« ウィンター・ソング | トップページ | BOOK>本の話 絵の話 »

2006/11/12

サッド・ムービー

4つのエピソードが織成す一つの物語。泣きます。泣きます。

§

韓国映画って本当に面白いですね。ストーリーがとにかくべったりとしているんですが、安心感がある。辺にこだわったり、奇妙奇天烈を狙うわけではない。王道を地で行く展開。

オムニバス形式化と思っていたのですが、それぞれのエピソードがそれぞれちょっとずつ絡み合いながら、一つの映画を構成している。

消防士と手話通訳の彼女のエピソード。指輪を送ろうとしながらもすれ違いの日々を送っている。プロポーズを待ち焦がれる女性。仕事の都合もあり、タイミングを逃し続ける男性。

無職でバイト生活の男性とスーパーでのパートタイムに明け暮れる女性。3年間の変わりばえのしないお互いの関係に嫌気をさして別れを告げる女性。好きな人と一緒に居るために仕事を見つける男性。新しく始めた仕事は人の恋を終わりにする「別れ屋」。

遊園地で似顔絵の仕事をしている男性に、着ぐるみで白雪姫を演じる少女。少女は耳が聞こえない。顔には火傷の跡。決して声も出さなければ、顔も見せない。着ぐるみのキャラクターを演じながら男性にアタックを仕掛ける少女。

仕事に忙殺されて子供とのコミュニケーションがうまくいっていない親子。そしてある日母親は事故にあってしまうのだが、そこで判明する病気。子供に襲いくる現実。

いつも晴天続きの日々。梅雨の到来と共に訪れる涙。

§

それぞれのエピソードでもう涙があふれそうでたまりませんでした。

エピソードとしてはどれもこれもすきなのですが、面白かったのは絵描きと着ぐるみでしょうか。小人たちの名演技にも魅せられました。気ぐるみをとって絵を描いてもらうシーンは心に残したいワンシーン。

親子のエピソードはもう涙が止まりません。病院の外で泣いている子供。たまりません。

別れ屋に依頼をした女性。女性が見ながらガラスに映る自分に別れを言い聞かせる男性。そっとそこに置いた傘。仕事帰りにかさの手持ちがない女性に、ふっと目に止まる一つの傘。何気なく手にとって広げて気づく、男性からの想い。

火災事故で帰らぬ人となる消防士。遺品の中にあった指輪。火災現場に残ったカメラに映る男性。そして最後のメッセージ。消えていく男性の姿。

梅雨の時期に思い出してしまいそうな映画です。

§

「Sad Movie」パーフェクトガイドBOOK

ぴあ
売り上げランキング: 66661
サッドムービー
サッドムービー
posted with amazlet on 06.11.12
橘 もも 百瀬 しのぶ
講談社
売り上げランキング: 14961
サッド・ムービー オリジナルサウンドトラック (韓国盤)
韓国映画サントラ
T-Entertainment CO. Ltd (2005/10/18)
売り上げランキング: 32585

|

« ウィンター・ソング | トップページ | BOOK>本の話 絵の話 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/12655171

この記事へのトラックバック一覧です: サッド・ムービー:

» 「Sad Movie〈サッド・ムービー〉」 [上野樹里【上野樹里画像・動画・のだめカンタービレ】]
見所はコチラ→ [続きを読む]

受信: 2006/11/14 16:18

» 『Sad Movie サッド・ムービー』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『Sad Movie サッド・ムービー』鑑賞レビュー! 愛はどうして終わる 瞬間に一番輝くのだろう “あいしてる”の数だけ、“さよなら”がある 『Sad Movie <サッド・ムービー>』は 『悲しい映画』と言う直訳の意味を超え “別れ”の向こう側にある 温もりまでをも表現している そして、“別れ”を描くことで逆に 人と触れ合う大切さや 人を愛する意味を教えてくれる 心に触れる感動作となっているのだ 本作の主人公は皆 “別れ”を... [続きを読む]

受信: 2006/11/15 21:46

» サッド・ムービー [韓国ドラマあらすじブログ]
TB失礼致します。韓国ドラマのあらすじを紹介しています。今回は泣ける映画と評判の「サッド・ムービー」です。 [続きを読む]

受信: 2006/11/17 18:44

» サッド・ムービー(韓国) [映画でココロの筋トレ]
公開がどれほど待ち遠しかったことかっ!! GyaOで散々予告を観させられましたからね。 やっとやっと観ることができましたチョン・ウソン。 じゃなくて「サッド・ムービー」( → 公式HP  ) 出演:チョン・ウソン 、チャ・テヒョン 、イム・スジョン 、ヨ... [続きを読む]

受信: 2006/11/21 11:11

» 映画「Sad Movie <サッド・ムービー>」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:sad movie その年、梅雨はいつもより早くやってきた。レジで働く彼女を遠目に、自分の姿はウィンドウに重ねて、・・別れを告げる・・残された少し壊れた傘が物悲しい・・・ 愛の高まりに至るとき、訪れる悲しい別れ、人生の悲哀が胸に迫り心に痛い。4組8人の愛情と別離... [続きを読む]

受信: 2006/11/25 16:38

» Sad Movie -サッド・ムービー- 〜愛はどうして終わる瞬間に一番輝くんだろう〜 [頑張る!独身女!!]
『私の頭の中の消しゴム』『デイジー』に出演した“チョン・ウソン”が主演って事で見に行きました。 [続きを読む]

受信: 2006/12/03 20:20

» 「サッド・ムービー」みてきました。 [よしなしごと]
 最近涙腺がゆるいかも。テレビドラマDr, コトー2006を観て目頭が熱くなり、さだまさしのコンサート観て涙流し・・・。「サッド・ムービー」なんて観たらやばいかも。。。 [続きを読む]

受信: 2006/12/10 18:48

« ウィンター・ソング | トップページ | BOOK>本の話 絵の話 »