君を愛してる ~天国の森で君を想う~
シュガー&スパイス 風味絶佳
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/16

ナイトミュージアム

夜の博物館は驚くことばかり。歴史的な展示物が夜の間は生き返るからだ。

§


主人公は夜の警備員として博物館に勤務することになる。以前からいた警備員たちグループから仕事を引き継ぎ、初警備となる。そこで見たのはティラノザウルスが水を飲んでいる光景!

ティラノザウルスに代表されるような歴史上の様々な展示物が動き出して、それぞれのネタを披露しあう。

中でも主軸となっているのがあけリカ鉄道史のカウボーイとローマ帝国の皇帝です。二人とも立派な人物なのでしょうが、如何せん、ミニチェアなので指でつまめるほどの背丈ほどしかないんですわ。ミニチェア君たちは巨人である主人公に果敢に立ち向かうが、ローマ帝国の弓矢はまったく効かない。カウボーイの鉄砲は弾がない。この辺の間合いが絶妙で、にんまりしてしまいます。

忘れてはいけないのが、サル。とても知能的なサルなのか、主人公が知的ではないのか。サルとの格闘シーンなどたまらないくらい笑えますわ。

ロビン・ウィリアムズ扮するのはアメリカ合衆国26代大統領のティディ・ルーブベルト。コメディのロビン・ウィリアムズらしい笑いもありましたが、それ以上に素敵だったのは彼はネイティブアメリカのサカジャウィアに実は恋をしているのです。でも口下手でずっと話しかけられずに、遠くから見守っているだけ。切ないですね。


コメディ映画として逸品です。主人公一人の舞台もいいのでしょうが、この映画では展示物(キャラクター)たちを良く活かして、面白さを展開しています。


§

小説 ナイト ミュージアム
小説 ナイト ミュージアム
L. ゴールドマン ホンヤク社

by G-Tools
オリジナル・サウンドトラック「ナイト・ミュージアム」
オリジナル・サウンドトラック「ナイト・ミュージアム」
サントラ

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/15

バッテリー

主人公の孤高の天才ピッチャーを原田巧演じるのは林遣都。その女房役のキャッチャー役を務めるのは山田健太。二人とも瑛が初出演ながら、二人の性格・役柄にまさにぴったりのイメージどおり。

孤高の天才ピッチャーである原田巧のピッチングシーンは見せ場として一つ一つがしっかりと描かれているのが印象的。教師との対決シーンしかり、名門校工の強豪スラッガー相手の対決しかり。投げるフォームをしっかりと映して投げた瞬間にキャッチャーへと届いている。すごいなという印象を受ける。

バッテリーという関係をピックアップして、お互いの信頼関係を紡ぎだす。どんなにすごいピッチャーもキャッチャーが受けられなければ、ピッチャーは死んでしまう。ピッチャーを裏切りたくないキャッチャー。かといってピッチャーも手加減して投げるのはキャッチャーへの裏切りとなる。この緊張感のある信頼関係というものを始めて知った。

家族愛も久しぶりにいいなとおもいました。病弱な弟に兄からの思い、母親からの思い、父親からの思いがそれぞれにある。だから時々はすれ違いや勘違いなどが生まれる。この映画では弟を中心に母親と巧。父親と巧。そしてそれぞれの関係が紡ぎだされている。一つ一つの糸が絡まることなく、物語の中にしっかりと描かれている。

野球グラウンドも懐かしみを感じさせるものでした。原っぱに毛が生えたくらいの広っぱ。草もまばらに生えている。暑い夏の空気が画面からは漂っているのに、暑苦しさは感じない。夏の暑い日ざしに、土の香りが立ち上ってくるだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/14

エム×ゼロ 2

エム×ゼロ 2 (2)
エム×ゼロ 2 (2)
叶 恭弘

関連商品
エム×ゼロ 1 (1)
To LOVEる-とらぶる 2 (2)
To LOVEる-とらぶる 1 (1)
ハヤテのごとく! 10 (10)
魔法先生ネギま! 17 (17)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/13

ONE PIECE 巻45

ONE PIECE 巻45 (45)
ONE PIECE 巻45 (45)
尾田 栄一郎

関連商品
One piece (巻44)
One piece (巻43)
銀魂 第17巻 (17)
BLEACH 26 (26)
One piece (巻42)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/12

