« 小説集―絵の中の物語 | トップページ | 虹の女神 »

2006/10/29

ただ、君を愛してる

何も知らないまま、ただ素直に見てもらいたい。そして味わってほしい。

§

主演は玉木宏と宮崎あおい。二人は大学生。二人の学部は違う。出会いは横断歩道。交通量が多いのにもかかわらず、信号のない横断歩道を無心に手を上げて渡ろうとしている宮崎あおい。そこで玉木宏が声をかけたのがきっかけ。ここはわたるのは無理だからこの先の横断歩道を薦める玉木。それでもわたろうとする宮崎。宮崎曰く、「止まってくれる親切な人がどれくらいいるか知りたいから--」。

どことなく人と違うというかのほほんとしているのか、自分は薬臭いのではないかというコンプレックスを抱いている玉木。周りの空気に溶け込むのにも時間がかかったり、人との行動にちょっとずれを感じる時もある。それもまぁご愛嬌というところだろうか。

一方の宮崎あおい演じる静流(しずる)はちょっと変わっている。慢性鼻炎で鼻をいつもずるっとしている。髪もぼっさぼさ。主食はドーナッツクッキー。どことなく全部がヘン。自分は成長ホルモンが足りないといっている不思議なところもある。

写真を撮る場所として森が選ばれていますが、あんな開けた森があったらすごくいいですよね。すごく癒されそうです。

大学生活では同じ学部たちの友達として5人ほど登場しますが、意外と個人のエピソードっぽいのがあまりなかったのがちょっと残念かな。黒木メイサはかなり目立っているし、微妙な三角関係を描いていたので個人的なエピソードがもう少し匂わせても楽しみが増えたかも。

中心はやはり宮崎あおいでしょう。不思議少女とも違う、愛くるしい仕草に、不思議な言動。前述の「私には成長ホルモンがちょっとたりない」なども奇妙といえば奇妙。他にも違和感の伴う、言動があったりしてやっぱりただの不思議少女なのかと思っていました。

写真展に応募することになり、テーマを「キスする恋人」とする宮崎あおい。二人は森の中で始めてのキスを交わす。このシーン、いいっすねぇ~。二人ともあまり緊張感がない。かといって擦り切れているわけでもない。本当に自然な感じでキスをしている。森の中ですっと馴染んでいました。遠景の森を映した映像がえらく美しかった。


--そして、そのまま宮崎あおいは消えてしまう。本当になぜだか分からないまま、突然に。

取り残された玉木は同じ場所で待つことにする。ただ待つことにする。

そして届いた手紙の住所はニューヨーク。そして知る、真実。

涙が止まりません。


§

今年宮崎あおい主演映画として「好きだ、」「初恋」と、この「ただ、君を愛している」を観ましたが、どれもこれも素晴らしくぐっとくる映画ばかりだったのが印象的です。ちょっと早いですがこの3本は2006年ベスト5に挙げたい。

§

ただ、君を愛してる
ただ、君を愛してる
posted with amazlet on 06.10.29
市川 拓司 吉野 阿貴
小学館
玉木宏 PHOTO STORY BOOK「ただ、君を愛してる」
里中 静流
角川メディアハウス
ただ、君を愛してる オリジナル・サウンドトラック
サントラ 池頼広
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2006/10/18)
ただ、君を愛してる ~天国の森で君を想う~
レントラックジャパン (2006/10/20)
恋愛写真
恋愛写真
posted with amazlet on 06.10.29
大塚愛 愛 Ikoman
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2006/10/25)

|

« 小説集―絵の中の物語 | トップページ | 虹の女神 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/12479019

この記事へのトラックバック一覧です: ただ、君を愛してる:

» 二人だけの場所、恋人時間。~「ただ、君を愛してる」~ [ペパーミントの魔術師]
11:20.千日前国際シネマにて。 あ、そうそう パンフレット買ったら、 本来前売り券の購入でもらえるはずのこの2枚の写真いり ミニアルバム、いっしょにくれましたっ。ラッキー♪ 原作はすでに読んでてオチはわかってたんですが、 それでも十分胸キュンでした。 ち..... [続きを読む]

受信: 2006/10/31 18:19

» 「ただ、君を愛してる」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ただ、君を愛してる」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:玉木宏、宮崎あおい、黒木メイサ、小出恵介、上原美佐、青木崇高、大西麻恵、他 *監督:新城毅彦 *主題歌:大塚愛『恋愛写真』 *原作:市川拓司『恋愛寫眞 もうひとつの物語』 感想・評..... [続きを読む]

受信: 2006/10/31 21:54

» 「ただ、君を愛してる」試写会レビュー 二人の笑顔、恋愛写真。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
これは期待以下じゃないか、と一時不安にはなったが、しっかり泣かせてくれた。やはり、てれすどん2号の観たかった映画、てれすどん2号の好きな映画「ただ、君を愛してる」。何回も観ろ!とはあえて言いません。試写会もまだ催されるらしいすし、しっかり一回、劇場でご覧いただきたいと思いますm(_ _)m... [続きを読む]

受信: 2006/11/01 19:23

» 『ただ、君を愛してる』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『ただ、君を愛してる』鑑賞レビュー! 2003年に公開した 『恋愛寫眞 Collage of Our Life』の アナザーストーリー "もうひとつの物語" 公開日::::2006年10月28日 全国東映系にて公開 制作::::2006/日本/カラー 上映時間::::116min(1時間56分) 配給:東映 _/_/_/_/ ストーリー_/_/_/_/ 大学の同級生で 写真撮影を通して距離を縮めていった 誠人(まこと)と静流(... [続きを読む]

受信: 2006/11/02 07:10

» 伏線にやられた「ただ、君を愛してる」〜また、涙を流してる [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
宮崎あおい、玉木宏主演 「ただ、君を愛してる」 アンチ沢尻エリカ作品? 東映の宣伝の方は「虹の女神」に 負けたくないと言っていましたが・・・ (bobbyshiroはどちらも好きです。) ふとしたきっかけで 男女二人。 女は男を愛し 男はそれに気がつかない。 男女に友情は成立するの? 単純な展開で 美しい映像と 癒される音楽とともに すすんで行く物語。 納得のいく展開で 「別に」って感じで見てたけど�... [続きを読む]

受信: 2006/11/02 22:18

» ただ、君を愛してる [欧風]
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目「虹の女神」、2本目 [続きを読む]

受信: 2006/11/03 09:32

» ただ、君を愛してる [映画・DVD blog]
恋をしてはいけない運命にありながら、恋をしてしまった。 それでも好きな人のために一途に想いを寄せる、切ないラブストーリー /出演:玉木宏、宮崎あおい、小出恵介、上原美佐、黒木メイサ... [続きを読む]

受信: 2006/11/03 16:34

» 【MOVIE 】ただ、君を愛してる [思いつくままに]
■感想など そこでメガネをはずすなんて、ずるい...。 初日に観に行きました。メガネっ娘好きがひょっとしたら押し寄せてるかも しれないとドキドキしていましたが、割と席も簡単に取れました。 または、カップルが大半かと思っていたのですが、自分も含め、意外と一人で 観に来ている人が多かったように思います。 恋をしてはいけない運命というものがどういうものか分かりませんでした。 ... [続きを読む]

受信: 2006/11/05 10:30

» ただ、君を愛してる [y's style cafe]
なんて題名にしようかな、と迷ったけれどストレートに書くことにしました。 「ただ、君を愛してる」 ひょっとしたら、今年一番の映画かもしれません。 少なくとも僕の心の中で。 あえて原作は読まずに見て来ました。 何の先入観もなしに、素直に見れるから。 こんなにもピュアで可愛くて、そして切ないラブストーリーはなかなかないんじゃないかな。 “生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋” ラストシーンは是非、映画館で見て下さい。 愛する人と一緒に。 ちょっぴり悲しいストーリーだけれ... [続きを読む]

受信: 2006/11/06 09:33

» ただ、君を愛してる 宮崎あおいにぞっこんになる映画 [もっきぃの映画館でみよう]
タイトル:ただ、君を愛してる /東映 ジャンル:ラブファンタジー/2006年/116分 映画館:梅田ブルク7 鑑賞日時:2006年11月5日13:10満員売切 私の満足度:75%  オススメ度:70% 今年はなぜか宮崎あおいの作品を見る機会が多く4本目。 もともと私が唯一、舞台挨拶を2回見た女優さんでもあり、 朝ドラでの「桜子」も、うまいなあと思っていたので 苦手なラブストーリですが、行ってきました。 タイトルがタイトルだけに?... [続きを読む]

受信: 2006/11/11 23:59

» 映画「ただ、君を愛してる -HEAVENLY FOREST-」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
男にも女にも子供にも、逆さまのテルテル坊主にさえも、泣かされた「いま、会いにゆきます」・・そして「恋愛写真 もうひとつの物語」が、ここに始まる・・ 誠人(玉木宏)と静流(宮崎あおい)の最初の出会いは、大学の入学式の日・・人ごみにコンプレックスのある誠人が大学の周... [続きを読む]

受信: 2006/11/14 00:50

» ただ、君を愛してる [いろいろと]
  出演  玉木宏、宮崎あおい、黒木メイサ        小出恵介 ほか 大学 [続きを読む]

受信: 2006/11/21 20:31

» ただ、君を愛してる [シネクリシェ]
 いい映画だったのだろうと思います、おそらく……。  と実に歯切れの悪いもの言いですが、それもそのはず。宮崎あおいがうますぎるので、彼女が出 [続きを読む]

受信: 2006/11/23 08:39

» 「ただ、君を愛してる」見てきました。 [よしなしごと]
 あの感動作「いま、愛にゆきます」の市川拓司がおくる、「ただ、君を愛してる」を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006/11/26 17:24

« 小説集―絵の中の物語 | トップページ | 虹の女神 »