« 映画>アキハバラ@DEEP | トップページ | 映画>マイアミ・バイス »

2006/09/03

映画>グエムル 漢江の怪物

「えええ」に「おおお」がとまらない。「うそ~」に「まじ~」がとまらない。期待を上手に裏切って惹きつけて止まない。

§

一歩間違えば確実に駄作。決めて欲しいところをとにかく外す。どこかぬるい。でもそれが本当っぽいっていう面白さがある。その裏切りがまた見事で笑う場面じゃないのに、可笑しい。だから楽しい。

初っ端にイカ9本アシ騒動を持ってきたりする所からもう自分はお気に入りです。本当にどうでもいいじゃないですか。すんごい化け物が目前に迫っているのに、のんびりと餌をあげているんですから。

怪物はものすごく怖い。エイリアンにも負けず劣らず。明確な人間を襲うという目的が見えないのがまた恐怖心をそそる。そんな化け物に立ち向かう一家もまたすごい。すごいというか、抜けているというか。不思議な魅力のある、個性のある一家。時としてまどろっこしい気持ちにもさせされる。観客から見ているとはやくはやく~とどうしても声をかけてしまいたくなる。そんな一家。

すでに見ている方はきっとわかる、どうしてそうなっちゃうのというもどかしさの数々。


最高なのが下水道から脱出をするために衣服を結んで、上辺に引っ掛けるシーン。あの時間(上映時間ね)までまったく行動を起こさないで待ち続けた少女。ここまで引っ張ってやっと行動を起こして、ロープもどきを精一杯投げる少女。やっと引っかかりすっきりするかと思った瞬間・・・シーンは少女の背丈のはるか上で垂れ下がっているロープとその場に佇む少女に変わるんです。

どうしても可笑しい。本当にどうしても可笑しいんです。

2006年ベスト5入りは確実。ものすごく印象深い映画になりました。

|

« 映画>アキハバラ@DEEP | トップページ | 映画>マイアミ・バイス »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/11745251

この記事へのトラックバック一覧です: 映画>グエムル 漢江の怪物:

« 映画>アキハバラ@DEEP | トップページ | 映画>マイアミ・バイス »