« ただ、君を愛してる | トップページ | バガボンド 24 »

2006/10/29

虹の女神

何気ない日常生活を送っているのに、突然人が死ぬ。今まで居た人がいなくなる。

§

映画の中でも映画研究会として映画を撮っているのですが、あまり小難しい薀蓄はありません。それよりも映画に対しての愛着の強さを感じさせる場面などが多々あり、そちらがとても面白かった。カメラとフィルムに愛着を持っているところなど、微笑ましく感じられる。

一つ一つのシーンが日常生活を切り取ったような構成になっていて、そこで展開されるやり取りも決してドラマティックではありません。普段から一緒に居る、こなれた関係の安心感とも言うべき空気があります。

映画のタイトルにも歌われている虹もストーリーに彩を加える重要な役割になっています。全体的に落ち着いた雰囲気のあるこの映画の中で、特別な色を放っています。

基本的には不器用で下手くそな恋愛物語なのですが、その中で印象的だったのはデートクラブの帰り道に冗談混じりでプロポーズされたシーン。冗談でプロポーズした男性に本気で怒る。ぼこぼこと殴る蹴る。二人の微妙な関係の面白さが現れているシーン。

相田翔子演じる女性はかなり面白かった。というか、この映画の中で異彩を放っているのに、絶対に必要でもあると思わせる魅力がある。年齢詐称がばれそうになっているシーンなど笑うに笑えない迫力がありました。もしあんな女性につかまって結婚でもしようものなら、その後どうなってしまうのでしょうか。すごく気になりました(^^;。

ヒロインの自宅でみつかった自主制作映画「THE END OF THE WORLD」の上映シーン。それまで制作シーンなどはあったのに、上映シーンがなかった。ここで初めてのお目見えになります。こざっぱりとした映像にシンプルなストーリー。それなのにそれまでに積み重ねてきた二人の軌跡を、この映画に重ねてしまい、なんともいえない味わいを感じました。

§

虹の女神―Rainbow Song
虹の女神―Rainbow Song
posted with amazlet on 06.10.29
桜井 亜美
幻冬舎
虹の女神 Rainbow Song(初回生産限定盤)(DVD付)
サントラ
Sony Music Direct (2006/10/18)
虹の女神 Rainbow Song Navigation
アミューズソフトエンタテインメント (2006/09/22)

|

« ただ、君を愛してる | トップページ | バガボンド 24 »

映画」カテゴリの記事

コメント

「THE END OF THE WORLD」も、かなり自主映画らしくてよかったとおもいます(笑)あのフィルムとこの映画全体がいい感じで相互関係になっているんですよね。

投稿: てれすどん2号 | 2006/10/30 01:04

てれすどん2号さん>
映画の中でもたびたび撮影風景が写されていましたし、その映像がしっかりとした形で効果的に使われていて面白かったです。

投稿: ニャンゴロ | 2006/10/30 05:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/12479041

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の女神:

» 「虹の女神」試写会レビュー  やっぱり好きだった。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
HP観て、また人死んで悲しくなる映画か、けっ!とか思ってたけど、やっぱり岩井俊二やなぁ〜、ええわ〜、とやっぱり高評してしまう映画だ。 [続きを読む]

受信: 2006/10/30 00:21

» 虹の女神/Rainbow Song [Akira's VOICE]
人間は,思い出があるからこそ生きていける。 悔いがあるから前に進める! [続きを読む]

受信: 2006/10/30 15:42

» 『虹の女神 Rainbow Song』 [アンディの日記 シネマ版]
切ない[:ショック:][:ショック:][:ショック:][:ショック:]       2006/10/28公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】熊澤尚人 【プロデュース】岩井俊二 【脚本】桜井亜美/齊藤美如/網野酸 【主題歌】種ともこ 『The Rainbow Son... [続きを読む]

受信: 2006/10/30 22:58

» 虹の女神 [Kinetic Vision]
いっしょに缶ジュースを飲んだり、たわいもない話をしながら一緒に歩いたり、なにげなく空を一緒に見上げたり、そんな日常のなんでもない時間を共有してくれる人は、僕らにとってかけがえのない人になる。そんな人はめったに... [続きを読む]

受信: 2006/10/31 21:37

» 虹の女神 Rainbow Song [欧風]
先週も映画ハシゴ観したんですが、28日から公開の映画も結構観たいのが多いんですよね~。そんなに立て続けに公開しなくてもいいじゃんって思う訳ですけれども。私は邦画の方が好きなので、それだけ最近は邦画が多いって事か。今回は一番近いイオン下田TOHOシネタウン1館で済ませましたよ。 [続きを読む]

受信: 2006/10/31 21:49

» 【劇場鑑賞118】虹の女神 Rainbow Song [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
『彼女の死は、突然訪れた。』 あんなに近くにいたのに。 君が僕に伝えたかったこと──。 [続きを読む]

