« 涙そうそう | トップページ | BOOK>運命は「口ぐせ」で決まる »

2006/10/01

夜のピクニック

ただ歩く。ただ歩いて24時間。80キロ。それでも24時間後、80キロ後にはものすごい変化があるから不思議だ。

§

80キロ歩くのってなかなかできることじゃないっすよね。たぶんどんなに準備をしても自分には無理だろうな(^^;。

メインキャストの多部未華子と石田卓也演じるクラスメートは実は異母兄妹。映画中では中盤あたりまでなかなか明かされないまま微妙な空気が続いています。全然隠し種でもないし、これを先に知っておかないとこの微妙な空気の些事が楽しめません。この関係によって二人は意識をしながらも、交わることのできない状況がずっと学校生活の中で続いていたようですね。

§

映画中ではこのイベント中に告白タイムとという重大なイベントが、生徒たちの中ではメインとなっているようでこの辺の楽しみというかタイミングの計り方がまた楽しませてくれます。当人からすれば一日中頭はきっとそればっかりなんだろうけれど、観客としてみている自分としては余裕しゃくしゃく。ふふふのふんとばかりにニヤケていました(笑)。

基本的には歩いている中でのドラマの展開になるのですが、ストーリーとは一歩はずれたところに脇役のキャラがまた微妙に面白い。仮面をかぶった兄妹(?)。元気そうだけれども実は元気じゃない教師。なんでかバナナ商人もいたり。たぶんいなくても困らないのだけれども、いるからこそこの微妙な空気がまた出てくるんだろうな。

ストーリーとも絡んでくるロックな青年がひたすらに面白い。あほなんだかばかなんだかわからんけれども、こういう奴っていつの時代にもどこにでもいたよなって思うようなキャラでした。微笑ましい。必要不可欠な人材です。

§

兄妹は、声をかければ十二分に話せる距離にいるのに、ずっと互い違い。普通に見たらどう見ても憎み合う二人。歩行会もラストに、タイミングをつかみ会話をしてみれば、お互いのことを実はよく知っている二人。あの瞬間がたまりませんでした。ギクシャクと会話を続けるうちに、あっという間に自然で当然の会話になる様が好きです。

ゴールとスタートが一緒という憎い演出がまたたまりません。

§

「夜のピクニック」INSPIRED BEST ALBUM
「夜のピクニック」INSPIRED BEST ALBUM
オムニバス MONKEY MAJIK mihimaru GT

関連商品
ピクニックの準備
Short Cakes
青空のゆくえ
One and Only
カミヒコーキ進化論
by G-Tools
夜のピクニック
夜のピクニック
恩田 陸

関連商品
ロミオとロミオは永遠に〈上〉
ロミオとロミオは永遠に〈下〉
アキハバラ@DEEP
照柿(上)
照柿(下)
by G-Tools

|

« 涙そうそう | トップページ | BOOK>運命は「口ぐせ」で決まる »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/12113376

この記事へのトラックバック一覧です: 夜のピクニック:

» 映画『夜のピクニック』 [健康への長い道]
会社帰り、神戸三宮で本日より公開の映画『夜のピクニック』を観てきました。 初日というのに客席はがらがら#63909;。土曜の夜は映画どころじゃないってことですかね・・・#63893;。 年に一度の、高校生活最大のイベント「北高歩行祭」。24時間、夜を徹して..... [続きを読む]

受信: 2006/10/03 00:12

» 夜のピクニック [花ごよみ]
  みんなで夜歩く。 ただそれだけなのに、 どうしてこんなに特別なんだろう。 第2回本屋大賞を受賞した、 恩田陸の同名小説の映画化。   1000人で一緒に24時間80kmを歩く歩行祭   特別なこの日だから私は秘密の賭けをする かなり前に原作 を読んだので、 記憶は曖昧ながら、  あらすじは、 おおよそ分かっていました。 ただ歩くだけのストーリーを、  映画になんてできるとは、 思っていませんでした。... [続きを読む]

受信: 2006/10/17 09:23

« 涙そうそう | トップページ | BOOK>運命は「口ぐせ」で決まる »