テニスの王子様 37

テニスの王子様 37 (37)
テニスの王子様 37 (37)
許斐 剛

関連商品
テニスの王子様 36 (36)
ONE PIECE 巻45 (45)
テニスの王子様 (35)
銀魂 第17巻 (17)
家庭教師ヒットマンREBORN! 14 (14)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/11

3/11 表参道FABのライブ

3/11(日) 表参道FABにて行われたライブにいってくる。

当日の出演者は以下のとおり。

・松千
・長谷川都
・中村中


当日は朝方から強い雨が降っていたのですが、お昼前には上がる。しかしながら春の嵐の名残か、風がとても強い。天気はよいのに肌寒さを感じる。

17時の開場前にFABにいってみたら、すでに周辺に当日の参加者と思われる群衆が。久しぶりにこの混雑に、今回のライブの盛り上がりを予感。自分は200番台でしたので、もういいポジションは諦めてまったりとする事に決める。

ほぼ定刻どおりの17時30分からトップバッターの松千。今回お初でした。ギターの男性と女性ボーカルのユニット。長崎県佐世保出身(在住?)で、故郷に思い入れのあるMCを展開していましたね。曲風もメロディもポップな感じないいユニットでした。

次に登場したのが今回お目当ての長谷川都。パーカッションにウッドベースにキーボードと定番になりつつあるメンバーでの演奏でした。

・ミルク
・空の見える公園(jazzバージョン)
・月のうさぎ
・今は昔
・はなうた

空の見える公園は2月に行った7thfloorでもきいた空の見える公園のjazzバージョンともいえるアレンジのかかった曲がとても素敵でした。「月のうさぎ」「今は昔」と大好きな曲目の連続演奏にいい気持ちにさせられました。

ラストに中村中。テレビやメディアでもかなり話題の人なので、自分も何度も紹介など目にしていました。しかしながら曲をしっかりと聴いたのは今回が初めて。

中村中目当ての観客が多いのが一目瞭然。もう証明が落ちて始まるぞっっという瞬間から拍手がわきおこる。全体的に熱気が一段と高まるのが手にとるように伝わってきました。

残念ながら自分は曲目をぜんぜん知らなくて、コメントのしようがないのですが、会場の熱気に当てられて酔いました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スティール・ボール・ラン 11

スティール・ボール・ラン 11 (11)
スティール・ボール・ラン 11 (11)
荒木 飛呂彦

関連商品
スティール・ボール・ラン 10 (10)
スティール・ボール・ラン 9 (9)
ONE PIECE 巻45 (45)
スティール・ボール・ラン 8 (8)
スティール・ボール・ラン 7 (7)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょう(BlogPet)

きょう、主人公に魅了するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/10

グイン・サーガ59

覇王の道―グイン・サーガ(59)
覇王の道―グイン・サーガ(59)
栗本 薫

関連商品
運命のマルガ―グイン・サーガ(58)
ガルムの報酬―グイン・サーガ(60)
ヤーンの星の下に―グイン・サーガ(57)
野望の序曲―グイン・サーガ(56)
ゴーラの一番長い日―グイン・サーガ(55)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/09

魔法戦士リウイ〈9〉

魔法戦士リウイ〈9〉
魔法戦士リウイ〈9〉
水野 良

関連商品
魔法戦士リウイ〈8〉
魔法戦士リウイ〈7〉
魔法戦士リウイ0
魔法戦士リウイ〈6〉
魔法戦士リウイ〈5〉
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/08

残響 柴田よしき

残響
残響
柴田 よしき

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

グイン・サーガ58

運命のマルガ―グイン・サーガ(58)
運命のマルガ―グイン・サーガ(58)
栗本 薫

関連商品
覇王の道―グイン・サーガ(59)
ガルムの報酬―グイン・サーガ(60)
ヤーンの星の下に―グイン・サーガ(57)
野望の序曲―グイン・サーガ(56)
ゴーラの一番長い日―グイン・サーガ(55)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/06

