« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/31

グイン・サーガ52

異形の明日―グイン・サーガ(52)
異形の明日―グイン・サーガ(52)
栗本 薫

関連商品
ドールの時代―グイン・サーガ(51)
ガルムの標的―グイン・サーガ(53)
ゴーラの一番長い日―グイン・サーガ(55)
紅玉宮の惨劇―グイン・サーガ(54)
闇の微笑―グイン・サーガ(50)
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/30

Gの残影

Gの残影
Gの残影
小森 健太朗

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/29

グイン・サーガ51

ドールの時代―グイン・サーガ(51)
ドールの時代―グイン・サーガ(51)
栗本 薫

関連商品
異形の明日―グイン・サーガ(52)
ゴーラの一番長い日―グイン・サーガ(55)
紅玉宮の惨劇―グイン・サーガ(54)
ガルムの標的―グイン・サーガ(53)
闇の微笑―グイン・サーガ(50)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/28

きのう(BlogPet)

きのう、ここまでニャンゴロはここで空間にblogしたかも。
ニャンゴロとblogするはずだったみたい。
きのうニャンゴロで、blogする?


カレーヌの邂逅―グイン・サーガ(41)ハヤカワ文庫J A闇の中の怨霊―グイン・サーガ(45)獅子の星座―グイン・サーガ(43)炎のアルセイス―グイン・サーガ(44)ユラニアの少年―グイン・サーガ(46)b y G-T o o l s



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボールペンとえんぴつのこと

文房具って子供の頃から使っているものだからでしょうか。
なにかノスタルジックな香りがして、好きなんです。

別に変わったものだとか、特別なものでなくても、
使いやすくて愛着のある文房具たち。

とても愛おしく感じます。


ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店
ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店
宇井野 京子

関連商品
ノート&ダイアリースタイルブック
手帳・メモ・ノート200%活用ブック
文房具スタイル―GOOD STATIONERY
仕事がはかどりすぎて困る!どうにも素敵な文具術
デザインステーショナリー―やっぱり文具が好き!
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/27

真夜中のマーチ

前半で伏線を張って張ってストーリーを混乱の糸に結んでからがとにかく面白い。三角関係というには歪んでいる。盗るか盗られるか。知るものと知らないもの。出し抜くには相手だけでは足りないから、もうたまらない。

ストーリー展開の面白さがたまりません。

真夜中のマーチ
真夜中のマーチ
奥田 英朗

関連商品
メリーゴーランド
手紙
相剋の森
夜のピクニック
マドンナ
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/26

タイムスリップ釈迦如来

女子高生がタイムスリップして歴史を作るという奇想天外なアイディアを基にしている本シリーズも第3弾。

歴史って当たり前だと思っていますけれども、意外なほど変わっていくものなんですよね。自分たちが学生時代で学んだことも今では非常識になっていることも・・・。

いわゆるトンデモ本とは違います。だけれども、新解釈という視点を持って歴史を見るとまた面白い一面が見えてくるかもしれません。


タイムスリップ釈迦如来
タイムスリップ釈迦如来
鯨 統一郎

関連商品
タイムスリップ明治維新
いろは歌に暗号(かくしごと)―まんだら探偵空海
新・世界の七不思議
千年紀末古事記伝ONOGORO
すべての美人は名探偵である
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/25

グイン・サーガ50

闇の微笑―グイン・サーガ(50)
闇の微笑―グイン・サーガ(50)
栗本 薫

関連商品
緋の陥穽―グイン・サーガ(49)
美しき虜囚―グイン・サーガ(48)
アムネリスの婚約―グイン・サーガ(47)
闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46)
異形の明日―グイン・サーガ(52)
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/24

夏の滴

第8回日本ホラー大賞長編賞受賞作品。

途中に魅せるスプラッター的怖さよりもラストの精神的恐怖と設定の妙が面白い。説得感に欠ける、強引なストーリー展開も見られたのがちょっと残念かな。

夏の滴
夏の滴
桐生 祐狩

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/23

600000

アクセスカウンターがやっと60万超えました。

ひところは一日数千アクセスあったのですが、どうにもこのペースから抜け出せませんね(^^;。

次は70万。2007年内にいけるかどうかかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くうかん―あなたは、どんな空間が好きですか?

くうかん―あなたは、どんな空間が好きですか?
くうかん―あなたは、どんな空間が好きですか?
安東 孝一

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

それでもボクはやってない

おかしい話はいっぱいあるけれど、これもその一つのおかしい話なのでしょうか。

§

痴漢という行為は良くないことです。それは当然のことだとしても、やはり痴漢という犯罪はあるんでしょうか。

そして日常生活で電車に乗る人間としては、この映画のようにいつ痴漢と間違われても不思議はない。間違いだといっても聞いてもらえない時、自分だったらどうしますか?


裁判のシーンはもう面白いの一言。下手にエンターテイメント性をだすよりも、この映画の一番言いたいところを次々に言い放つ。そしてその不思議な話に魅了され続ける。

言葉遣いなどは多少聞きなれぬものがあったとしても、物語の展開は裁判の展開に沿っているので、なんとなくは分かる。それで十分。

99.9%の有罪率というのはまた驚き。

どんなに本当だといって話していても、裁判所という場所では裁判という常識のみが通じるのでしょうか。いくらおかしいと思ってみても、"常識"の怖さかな。抜け出せないんでしょうか。

裁判所だけではなく、警察官や検察官、弁護士とそれぞれの立場の問題点もまたこの映画では描いている。中心はそれぞれの立場があって、被疑者や被害者の立場というのはカヤの外。個人よりも組織という印象でした。


§

最後に真犯人でも上がってくればすっきりと気持ちよくなったのかもしれません。しかし現実的にそんなことはないのでしょうか。その事実をまざまざと見せつけられた気がします。

最後の「裁判所は真実を明らかにする場所ではない。とりあえず無罪か有罪かを取り付ける場所だ」という主人公の言葉が頭に残ります。

§

それでもボクはやってない オリジナル・サウンドトラック
それでもボクはやってない オリジナル・サウンドトラック
サントラ tomo the tomo 周防義和

by G-Tools
それでもボクはやってない (監督 周防正行)
それでもボクはやってない (監督 周防正行)

by G-Tools
それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!
それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!
周防 正行

関連商品
お父さんはやってない
by G-Tools


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディパーテッド

主演はレオナルド・ディカプリオにマット・デーモン。ジャック・ニコルソンは言わずもがな。目立ちすぎというか、主演食うくらいの勢いです。

成績優秀であるがゆえに潜入捜査官に選ばれたレオナルド・ディカプリオ。善人ながら悪人としての面も持ち合わせている。

悪人ながら優秀な人材であるがゆえに警察へともぐりこんだマット・デーモン。悪人ながら善人面もする。

前半はぞれぞれの警察組織内とマフィアないでの活躍とそしてのしあがりを描いている。その共通事項はマフィアのボスであるジャック・ニコルソン。それぞれの立場から内部情報を探り出す。そして身内に潜んでいる敵の存在に気づいていく。内部に潜んでいる敵から自分の情報が漏れたときが命取りに繋がる。

この辺の些事加減とストーリーの展開が絶妙。気づいたときにはお互いのその存在の危険さに呆然とする。


ヒロインの役割もまた面白いですね。最初は警察官である方へとなびく。本当は悪人なのにこれ以上ないくらいの幸せをつかもうとするかのような人生。その対比を描くようにマフィアへの潜入捜査は熾烈を極める。それに伴いディカプリオの顔つきもまた変わっていく。

暗号でのコミュニケーションを図ってはいましたが、でも意外にずぼらに連絡を取り合っていたのがちょっと気になる。盗聴器は危ないからと電話で連絡するのはいいのですが、人がわんさかいる中での会話っていうのはどうかなと。ちょっとこの辺に緊張感が緩んでしまいました。

お互いの存在に気づき、その存在を暴こうとする様子のスリルは超一級。自分の存在を隠しながら組織を動かして潰しあおうとする。とるかとられるか。目が離せません。

§

そして最後になるにつれて、組織内に潜んでいるネズミが自分だけでないことが明らかになっていく。

本当の善人と本当の悪人はどこにいたのでしょうか。

§

ディパーテッド
ディパーテッド
サントラ ロジャー・ウォーターズ ヴァン・モリソン

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

グイン・サーガ49

緋の陥穽―グイン・サーガ(49)
緋の陥穽―グイン・サーガ(49)
栗本 薫

関連商品
闇の微笑―グイン・サーガ(50)
美しき虜囚―グイン・サーガ(48)
アムネリスの婚約―グイン・サーガ(47)
闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46)
ユラニアの少年―グイン・サーガ(45)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

グイン・サーガ48

美しき虜囚―グイン・サーガ(48)
美しき虜囚―グイン・サーガ(48)
栗本 薫

関連商品
アムネリスの婚約―グイン・サーガ(47)
緋の陥穽―グイン・サーガ(49)
闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46)
闇の微笑―グイン・サーガ(50)
ユラニアの少年―グイン・サーガ(45)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうニャンゴロの(BlogPet)

きょうはニャンゴロの怨霊っぽい邂逅したいなぁ。
きのうニャンゴロの、ガに邂逅したいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/20

グイン・サーガ47

アムネリスの婚約―グイン・サーガ(47)
アムネリスの婚約―グイン・サーガ(47)
栗本 薫

関連商品
美しき虜囚―グイン・サーガ(48)
闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46)
緋の陥穽―グイン・サーガ(49)
闇の微笑―グイン・サーガ(50)
ユラニアの少年―グイン・サーガ(45)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/19

グイン・サーガ46

闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46)
闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46)
栗本 薫

関連商品
ユラニアの少年―グイン・サーガ(45)
アムネリスの婚約―グイン・サーガ(47)
美しき虜囚―グイン・サーガ(48)
炎のアルセイス―グイン・サーガ(44)
緋の陥穽―グイン・サーガ(49)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/18

グイン・サーガ45

ユラニアの少年―グイン・サーガ(45)
ユラニアの少年―グイン・サーガ(45)
栗本 薫

関連商品
炎のアルセイス―グイン・サーガ(44)
闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46)
エルザイムの戦い―グイン・サーガ(43)
カレーヌの邂逅―グイン・サーガ(42)
アムネリスの婚約―グイン・サーガ(47)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/17

グイン・サーガ44

炎のアルセイス―グイン・サーガ(44)
炎のアルセイス―グイン・サーガ(44)
栗本 薫

関連商品
ユラニアの少年―グイン・サーガ(45)
エルザイムの戦い―グイン・サーガ(43)
闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46)
カレーヌの邂逅―グイン・サーガ(42)
獅子の星座―グイン・サーガ(41) ハヤカワ文庫JA
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/16

グイン・サーガ43

エルザイムの戦い―グイン・サーガ(43)
エルザイムの戦い―グイン・サーガ(43)
栗本 薫

関連商品
炎のアルセイス―グイン・サーガ(44)
カレーヌの邂逅―グイン・サーガ(42)
ユラニアの少年―グイン・サーガ(45)
獅子の星座―グイン・サーガ(41) ハヤカワ文庫JA
闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/15

おとぎの国の科学 瀬名秀明

サイエンスと物語を一つのお皿に盛り付けて、いつもおいしく提供してくれる作家が瀬名秀明である。

その瀬名秀明のデビューから今までに書き綴ってきたエッセイをまとめて一つにしたのが本書である。その時々の興味が、小説になっている。小説を読み続けてきた物としては、その時々の空気が伝わってくるようで、より足ワイ深く感じられる。

おとぎの国の科学
おとぎの国の科学
瀬名 秀明

関連商品
第九の日 The Tragedy of Joy
心と脳の正体に迫る 成長・進化する意識、遍在する知性
贈る物語 Wonder すこしふしぎの驚きをあなたに
八月の博物館
デカルトの密室
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/14

本の雑誌 284号

本の雑誌 284号 (284)
本の雑誌 284号 (284)

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春歌姫絵巻

1/10(水) Shibuya O-EASTにて行われたライブイベント新春歌姫絵巻にいってくる。

出演者は以下のとおり。

 ・瓜生明希葉
 ・Our Love to Stay
 ・伊藤サチコ
 ・ジムノペティ
 ・arp
 
当日は仕事がなかなか終わらず、結局会場に入ったのは19:30分くらい。

おそらくOur Love to Stay(さん?)の出番の最後でした。


当日のお目当てはarpと伊藤サチコ。特に伊藤サチコさんは久しぶりなのでどうしても聞きたかったので、どこまで進行していたのかとても気になって仕方がありませんでした(^^;。

#調べてみたら2005年6月が最後だった(^^;

で、次は誰だろうとどきどきしていたら、伊藤サチコさん登場。いや、久しぶりなのです。久しぶりに聞いたのですが、その間に作れた曲なのかぜんぜん知らない曲ばかり(^^;だったのですが、新しい曲目が増えているというのはうれしいものです。バンド編成というのも自分が聞いてきた中では珍しいほうかな。全体的に優しい雰囲気。それがとても好きなのです。やっぱりもっとライブに足を運ぼう。

次に登場したのはジムノペティ。今回お初。独特の雰囲気に圧倒される。

ラストはarp。いつもの導入曲とともにライトアップでarpの世界を作り出してましたね。初っ端はピアノのみでの「reborn」。こういうアレンジがライブでの楽しみでもあり、いつもと違う雰囲気を楽しむ。2曲めに「夕立ち」があったのですが、やはりトリハダものでした。この曲本当に好きです。かっこいいです。

