« 大奥 | トップページ | BOOK>グイン・サーガ26 »

2006/12/25

グレート・ギャツビー

村上春樹というだけでもその本を読みたくなる。村上春樹論ということでも読みたくなってしまう。そして村上春樹訳ということであれば読まずには居られません。

物語は古典という部類に入りかけているのにも、関わらず現代に適した形での訳語になっているのかな。すごく読みやすいし、違和感もない。そして、村上春樹の言葉がしっかりと根付いているから、たまらない。


グレート・ギャツビー
グレート・ギャツビー
スコット フィッツジェラルド Francis Scott Fitzgerald 村上 春樹

関連商品
「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?
キャッチャー・イン・ザ・ライ
はじめての文学 村上春樹
「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?
カラマーゾフの兄弟1
by G-Tools

|

« 大奥 | トップページ | BOOK>グイン・サーガ26 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/13100494

この記事へのトラックバック一覧です: グレート・ギャツビー:

« 大奥 | トップページ | BOOK>グイン・サーガ26 »