受信: 2006/11/01 00:39

» 虹の女神 Rainbow Song [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:熊澤尚人 キャスト:市原隼人       上野樹里       蒼井優       酒井若菜       相田翔子、他 ■ストーリー■  小さな映像製作会社で働く岸田智... [続きを読む]

受信: 2006/11/01 07:27

» Γ虹の女神」どこに女神がいたのだろうか [soramove]
Γ虹の女神」★★★☆劇場にて 市原隼人、上野樹里主演 熊澤尚人 監督、2006年 学生時代の友人が 飛行時事故で死んでしまった。 そこから始まって、出会いから 現在まで主人公と友人の物語。 夢半ばで事故に巻き込まれて 死んでしまうというのは あまりに...... [続きを読む]

受信: 2006/11/01 19:39

» 青春は、過ぎてから気付く宝物。『虹の女神』 [水曜日のシネマ日記]
社会に出た一人の青年の目から見た、大学時代の青春を描いた物語です。 [続きを読む]

受信: 2006/11/03 09:27

» 虹の女神 = 日本 [a day on the planet]
  近くにいたのに。 監督よりも、岩井俊二色が強い作品だったように思う。 どこか不思議で、可愛くて、ほんわかしたところが。 [続きを読む]

受信: 2006/11/04 11:48

» 『虹の女神 Rainbow song』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
今回は『虹の女神 Rainbow song』の舞台挨拶。生・市原隼人は、先週の『天使の卵』(ココ)に続いて、2週連続2度目。生・上野樹里は、去年の『サマータイムマシン・ブルース』(ココ)以来こちらも2度目。それと岩井俊二プロデューサーと熊澤尚人監督に加え、予定されてい...... [続きを読む]

受信: 2006/11/04 16:36

» 虹の女神 Rainbow Song [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
虹の女神 Rainbow Song (出演 市原隼人、上野樹里) 2006年10月28日 劇場初公開 公式サイト: http://rainbowsong.jp/start.html ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン2 D-13 2006年11月1日(水)14時30分の回 ゴウ先生総合評価: A-   画質(ビスタ): B   音質(SR-D): B+... [続きを読む]

受信: 2006/11/04 17:47

» 「虹の女神」韓国でドラマ化決定! [上野樹里【上野樹里画像・動画・のだめカンタービレ】]
上野樹里&市原隼人→ [続きを読む]

受信: 2006/11/04 20:14

» 『虹の女神 Rainbow Song』 [唐揚げ大好き!]
? ? 『虹の女神 Rainbow Song』 ? 「不思議な虹を見た・・・」 ? 予告編や映画のチラシに掲載されている設定を読むと、割と切ない系の恋愛映画かなと思っていました。 大学時代の友人だった佐藤あおいがアメリカで飛行機事故に遭い命を落としてしまう。 主人公であ... [続きを読む]

受信: 2006/11/05 06:18

» 『虹の女神 Rainbow Song』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『虹の女神 Rainbow Song』鑑賞レビュー! 大切な人の存在を もう一度確かめたくなる 愛の物語 人は大切な誰かを失った時、何を考え 何を思うのだろう…… そして、その後の時間に 何を見出して生きてゆくのだろう…… この作品はいつも側にいるのが 当然の人の突然の死から始まります 本作品は岩井俊二が自身の作品以外で はじめてプロデューサーをつとめる 岩井俊二の強い希望により原案を書き下ろし 脚本にも参加したのは作家の桜井... [続きを読む]

受信: 2006/11/06 03:11

» 虹の女神 [頑張る!独身女!!]
この映画の感想をどのように表現したらいいのかなぁ。 [続きを読む]

受信: 2006/11/09 20:47

» 『虹の女神 Rainbow Song』(熊沢尚人)@TOHOシネマズ錦糸町 [香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎]
公式サイト→http://rainbowsong.jp/start.html 先週末の日曜日(5日)のレイトにて。高田馬場で頭を悩まし(?)、木場のプールで体力を消耗した後、「頭脳・肉体疲労にはやっぱ、アレしかないでしょ?」と勇んで行くも、呆気なく、麺切れの死刑宣告を受ける。まだ確か、... [続きを読む]

受信: 2006/11/10 18:58

» 虹の女神 Rainbow Song [丼 BLOG]
(06年11月鑑賞) 「あー。青春だー。切ないのう。ビターよのう。でもそれが良い... [続きを読む]

受信: 2006/11/19 00:47

» 虹の女神 Rainbow Song [シネマ de ぽん!]
虹の女神 Rainbow Song公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合 [続きを読む]

受信: 2006/11/23 11:44

« ただ、君を愛してる | トップページ | バガボンド 24 »