今回はあん朱さんの語りなどもあり、arpの世界観で会場を包み込むようなステージでした。

§

平日のライブはやはり時間の都合がなかなかつかないですね。それでも言ってよかったと思える一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

愛の流刑地


男と女。愛とはという言葉を真正面から描いた作品。「愛しているのなら、殺して」というセリフがすごいっす。


主役は豊川悦司と寺島しのぶ。


豊川悦司は小説を掛けなくなった小説家という設定。この設定のおかげで、とにかく愛を語らうシーンが様になっている。また、かっこいいのだな、これが。

そして寺島しのぶは3児の母でありながら、憧れであった小説家の元に走る。少女時代に小説に影響を受けていたのが、災いだったのか。それとも元来、自殺願望があったのか。この辺がキーとなり物語は進行する。

とにかくこの二人の絡むシーンの多いこと。会話よりもベットシーンのほうが多いのではないかと思うくらい。ベットに向かう為に逢引しているかの如く突入していました。

脇役のキャラクターたちも主役たちに比べればかなり贔屓目に愛を語る。検事役の長谷川京子とその上司佐々木蔵之介の不倫。男女関係を扱う難しさを描いている点が面白い。

バーのママの恋もまた気になるところ。

何で殺したのか。殺意があったのか。ともかくもサスペンスの要素を含ませながら、主軸は男と女の愛の違い。その深さに焦点が当てられる。後半は法廷シーンが中心になるのですが、その中で主人公が叫ぶシーンが印象的。女性の夫の証言や母親の証言など様々な女性の顔を描き出している法廷。そして主人公はそのどれもが違うと叫ぶのですから。

§

映像が幻想的なのがとても印象的。花火を映せば、主人公たちに添えるようにパッと映える。京都でのどこかの公園での待ち合わせでしょうか。大雨の中、大木の下で雨宿り。大木の幹から、滝のように流れる水がとても不思議。そして大雨なのに回りには日が差している。さらに霧まで立ち込めるとは。嘘っぽいなと感じながらも、その不可思議な世界に妖しく引き込まれました。

§

ニュースでは女性限定入場の映画館も出たみたいですね。密やかに楽しむのでしょうか。入る前と後で、雰囲気を見比べてみたいと思うのは変でしょうか。

§

愛の流刑地〈上〉
愛の流刑地〈上〉
posted with amazlet on 07.01.14
渡辺 淳一
幻冬舎
売り上げランキング: 337
愛の流刑地〈下〉
愛の流刑地〈下〉
posted with amazlet on 07.01.14
渡辺 淳一
幻冬舎
売り上げランキング: 536
『愛の流刑地』オフィシャルハンドブック
庄司 いずみ 太田 穣
講談社
売り上げランキング: 4337

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ここへ関連♪(BlogPet)

きょう幻冬舎の、文庫関連しなかった。
ここへ関連♪
幻冬舎がここに関連した?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グイン・サーガ42

カレーヌの邂逅―グイン・サーガ(42)
カレーヌの邂逅―グイン・サーガ(42)
栗本 薫

関連商品
エルザイムの戦い―グイン・サーガ(43)
炎のアルセイス―グイン・サーガ(44)
ユラニアの少年―グイン・サーガ(45)
獅子の星座―グイン・サーガ(41) ハヤカワ文庫JA
闇の中の怨霊―グイン・サーガ(46)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/13

グイン・サーガ41

獅子の星座―グイン・サーガ(41) ハヤカワ文庫JA
獅子の星座―グイン・サーガ(41) ハヤカワ文庫JA
栗本 薫

関連商品
カレーヌの邂逅―グイン・サーガ(42)
ユラニアの少年―グイン・サーガ(45)
炎のアルセイス―グイン・サーガ(44)
エルザイムの戦い―グイン・サーガ(43)
アムネリアの罠―グイン・サーガ(40) ハヤカワ文庫JA
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/12

グイン・サーガ40

アムネリアの罠―グイン・サーガ(40) ハヤカワ文庫JA
アムネリアの罠―グイン・サーガ(40) ハヤカワ文庫JA
栗本 薫

関連商品
虹の道―グイン・サーガ(38)
黒い炎―グイン・サーガ(39) ハヤカワ文庫JA
クリスタルの婚礼―グイン・サーガ(37)
剣の誓い―グイン・サーガ(36)
神の手―グイン・サーガ(35)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/11