魔法戦士リウイ〈8〉

魔法戦士リウイ〈8〉
魔法戦士リウイ〈8〉
水野 良

関連商品
魔法戦士リウイ〈7〉
魔法戦士リウイ〈9〉
魔法戦士リウイ〈6〉
魔法戦士リウイ〈5〉
魔法戦士リウイ〈4〉
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/05

魔法戦士リウイ〈7〉

魔法戦士リウイ〈7〉
魔法戦士リウイ〈7〉
水野 良

関連商品
魔法戦士リウイ〈8〉
魔法戦士リウイ〈6〉
魔法戦士リウイ〈9〉
魔法戦士リウイ〈5〉
魔法戦士リウイ〈4〉
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/04

パヒューム

魅惑。香りで世界を認知する不思議な人間。普段忘れがちな感覚を呼び起こされるようだった。

§

冒頭は主人公に読み上げられる罪状から始まる。何が行われているのかは不明。だが、主人公の死を望む観衆のボルテージは絶好調。

次はパリの魚市場。雑然とした魚の山が生臭くも漂ってくるようだ。そこに産み落とされる赤子。これが主人公になることは、産声をあげる前に匂いで世界を捉えようとしている様から見て取れる。母親は赤子を死産と決め込み、産み落としたまま捨て置こうとしたが、産声により周囲に自分の存在を知らしめることで、主人公はこの世に所在を得る。

この主人公の特殊能力は異常なまでの嗅覚。言葉で世界を知るよりも匂いで世界を認知している様が、少年時代の行為から伝わってくる。映像により様々なものが映し出されるも、その香りを観客は思い出せるだろうか。

少年から青年へ。そのときに出会う女性の香りに引かれる主人公。言葉を持たない青年はその香りを言葉にすることなく、ただ無性に楽しんでいる。その様がまた想像を掻き立てる。

この映画を前編見ていて感じていたのは、いい香りというのはどういうものなのでしょうか。普段自分はあまり香りには興味がなかったのですが、いざ思い返してみると分かりませんでした。


香りに取り付かれた主人公。香りを閉じ込めたい。生き物の香りに魅了された主人公が、その香りを封じ込める秘儀を取得してしまう。そして連続殺人が展開される。猟奇的な展開になりつつあるのですが、その人間から搾り取られた香りにより調合された、香り。それがどのようなものなのだろうか。想像はより一層掻き立てられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会に搭載したいです(BlogPet)

きょうはニャンゴロがここへ使用しなかった?
ここまでニャンゴロでマーケティングを利用されたみたい…
きょう、ニャンゴロと利用♪
きょうニャンゴロの、社会に搭載したいです。
ニャンゴロはここまで搭載したいです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/03

革命メディア ブログの正体

ブログというツールが持てはやされて、今は少し落ち着いてきたところなのでしょうか。一時期はただの日記ツールであるだとか、いやいや社会革命を起こすメディアであるだとか様々な論調がありましたが、結局のところどうなんでしょうか。

今は企業から個人まで様々な場所でブログやRSSなどを利用した"情報発信"が盛んですが、次はその利用法でしょうか。IE7にはRSSリーダーが標準搭載になっているみたいだし(自分は未使用のため、使い勝手は不明ですが)、購読から検索までWEB以上に利用勝手はよいかもしれませんね。

革命メディア ブログの正体
革命メディア ブログの正体
伊藤 穰一 デヴィッド・L・シフリー&デジタルガレージグループ

関連商品
「個」を見つめるダイアローグ
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0
Web2.0 BOOK
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/02

グイン・サーガ57

この巻より、イラストレーターが変更に。

ヤーンの星の下に―グイン・サーガ(57)
ヤーンの星の下に―グイン・サーガ(57)
栗本 薫

関連商品
野望の序曲―グイン・サーガ(56)
運命のマルガ―グイン・サーガ(58)
覇王の道―グイン・サーガ(59)
ガルムの報酬―グイン・サーガ(60)
ゴーラの一番長い日―グイン・サーガ(55)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/01

魔法戦士リウイ〈6〉

魔法戦士リウイ〈6〉
魔法戦士リウイ〈6〉
水野 良

関連商品
魔法戦士リウイ〈5〉
魔法戦士リウイ〈7〉
魔法戦士リウイ〈8〉
魔法戦士リウイ〈4〉
魔法戦士リウイ〈3〉
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »