« 黒猫/モルグ街の殺人 | トップページ | 裏ネタ全書 どこか怪しい世間のカラクリ551 »

2006/11/07

BOOK>街の灯

北村薫といえば「私」シリーズや「覆面作家」のシリーズが大好きなのですが、本書はシリーズもの第一弾である。舞台を現代から昭和初期に移し、今までの味わいとは異なるものとなっている。しかしその魅力は色あせない。

今の時代では見られない夢のような物語。

街の灯
街の灯
北村 薫

関連商品
詩歌の待ち伏せ〈1〉
詩歌の待ち伏せ 2
桜宵
黒と茶の幻想 (下)
黒と茶の幻想 (上)
by G-Tools

|

« 黒猫/モルグ街の殺人 | トップページ | 裏ネタ全書 どこか怪しい世間のカラクリ551 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/10150864

この記事へのトラックバック一覧です: BOOK>街の灯:

« 黒猫/モルグ街の殺人 | トップページ | 裏ネタ全書 どこか怪しい世間のカラクリ551 »