« 全力投球!!06'冬 | トップページ | グレート・ギャツビー »

2006/12/24

大奥

個性的なキャラクターをピッタリとした俳優が演じていて、違和感なくとても楽しめる映画だ。

§

テレビドラマというものを一切見ないので、人気ドラマシリーズといわれても、果たしてどのようなものか。

大奥をテーマに女性の愛憎劇を演じるというのに、恋愛ドラマを想像していました。基本的には恋愛ドラマという根底はやはりなのでしたが、それ以上に人間模様と政(まつりごと)への権力への執着が絡み合って、まぁ面白い。

そして様々な人間が個性的は俳優によって演じられていますが、それらがまたその俳優のイメージとあいまってまた面白し。

主人公の絵島を演じる仲間由紀恵。相手方に西島秀俊。

大奥総取締という重役ながら、煌びやかさを前面に出したところが特徴なのでしょうか。

西島秀俊演じる生島という歌舞伎役者もよかったですね。粋ですがすがしい。男と女の妙を知っている。そんなところがカッコイイ。

ちなみに歌舞伎役者は昔女性に買われていたというのは本当なのでしょうか。

井川遥演じる月光院もまた井川遥の美人ながらか弱し演技に、やられました。「大停電の夜に」の中でも、どこかしら不幸な女性を演じていましたが、何かそれが似合う女性という気がしました。

印象的だったのは杉田かおるでしょうか。相手に乗るよう名乗らないような。不可思議な行動がまた奇妙にひきつける。恋に狂う女の怖さをモノの見事に表現。いやはや。

印象的な台詞がまた物語をひきつける。生島と絵島二人で船に揺られるシーン。

大火事の最中に宿屋に駆け込む二人。花火を二人で眺めているところはとても綺麗でしたね。花火に感激する絵島の言葉が忘れられません。

ドラマ版を見ることがあるかどうかわかりませんが、時間さえあれば見てみたいですね。

|

« 全力投球!!06'冬 | トップページ | グレート・ギャツビー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/13187158

この記事へのトラックバック一覧です: 大奥:

« 全力投球!!06'冬 | トップページ | グレート・ギャツビー »