« 本屋さんの仕事 | トップページ | ジェットエンジンに取り憑れた男 »

2006/10/22

地下鉄(メトロ)に乗って

人の心を惹き付けて止まない。一人一人の個性が混ざり合って、一つの色を成して、クライマックスを迎える。今の自分がある不思議。そんな当たり前のことも不思議に思う。ふとした事に気づかされる映画だ。

§

冒頭の地下鉄永田町での恩師との出会いからの導入。思わせぶりな口調にのみ込まれ、プラットフォームもいつもとは違う空気が漂う。この瞬間にすでにこの映画の魅力と不思議な空気に魅せられました。

台詞中に地下鉄の面白さが、至る所に盛り込まれているのですが、都内の地下鉄を日ごろから利用していればピンとくるところなのでしょうが、そうでないとちょっと物足りなさや違和感を覚えるかもしれません。私も日ごろから地下鉄を使っているので、都営地下鉄は確かにどこにでもいける便利さを感じる一人。ものすごく便利なのですが、未だに迷いますが。

§

主人公演じるのは堤真一、岡本綾、大沢たかお、常盤貴子。大沢たかおは青年時代から壮年時代までを演じ分ける。見所のある役どころでした。

物語は現代と過去の時代を行ったりきたり、法則性はなく、唐突にいきわたる。しかしながらストーリーはしっかりと一本の道筋を辿っているので、話に迷うことはない。むしろ相関して盛り上げるところもあるくらいだ。

面白いなと思ったのは過去に戻る時間が一定ではないことかな。古い時代→新しい時代でもなく、新しい時代→より古い時代へ遡るわけでもなく、物語にあわせて適時大切な時間へ戻る。最初古い時代へ戻っていくのかなと思っていて、勝手に父親の一番大切な時にでも戻って、その後の人生への契機でも描くのかと思っていたのですが、結果は予想以上の展開でした。

クライマックスでもある、母親が営む会談上のBARにて一同が集うあのシーンは名場面でした。バラバラにも感じていたストーリーがすべてあの瞬間に集約された。そして思い至る、この映画の魅力。それまで父親と息子の話を中心に描かれていてサブ的な母娘のストーリーが一気に中心に躍り出て、物語を珠玉のものとする。岡本綾演じるみち子に涙、涙です。オムライスがとてつもなく愛おしく思えた。


父親の人生の岐路にいつも自分の息子が関わっている。タイムスリップ系のお話では良くありがちですが、この映画では面白みというよりも、その瞬間の大切さと、その後に続く道のり(影響)の大きさの計り知れなさを感じます。何がどうなるかわからないけれども、後で思い返すとあの時の言葉が響いていることってありますよね。


§

地下鉄(メトロ)に乗って
地下鉄(メトロ)に乗って
浅田 次郎

関連商品
天国までの百マイル
椿山課長の七日間
鉄道員(ぽっぽや)
蒼穹の昴(1)
真夜中の喝采―きんぴか〈3〉
by G-Tools
地下鉄(メトロ)に乗って―特別版
地下鉄(メトロ)に乗って―特別版
浅田 次郎

関連商品
中原の虹 第一巻
あやしうらめしあなかなし
ブラッカムの爆撃機―チャス・マッギルの幽霊 ぼくを作ったもの
夜のピクニック
名もなき毒
by G-Tools

|

« 本屋さんの仕事 | トップページ | ジェットエンジンに取り憑れた男 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/12373461

この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄(メトロ)に乗って:

» 「地下鉄(メトロ)に乗って」 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
丸の内ピカデリー2で昨日公開になった 「地下鉄(メトロ)に乗って」を観てきました。 東京を縦横無尽に張り巡らせている地下鉄で過去へタイムスリップし、 時空を超えた真実の愛を描いた浅田次郎の同名の小説を映画化。 不思議の過去へ旅に迷い込む 主人公・真次に「ALWAYS ..... [続きを読む]

受信: 2006/10/22 20:20

» 地下鉄(メトロ)に乗って [★試写会中毒★]
満 足 度 :★★★★     (★×10=満点)  監  督 :篠原哲雄 キャスト :堤真一        岡本綾              常盤貴子        大沢たかお 、他 ■ストーリー■  長谷部真次(堤真一)は下着メーカーの営業マ... [続きを読む]

受信: 2006/10/23 01:37

» 地下鉄(メトロ)に乗って [悠雅的生活]
地下鉄はいい。思った場所に自在に行ける。 [続きを読む]

受信: 2006/10/25 21:16

» 【劇場鑑賞115】地下鉄(メトロ)に乗って [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
あなたは、父になる前の父親を知ってますか? あなたが生まれる前の母親に会いたいですか? いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった───。 [続きを読む]

受信: 2006/10/26 23:17

» 『地下鉄に乗って』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『地下鉄に乗って』鑑賞レビュー! 121分間のタイムスリップファンタジー いつもの地下鉄を降りると、そこは 昭和39年の東京だった....。 時代を超えてメトロが繋ぐ 激しくも切ない愛の物語 日本中を涙させた 『鉄道員』から7年 この秋 感動の浅田ファンタジー再び あなたは父になる前の父親を知っていますか? あなたが生まれる前の母親に会いたいですか? 韓国で 700 万人を驚愕させた 『殺人の追憶』のエディター キム・ソンミ... [続きを読む]

受信: 2006/10/26 23:43

» 地下鉄(メトロ)に乗って [欧風]
さて、21日の映画ハシゴ観ですが、1本目は舞台挨拶があったので、「シネマヴィレッジ8」で [続きを読む]

受信: 2006/10/29 09:19

» 地下鉄(メトロ)に乗って [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
地下鉄(メトロ)に乗って (出演 堤真一) 2006年10月21日 劇場初公開 公式サイト: http://www.metro-movie.jp/ ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン7 D-6 2006年11月1日 12時15分の回 ゴウ先生総合評価: C   画質(スコープ): B   音質(SR-D): B... [続きを読む]

受信: 2006/11/06 12:40

» 東京国際映画祭オープニング「父親たちの星条旗」華やかに上映 [soramove]
東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。 今年も行ってきました。 出演者の舞台挨拶は地味目でした。 一昨年はここでトム・ハンクス「ターミナル」を見ました。 昨年は高倉健さんが舞台挨拶だったな。 「父親たちの星条旗」★★★★オススメ ライアン・フィリ...... [続きを読む]

受信: 2006/11/11 20:18

« 本屋さんの仕事 | トップページ | ジェットエンジンに取り憑れた男 »