グイン・サーガ39

黒い炎―グイン・サーガ(39) ハヤカワ文庫JA
黒い炎―グイン・サーガ(39) ハヤカワ文庫JA
栗本 薫

関連商品
虹の道―グイン・サーガ(38)
アムネリアの罠―グイン・サーガ(40) ハヤカワ文庫JA
クリスタルの婚礼―グイン・サーガ(37)
剣の誓い―グイン・サーガ(36)
神の手―グイン・サーガ(35)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/10

グイン・サーガ38

虹の道―グイン・サーガ(38)
虹の道―グイン・サーガ(38)
栗本 薫

関連商品
クリスタルの婚礼―グイン・サーガ(37)
アムネリアの罠―グイン・サーガ(40) ハヤカワ文庫JA
黒い炎―グイン・サーガ(39) ハヤカワ文庫JA
剣の誓い―グイン・サーガ(36)
神の手―グイン・サーガ(35)
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/09

グイン・サーガ37

クリスタルの婚礼―グイン・サーガ(37)
クリスタルの婚礼―グイン・サーガ(37)
栗本 薫

関連商品
虹の道―グイン・サーガ(38)
剣の誓い―グイン・サーガ(36)
アムネリアの罠―グイン・サーガ(40) ハヤカワ文庫JA
黒い炎―グイン・サーガ(39) ハヤカワ文庫JA
神の手―グイン・サーガ(35)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/08

グイン・サーガ36

剣の誓い―グイン・サーガ(36)
剣の誓い―グイン・サーガ(36)
栗本 薫

関連商品
クリスタルの婚礼―グイン・サーガ(37)
虹の道―グイン・サーガ(38)
黒い炎―グイン・サーガ(39) ハヤカワ文庫JA
アムネリアの罠―グイン・サーガ(40) ハヤカワ文庫JA
神の手―グイン・サーガ(35)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/07

カリスマ(下)

カリスマ〈下〉
カリスマ〈下〉
新堂 冬樹

関連商品
カリスマ〈上〉
無間地獄 上 幻冬舎文庫 し 13-1
無間地獄 下 幻冬舎文庫 し 13-2
炎(ひ)と氷
ろくでなし 下 幻冬舎文庫 し 13-4
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニャンゴロは関連した(BlogPet)

ニャンゴロは関連した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/06

カリスマ(上)

カリスマ〈上〉
カリスマ〈上〉
新堂 冬樹

関連商品
カリスマ〈下〉
無間地獄 上 幻冬舎文庫 し 13-1
無間地獄 下 幻冬舎文庫 し 13-2
炎(ひ)と氷
闇の貴族
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テニスの王子様36

テニスの王子様 36 (36)
テニスの王子様 36 (36)
許斐 剛

関連商品
テニスの王子様 (35)
テニスの王子様 (34)
NARUTO 巻ノ36 (36)
テニスの王子様 (33)
BLEACH 25 (25)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/05

好きよ

好きよ
好きよ
柴田 よしき

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/04

こちら葛飾区亀有公園前派出所 153巻

京都への旅行やら、独身寮への帰巣など相変わらず盛りだくさん。タイムマシンで30年前のタッチの両さんに会いに行く話など、オールドファンならずとも楽しめる。


こちら葛飾区亀有公園前派出所 153巻 (153)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 153巻 (153)
秋本 治

関連商品
こちら葛飾区亀有公園前派出所 152巻 亀有に両津がやってき (152)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 151巻 ようこそアキバへご主 (151)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第150巻)
名探偵コナン 56 (56)
美味しんぼ 97 (97)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/03

グイン・サーガ35

神の手―グイン・サーガ(35)
神の手―グイン・サーガ(35)
栗本 薫

関連商品
愛の嵐―グイン・サーガ(34)
モンゴールの復活―グイン・サーガ(33)
ヤーンの日―グイン・サーガ(31)
ヤヌスの戦い―グイン・サーガ(32)
剣の誓い―グイン・サーガ(36)
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/02

BOOK>グイン・サーガ34

愛の嵐―グイン・サーガ(34)
愛の嵐―グイン・サーガ(34)
栗本 薫

関連商品
モンゴールの復活―グイン・サーガ(33)
神の手―グイン・サーガ(35)
ヤヌスの戦い―グイン・サーガ(32)
ヤーンの日―グイン・サーガ(31)
剣の誓い―グイン・サーガ(36)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/01

BOOK>グイン・サーガ33

モンゴールの復活―グイン・サーガ(33)
モンゴールの復活―グイン・サーガ(33)
栗本 薫

関連商品
愛の嵐―グイン・サーガ(34)
神の手―グイン・サーガ(35)
ヤヌスの戦い―グイン・サーガ(32)
ヤーンの日―グイン・サーガ(31)
剣の誓い―グイン・サーガ(36)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »