« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/30

DVD>ぼくセザール10歳半 1m39cm

幼いけれど、立派な少年少女のちょっとした冒険物語。子供の頃、自分の思い込みからいろんなことが沸き起こる。本の些細なことも子供にしてみればとても大切なこと。子供の視点から描かれている世界は見ていてドキドキしっぱなしだ。

ぼくセザール10歳半 1m39cm スペシャル・エディション
ぼくセザール10歳半 1m39cm スペシャル・エディション
ジュール・シトリュック リシャール・ベリ マリア・デ・メディロス

関連商品
バティニョールおじさん
パリ空港の人々
スパニッシュ・アパートメント/ウェイキング・ライフ
やさしい嘘 デラックス版
クリクリのいた夏
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/29

本の国の王様

イギリスの田舎町ヘイ・オン・ワイ。古書の町としても有名なので、聴いたことのある人も多いかもしれない。その古書の町で独立を宣言し、王様になっている人物の自伝の翻訳本が本書になる。

日本でも古書の町として神保町が有名だが、同じ古書の町としても特筆してユニークなのがこの人物。変人なのか偉人なのか。不思議な魅力のあることに間違いはない。

本の国の王様
本の国の王様
リチャード ブース ルシア スチュアート Richard Booth

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここでニャンゴロで戦争するつもりだった(BlogPet)

きょうニャンゴロは男に戦争したかも。
ここでニャンゴロで戦争するつもりだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD>スピリット

馬の映画。とにかく馬が主人公人間をあしらう姿がまた愉快。ストーリーは決して裏切らない展開なので、安心して見られますよ。

スピリット
スピリット
ジェフリー・カッツェンバーグ

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/28

センセイの書斎>BOOK

独特の鳥瞰図のイラストにて書斎の現場ルポ。作家からデザイナーなどなど様々な職業の"書斎"を紹介する。基本的には本好きの人間に取材をしているので、本の山に山を重ねる書斎が多い。

難点は後半になるにつれ、イラストに添える文字が細かすぎてとても読めないこと。雑多な雰囲気はアピールできるかもしれないが、まったく何がどこにあるのかわからない・・・。

センセイの書斎―イラストルポ「本」のある仕事場
センセイの書斎―イラストルポ「本」のある仕事場
内澤 旬子

関連商品
「本」に恋して
おとぎ話の忘れ物
スクラップ・ギャラリー 切りぬき美術館
季語集
日本という国
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>グイン・サーガ32

ヤヌスの戦い―グイン・サーガ(32)
ヤヌスの戦い―グイン・サーガ(32)
栗本 薫

関連商品
愛の嵐―グイン・サーガ(34)
ヤーンの日―グイン・サーガ(31)
モンゴールの復活―グイン・サーガ(33)
神の手―グイン・サーガ(35)
剣の誓い―グイン・サーガ(36)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/27

BOOK>新卒はツラいよ!

本書は作者が体験した会社での面白出来事をまとめた一冊。会社とは本当に不思議なもので、やっぱり変な生き物がいるものだとつくづく思わされた(^^;。

新卒はツラいよ!
新卒はツラいよ!
きたみ りゅうじ

関連商品
フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
フリーランスはじめてみましたが…
パソコンマナーの掟 今さら人には聞けない「べからず!」集
SEのフシギな職場―ダメ上司とダメ部下の陥りがちな罠28ヶ条
図解でよくわかるネットワークの重要用語解説
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/26

BOOK>「お先に失礼!」する技術

会社での御付き合いも大切だけれど、それだけでは!? すっと切り上げて本当にやりたいことを大切にすることもまた必要。

とりあえず本書のイラストがとても面白かったのでグッド。

「お先に失礼!」する技術  「断る」「決断する」「切り上げる」「見極める」ための極意
「お先に失礼!」する技術 「断る」「決断する」「切り上げる」「見極める」ための極意
柴田英寿

関連商品
会社というおかしな場所で生きる術―「使われる」サラリーマンから「使いこなす」サラリーマンへ
オフィスからパソコンがなくなる日 ホワイトカラーの生き残りをかけた戦いがはじまる
スマート モテリーマン講座
できるビジネスマン偽装講座
理系人間のための経営戦略入門―東大先端研での実験的経営教育の記録!
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/25

ストロベリーショートケイクス

女性のための女性の映画。

主演は池脇千鶴、中越典子、中村優子、岩瀬塔子。別々の職業をもち、それぞれの生き方をしている。その4人に焦点を当てながら物語りは進んでいく。

池脇千鶴演じる里子は冒頭に男に振られるところから始まる。--男にひきづられたことがあるというナレーションとともに本当に足にすがりながら引きづられて行く池脇千鶴。引きずる男もまたすごいぜ。「恋でもしたいっすねぇ」が口癖。

次に中村優子演じるのはデリヘル嬢。お金をためて5階以上のマンションを買って、体が動いてぼける前に自殺を希望。5階以上でないとうまく死ねないらしいのでマンション購入は5階以上でないとだめらしい。憧れの人は専門学生時代の男友達。当人は居酒屋でバイトをしていることにしている。男っぽく付き合いながら、それでもいつも一緒に居たがっている。

中越典子が演じるのはどこにでもいるような普通のOL。恋をとても大切にアピールしているが、相手の気持ちはどんどんと離れていく現実に突き当たっている。

岩瀬塔子が演じるのはイラストレーター。この中でも一番強い女性に見えるが、過食症に悩まされている。誰もいないところで食べたものを吐きながら恨みつらみもつき放つ。

いろいろなエピソードがごっちゃ混ぜになっていて、時々ストーリーを追うのがつらいときもあったのですが、あまり気にせずその時のエピソードを楽しむ形で十二分に最後までいけました。悪く言えば繋がりのない印象もあります。

主役というか主点はありません。すべてが気に入る必要はなくて、この4人の中でひとつでもお気に入りが見つかればいいのではないでしょうか。憧れの夢物語というよりも現実的な夢物語という印象があり、どこかしらで共感の呼ぶものがあるのでは。

すっと楽しめる。いい映画でした。

§

Strawberry shortcakes
Strawberry shortcakes
魚喃 キリコ

関連商品
南瓜とマヨネーズ
痛々しいラヴ
Water.
短編集
ハルチン
by G-Tools
ストロベリーショートケイクス オリジナル・サウンドトラック
ストロベリーショートケイクス オリジナル・サウンドトラック
miroque(みろく)

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (2)

DVD>69 sixty nine

方言丸出しに、うだつの上がらない(?)高校生たちの1969年を描いている。

熱いような熱くないような、どことなく抜けている物語が、奇妙に面白い。

69 sixty nine
69 sixty nine
妻夫木聡 村上龍 李相日

関連商品
妻夫木聡・安藤政信 in 69 ~映画という名の終わらない祭り~
ジョゼと虎と魚たち(通常版)
69(シクスティナイン)
砦なき者
誰も知らない
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/24

フラガール

男がだめなら、女が働く。北の大地にハワイリゾートを夢見て、活動する女性たちの物語。ダンスシーンは見物です。

§

炭鉱閉鎖という時代の流れには逆らいがたい事態に、次の産業としてハワイアンリゾートを建立って俗物だなぁって印象があったのですが、映画を見てちょっと考え改めたかも。炭鉱の町という閉鎖適な世界の中で、時代への変化にも対応仕切れない人々。その中で夢を見ることが大切か。その夢がハワイなのかなと。

主演は松雪泰子、豊川悦司、蒼井優に山崎静代。松雪泰子はやっぱり東京モンっぽいし、豊川悦司と蒼井優は意外に田舎っぺが似合っていたのが印象的。

意外だったのは山崎静代。もっとイロモノかと思いきや、でっぱなはわらかしてくれましたが、後半では涙頂戴シーンも。かなりぐっとくる。これは意外な発見かもしれません。


フラダンスってただの踊りではなくて、その動きに手話の要素が含まれていたんですね。初めて知りました。今回映画のはじめに動きの解説でメッセージも紹介されています。その手話を使って後半ではエピソードがありますので、ぜひ最初に覚えてしまってください。きっと楽しいですよ。

ダンスシーンで圧巻なのは松雪泰子と蒼井優のワンマンシーン。情感のこもったダンスを細かいカットで印象付ける。時間的にはほんの数分なのでしょうが、とても長く長く感じられるシーン。フラダンスを初めてみた気がしました。

音楽もまたいいですね。ジェイク・シマブクロが担当しているのですが、いい場面でなんともいえないメロディが。前に出すぎず引きすぎず。いい場面にしっかりと寄り添ってます。

閉鎖的な炭鉱の町の人々あり、ハワイアンリゾート建立までのすったもんだあり、そして別れなどもあり、いろいろと詰め込まれているのに全体として一つに繋がっている。いい映画です。

§

あなたもフラガール  DVDで学ぶはじめてのフラレッスン
あなたもフラガール DVDで学ぶはじめてのフラレッスン
実業之日本社

関連商品
the movie Hula Girl presents Hula Style Music
フラガール
by G-Tools
フラガール
フラガール
白石 まみ

関連商品
フラガール
スパリゾートハワイアンズ (〔2006〕)
by G-Tools
フラガール
フラガール
サントラ ジェイク・シマブクロ ナレオ

関連商品
ジェントリー・ウィープス
the movie Hula Girl presents Hula Style Music
フラガール
ピース、ラヴ&ウクレレ
サンデー・モーニング
by G-Tools

| | コメント (4) | トラックバック (11)

イルマーレ

すごくすごくピュアな話で、奇跡を信じるのならありかなと思う。でも、ちょっとストーリー展開に分かりづらさがたってしまって乗り切れなかった。

§

主演はキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック。「スピード」で共演以来12年ぶり。二人とも大好きな俳優なのでとても楽しみにしていました。

物語は湖に佇む家のポストが中心になる。2006年に家を出て行くサンドラ・ブロックが次の住人のために宛てた手紙が発端になる。その手紙はなぜか2004年の以前にすんでいたキアヌ・リーブスの元に届くことになるのだ。

そうして奇妙な手紙のやり取りが進んでいくうちに、二人は興味を抱いていくという展開。

このあたりのエピソードが見所でラブストーリーなのですが、時間軸のずれがうまく物語りとかみ合っていないというか違和感の残りっぱなしの展開。パンフレットに時間軸の解説が書かれているのですが、いまひとつなのは私だけでしょうか。

湖の家とか、いいアイテムが出ていていい雰囲気の二人が出演して、いい物語だと思うのですが、最後までよくいまひとつぴんと来ないままだったのが本当に残念。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006/09/23

DVD>ロング・エンゲージメント

戦争で行方知れずとなった婚約者の生を信じて、細い糸を一途にたどる女性の物語。

諦めてしまえば簡単。すぐに切れそうになる真実への糸が、それでも切れずにつながっていると気づいた時、なんか勇気が湧いてくる。

素敵な物語。

ロング・エンゲージメント
ロング・エンゲージメント
オドレイ・トトゥ ジャン=ピエール・ジュネ ギャスパー・ウリエル

関連商品
バス男
サイドウェイ〈特別編〉
コールドマウンテン
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/22

図書館内乱

いつの間にやらシリーズ化が決まっていたんですね。前作図書館戦争から数えてもかなりのスピード出版。しかしながら内容はしっかりとしているので安心ござれ。

前作からの続き物としてストーリーは展開しているので、かならず前作を読んでから読むことをお勧めします。

本書でも引き続き、図書を守る図書隊とメディア良化委員会の対立は続いている。そして、図書を守る立場にも様々な派閥が存在し自他は複雑になりつつある。

図書館は公共のサービスを提供するところ。本のよしあしを図書館が判断し観覧の有無を左右することは望ましくない。しかしながら公序良俗に反する場合はどうするかなど難しいテーマも扱っている。

図書館内乱
図書館内乱
有川 浩

関連商品
図書館戦争
レインツリーの国
海の底
ボトルネック
塩の街―wish on my precious
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニャンゴロが関連しなかったよ(BlogPet)

きのうニャンゴロが、ニャンゴロで未来解説した?
ニャンゴロが関連しなかったよ。
ここへ取り組み入門された!
ニャンゴロがここに解説するはずだったみたい。
ここへ社会っぽい関連した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>デカルトの密室/瀬名秀明

どこまでいったらロボットは人間になるのか。それを追求していくと人間についての不思議さに気づかされる。
人とロボット。脳と心。新しさと昔からの疑問が織り交ざった、なんともいえない味わいの物語。


デカルトの密室
デカルトの密室
瀬名 秀明

関連商品
ハル
心と脳の正体に迫る 成長・進化する意識、遍在する知性
ハートのタイムマシン!―瀬名秀明の小説/理科倶楽部
τになるまで待って
オルタード・カーボン
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/21

スローライフ―緩急自在のすすめ

「スロー」という言葉を良く聴くようになった。スローフードなどは定番であろうか。

本書はそんな「スロー」の志をしっかりと紹介している。歴史的背景から、様々な取り組みなどしっかりとしたつくりとなっている。広く浅くのキライはあるが、専門過ぎずに解説をしているところが好印象である。

スローライフ―緩急自在のすすめ
スローライフ―緩急自在のすすめ
筑紫 哲也

関連商品
社会学入門―人間と社会の未来
世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて
会社法入門
冠婚葬祭のひみつ
西洋哲学史―古代から中世へ
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>カフェをはじめる人の本

私はカフェなど開く気はさらさらないのですが、本書で紹介されているこだわりのカフェは見ているだけでとても面白い。様々なアイディアにコンセプト。それらを実現する場所がその人のカフェ。

前半にこだわりカフェの紹介。後半は実際のカフェを開くに当たっての取り組み方などが紹介されている。

カフェをはじめる人の本―私だけのオリジナルカフェをひらきたい!
カフェをはじめる人の本―私だけのオリジナルカフェをひらきたい!
成美堂出版編集部

関連商品
カフェをはじめてみませんか?
誰も教えてくれないカフェの始め方・儲け方―簡単にできる!利益率が高い!
繁盛するカフェ成功開店法
カフェを開きたい!
カフェをつくる―インテリア&レシピ100
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/20

本の雑誌280号>BOOK

本号の特集が興味深い。同じ傾向の本を読み続けたら、人はどうなるのかという実験を試みている。

被験者は3人。岩波書店の本、ハヤカワ文庫SF、少女マンガをそれぞれ一ヶ月間読み続ける。そして結末は・・・。

普段本を読んでいない被験者を選んだのはよいのですが、一人は実験中にもかかわらず本を読まないという顛末はちょっと寂しいかな。逆に活字中毒というか本読み人間を選んで見るのも面白そう。

本の雑誌 (2006-10)
本の雑誌 (2006-10)

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の読み方 スロー・リーディングの実践>BOOK

本をどんな風に読むべきなのでしょうか。本書は量よりも質が大事だと説く。一文を書くのにも著者の思いが詰まっているのだし、深く読むことによりまた様々な味わいが出てくるという。そして速読を行うことにより、誤読の弊害もまた生まれてくる。

後半は名作をテキストに深読み講座を盛り込んである。

本の読み方 スロー・リーディングの実践
本の読み方 スロー・リーディングの実践
平野 啓一郎

関連商品
自由と規律―イギリスの学校生活
脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術~
カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?
客は集めるな!~お客様とのきずなを作る3つの関係~
人生がイベントに変わる 尾崎友俐の「考え方」革命
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>エソラVol.3

物語が満載。新鮮さ。小説と漫画が集まって一冊の本になった。

エソラ vol.3
エソラ vol.3
絲山 秋子 伊坂 幸太郎 黒田 硫黄

関連商品
エソラvol.2
小説現代特別編集 エソラ [esora] Vol.1 2004.12
秘密。―私と私のあいだの十二話
終末のフール
I love you
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/19

フライング・ブックス>BOOK

渋谷にあるフライング・ブックスオーナーの活動期というところでしょうか。このお店には足を運んだことがないのですが基本的には古書を扱いながらイベントコーディネートを行っている模様。

こだわりのある本屋店主の姿がとてもよく伝わってくる内容になっています。何か面白いことが起こっている。そんな予感のする一冊です。

フライング・ブックス―本とことばと音楽の交差点
フライング・ブックス―本とことばと音楽の交差点
山路 和広

関連商品
駈け出しネット古書店日記
古本道場
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

in the groove '06>LIVE

9/18 表参道はFABにて行われたライブイベントin the groove '06にいってくる。

当日の出演者は以下のとおり。

・PHONES
・INSPi
・SHUUBI
・戸田和雅子

§

今回はラジオの公開録音もかねた形式となっていて、出演の終わったアーティストからどんどんとラジオ用の録音をしていました。

#すみません、どんな番組なのか知らなかったので、あまり良くわかっていません(^^;

観客は9割以上が女性。INSPiもしくはPHONESがお目当ての方が多かったんでしょうね。しかしながら女性の観客は心が広い。おそらく初体験であろう、戸田和雅子とSHUUBIにも暖かい拍手が。いい雰囲気の中で楽しめました。


SHUUBIと戸田和雅子は二人での「うららかな」のセッションもあり、聴きごたえのあるライブとなりました。

INSPiは今回2回目。ファン数が多いだけあって盛り上がりました。PHONESは今回お初。久しぶりにかっこいいと思えるバンドに出会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百鬼解読>BOOK

妖怪研究家多田克己が文章を。そして妖怪を京極夏彦が描く。一つの妖怪に対して複数の説があったり、その変化の過程から妖怪が変化を遂げたりなどその諸説を紐解く。

もちろん京極夏彦が描く妖怪の一体にも、その複雑な要素が含まれているから気が抜けない。

百鬼解読
百鬼解読
多田 克己 京極 夏彦

関連商品
桃山人夜話―絵本百物語
文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉
鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集
親不孝通りディテクティブ
怪異・妖怪百物語 -異界の杜への誘い-
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月に吠えろ!>BOOK

詩人のインスピレーションにより、事件をぱっと解決するのが主人公萩原朔太郎である。登場するときにはどこからともなくマンドリンの調べが・・・。大正時代の文豪たちの生活臭も味わえるところも面白い。森鴎外の記述などほかの作品への付箋も貼ってあり、いろいろと楽しめる作品となっている。

月に吠えろ!―萩原朔太郎の事件簿
月に吠えろ!―萩原朔太郎の事件簿
鯨 統一郎

関連商品
タイムスリップ明治維新
「神田川」見立て殺人
文章魔界道
謎解き道中―とんち探偵・一休さん
コッペリア
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

ええじゃないか>BOOK

現代版「ええじゃないか」興しを繰り広げる高校生たちの物語。何がきっかけに時代のうねりが走るのかわからない。そういう面白みがあることが大切なのかも。

ええじゃないか―17歳のチャレンジ
ええじゃないか―17歳のチャレンジ
宗田 理

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/17

白イ恋人>LIVE

9/16、西新宿は東放学園延慶専門学校内にあるクロスロードにて行われたライブイベント「白イ恋人」にいってくる。

出演は以下のとおり。
 ・フリージービーツ
 ・witvogel
 ・ナオト・インティライミ
 ・aluto

今回初めてだったのはフリージービーツとwitvogel。フリージービーツは兄弟ボーカルユニット。今回は室内で座っているという状態でしたが、これが屋外もしくはスタンドであれば結構盛りあがって楽しいんだろうな。

ナオト・インティライミは7月に違うライブイベントでみたことがあるのですが、相変わらずののテンションと会場の空気を暖かくするノリが最高でした。

そしてトリがお目当てのaluto。今回は二人での出演。MCでもありましたが、バンド、バンド、バンドと続いてきてちょっとさびしい印象もありましたが、逆に二人きりのアレンジも聞けてよかったライブでした。

MCも二人の温かい人柄が伝わるようなほのぼのしたもので、ゆったりとした気持ちに。


§

五文字の糸
五文字の糸
posted with amazlet on 06.09.17
aluto
インディペンデントレーベル (2006/10/12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュガー&スパイス 風味絶佳>映画

甘酸っぱいだけじゃない。いい味のする恋愛映画。

§
始りは情熱を抑えきれない高校生時代のエピソードから。高校生と大人(?)の女性の関係から、微笑ましい姿が浮き彫りに。

そのまま時は進んで、高校を卒業後になぜかガソリンスタンドで働く主人公の柳楽優弥。そこに現れるのがヒロインの沢尻エリカ。主人公よりもちょっと大人っぽさがあり、実際の柳楽優弥との関係が現れているようで気持ちよかった。

高校生時代のエピソードもしっかりと中盤に絡んでくるのですが、正直言って別にいらないのではないかとちょっと思ったりもしたのですが、どうなんでしょうね。最終的には部屋の提供になってしまった印象。

ガソリンスタンドの先輩に大泉洋が構えているのですが、とにかく笑わしてくれましたね。「昼飯いってくるわ~」「ちょっとかっとばしてくるわ~」と仲間に声をかけていざ出陣。と、思いきや小さくかわいらしいミニバイクですたたたっと出て行く姿が最高でした! 空気を壊すことなく、映画に一味違うテイストを加えていました。

また夏木マリ演じるグランマがすごく良かった。「顔も見たくない人」といいながら、送られたダイヤモンド富士の写真を飾り続ける。そしてドライブと称して、その写真の場所を探しに出かけるシーン。朝の湖に一人じっと佇んでいる姿がすごく印象的。この映画の一番の見所だと感じました。


初恋は実らないという格言のとおり、最後にヒロインはちょこちょこと現れていた元カレと寄りを戻してしまい、主人公は捨てられてしまう。完全に負けていますが、若いころの苦い経験としてきっと次の一歩をまっすぐに進んでいくのではないかと思わせるエンディングが素敵。

§

で、今回は六本木ヒルズにて行われた舞台挨拶にいってきました。当日は柳楽優弥、沢尻エリカ、大泉洋、チェン・ボーリンとプロデューサーの大多亮に監督の中江功が登場。

最初誰が誰だかわからないくらい、雰囲気が違っていました。柳楽優弥はなんか大人っぽいし、沢尻エリカは金髪だし。なぜ沢尻エリカが金髪だったのかはわかりませんが、変でした(ぉぃ)。

監督とプロデューサーの方は映画の見所を余すところなく伝えつつ、会場をわかせることも忘れないところなど恙なく舞台挨拶を終える。そして今回一番注目していたのは柳楽優弥でしたが、テレビで見るとおりしゃべりませんね~(^^;。何をしゃべっても沸かせるくらいの人気はあると思うので、何をしゃべってもいい気がするのは私だけでしょうか。

大泉洋もお笑いの神がついているのか、とりあえずわらわかしてくれました。結構好きになっちゃいました。

§

シュガー&スパイス~風味絶佳~VISUAL BOOK
シュガー&スパイス~風味絶佳~VISUAL BOOK

関連商品
タイヨウのうた (初回限定盤)(DVD付)
手紙 ~あなたに会えてよかった~
タイヨウのうた (通常盤)
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
ドラマ「タイヨウのうた」オリジナル・サウンドトラック
by G-Tools
シュガー&スパイス 風味絶佳 オリジナル・サウンドトラック
シュガー&スパイス 風味絶佳 オリジナル・サウンドトラック
吉俣良

by G-Tools
風味絶佳
風味絶佳
山田 詠美

関連商品
ご新規熱血ポンちゃん
小説家の内緒話
巴里製皮膚菓子
マグネット
古道具 中野商店
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

重力ピエロ>BOOK

展開はミステリーなのですが、それ以上に丁寧な文章と面白い比喩が魅力。

重力ピエロ
重力ピエロ
伊坂 幸太郎

関連商品
ラッシュライフ
陽気なギャングが地球を回す
オーデュボンの祈り
陽気なギャングの日常と襲撃
イン・ザ・プール
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/16

ONE PIECE 巻43>BOOK

ONE PIECE 巻43 (43)
ONE PIECE 巻43 (43)
尾田 栄一郎

関連商品
One piece (巻42)
One piece (巻41)
銀魂 第14巻 (14)
NARUTO (巻ノ34)
BLEACH (23)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/15

BOOK>黒い太陽/新堂 冬樹

夜の世界でのし上がり物語。裏の裏を読む世界。仕掛けに仕掛けをかける世界。煌びやかな世界の裏のどす黒い思惑物語。

黒い太陽
黒い太陽
新堂 冬樹

関連商品
毒蟲vs.溝鼠
炎(ひ)と氷
砂漠の薔薇
天使がいた三十日
誰よりもつよく抱きしめて
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>グイン・サーガ10/栗本薫(BlogPet)

きのう、太子に関連するはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr.FULLSWING 24>BOOK

最終巻。やっぱり最後は格闘モノへと路線が展開されてしまっていたので、この辺が潮時だったのでしょうか。

Mr.FULLSWING 24 (24)
Mr.FULLSWING 24 (24)
鈴木 信也

関連商品
ONE PIECE 巻43 (43)
銀魂 第14巻 (14)
ミスターフルスイング (23)
ミスターフルスイング (22)
太臓もて王サーガ 4 (4)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/14

BOOK>グイン・サーガ13/栗本薫

クリスタルの反乱―グイン・サーガ(13)
クリスタルの反乱―グイン・サーガ(13)
栗本 薫

関連商品
復讐の女神―グイン・サーガ(14)
紅の密使―グイン・サーガ(12)
トーラスの戦い―グイン・サーガ(15)
パロへの帰還―グイン・サーガ(16)
草原の風雲児―グイン・サーガ(11)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

BOOK>紅の密使/栗本薫

冒頭から始まるパロを救うための陰謀/策略の数々。その結果から本書ではパロを救うべく様々なうねりが発生。

本書では亡国の王レムスの初陣もあり、見所は多い。

紅の密使―グイン・サーガ(12)
紅の密使―グイン・サーガ(12)
栗本 薫

関連商品
クリスタルの反乱―グイン・サーガ(13)
草原の風雲児―グイン・サーガ(11)
復讐の女神―グイン・サーガ(14)
トーラスの戦い―グイン・サーガ(15)
死の婚礼―グイン・サーガ(10)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冒険王ビィト 12>BOOK

冒険王ビィト 12 (12)
冒険王ビィト 12 (12)
三条 陸 稲田 浩司

関連商品
ONE PIECE 巻43 (43)
冒険王ビィト (11)
スティール・ボール・ラン 9 (9)
NARUTO (巻ノ34)
絶対可憐チルドレン 6 (6)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

BOOK>超テク これが日本の底力だ

実際のものづくりは海外への移転という話題が尽きませんが、高技術を保有しているのが日本の強み。本書ではそんな特殊な技術を紹介している。

しかしながら本書の中で紹介されている"技術を保有"しているのは個人であることもまた印象的。

超テク これが日本の底力だ
超テク これが日本の底力だ
日経産業新聞

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

BOOK>テニスの王子様 35

リバーシブルカバーってなんのこっちゃいなともっていたら、カバーの裏にも表と同じものが印刷されていたんですね・・・ってやっぱりなんのこっちゃいな。見えないおしゃれなんだろうか・・・。

テニスの王子様 35 (35)
テニスの王子様 35 (35)
許斐 剛

関連商品
テニスの王子様 (34)
ONE PIECE 巻43 (43)
テニスの王子様 (33)
桜蘭高校ホスト部 9 (9)
銀魂 第14巻 (14)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>コーヒーに憑かれた男たち/嶋中労

まさにコーヒーに憑かれているという表現がぴったりの人々が本書ではたくさん登場する。

本物のコーヒーという味わいが本当はどういうものなのか自分は知らないのかもしれませんが、本書を読んでいるだけで美味しいコーヒーのイメージがわいてくるような、そんなコーヒー通たちの歴史が紹介されている。

コーヒーに憑かれた男たち
コーヒーに憑かれた男たち
嶋中 労

関連商品
コーヒーアンドロースター―話題を集めるコーヒーと自家焙煎のための最新号
田口護の珈琲大全
スペシャルティコーヒーの本
珈琲の楽しみ方BOOK―豆の選び方・挽き方、ブレンドの仕方がわかる
プロが教えるこだわりの珈琲
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

BOOK>スティール・ボール・ラン 9

連載雑誌は講読しないで、コミックスのみでの読者なのですが、月刊誌(?)に掲載されているだけあって一話の重みが違いますね。基本的に濃い物語なので、読み応えは十二分に感じられます。それも好き好きなのでしょうが。

スティール・ボール・ラン 9 (9)
スティール・ボール・ラン 9 (9)
荒木 飛呂彦

関連商品
スティール・ボール・ラン 8 (8)
ONE PIECE 巻43 (43)
スティール・ボール・ラン 7 (7)
太臓もて王サーガ 4 (4)
Death note (12)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>こちら葛飾区亀有公園前派出所 151巻

いつも新しい試みを続けてあきさせない。30年。一言で言うにはその長さは測れません。扉ページの作者の言葉「新装開店ではなく90℃の変化です」。ちょっと図津でも変わり続けるのが大切なのかもと思ったりもする。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 151巻 (151)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 151巻 (151)
秋本 治

関連商品
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第150巻)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第149巻)
ONE PIECE 巻43 (43)
スティール・ボール・ラン 9 (9)
名探偵コナン 55 (55)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>紙魚家崩壊/北村薫

90年代に発表された短編に加えて、新釈おとぎばなしを加えた9編のミステリ集。北村薫らしく日常生活に潜んだ不思議な物語にじっとりと引き込まれる。


紙魚家崩壊 九つの謎
紙魚家崩壊 九つの謎
北村 薫

関連商品
ニッポン硬貨の謎
チョコレートコスモス
びっくり館の殺人
ドリームバスター〈3〉
バスジャック
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

BOOK>ビタミンF/重松清

何気なくおっさんが中心の物語。決して格好良くもすごくもないおっさんの物語。所々で見せるちょっとした勇気が面白い。心の活性剤にどうぞ。

ビタミンF
ビタミンF
重松 清

関連商品
きよしこ
エイジ
流星ワゴン
ナイフ
定年ゴジラ
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>意識とはなにか

脳の活動による脳の利用方法は数多く紹介されているが、その脳の活動によりなぜ意識が生まれるのか。その疑問に真っ向から向かうのが本書である。

私というものはいったいなんなのか。小難しい話になりがちなネタも、意識の不思議な動きを丁寧に解説しているため、とてもわかりやすく次々と興味が湧いてくる。

意識とはなにか―「私」を生成する脳
意識とはなにか―「私」を生成する脳
茂木 健一郎

関連商品
脳と仮想
心を生みだす脳のシステム―「私」というミステリー
脳と創造性 「この私」というクオリアへ
「脳」整理法
脳内現象
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/08

BOOK>カリスマ

カリスマ―中内功とダイエーの「戦後」
カリスマ―中内功とダイエーの「戦後」
佐野 真一

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記>電子マネーで生活は事足りる?(BlogPet)

ニャンゴロで、対応するはずだった。
春で導入した?
ニャンゴロが決済しなかったよ。
きのうニャンゴロが、春までニャンゴロと春でサイトに対応♪
春でニャンゴロでバンド導入した?
春に春も対応するつもりだった?
ニャンゴロがブロードが利用したかもー。
きのう、開始♪
ニャンゴロで情報も導入しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>京都読書空間

皆さんはどこで読書をしていますか。自宅で落ち着いて読むのもまた良し。しかしながら外に出てお気に入りの場所を見つけて、そこで読書をする。いつもとは違う雰囲気で読書をする。

本書では京都を舞台にした本にまつわる空間を取り上げている。それはブックカフェだったり私設図書館だったりする。ゆったりとくつろげる場所が紹介されている。

こういう場所を見つけるとまた読書の楽しみが深まるかもしれませんよ。

京都読書空間
京都読書空間
桜風舎

関連商品
ブックカフェものがたり―本とコーヒーのある店づくり
京の古本屋
本屋さんの仕事 太陽レクチャー・ブック005
京都おでかけ帖―12ヶ月の憧れ案内
テイブルと―女の子のための暮らしとスタイリング (2005秋冬)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/07

雑記>映画を楽しめればいい!?

映画はとても面白いと思っています。映画館で見るのも自宅でDVDを見るのもそれぞれ楽しみがあって好きです。映画館で見た映画を自宅でも見直すことがよくあります。違う環境で違う時に見るとまた一味も二味も違って見えるからです。

で、ちょっと興味のある記事を目にしたので紹介。

ITmedia +D LifeStyle:映画館が減った? ネットに活路を求めた映画会社
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0609/07/news038.html

単独映画館の減少とシネコンの台頭(メジャー作品の上映が中心)により、上映が難しくなる映画もまたあるとのこと。そこで登場したのが映画封切と同時にネット配信の試み。

賛否はあると思うのですが、現状の映画館の状態で言えば見たくても見られない人もまたいるのが本当のところではないでしょうか。この手の公開方法が増えるともしかしたら映画館の減少に繋がるかもしれませんが、映画を見てもらえる機会が増えるのならばそれは大切なことだと思うのです。

映画を映画館で見る楽しみは失いたくありませんが、それが絶対に正しいとは限らないと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>わたしと机とものづくり

本書ではものづくりの現場として机の上を取り上げている。様々なものづくりに取り組む人々の机の上。まさにそれぞれの個性があふれていて、見ているだけでわくわくしてくる。

わたしと机とものづくり
わたしと机とものづくり
倉島 理恵 安部 まゆみ

関連商品
きもちが届く、手づくりてがみ。―身近な素材を切る、貼る、折る、縫う42
京都ご案内手帖
リトルプレスの楽しみ
木下綾乃のレターブック
アーティストとつくる紙雑貨
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/06

BOOK>看守眼

いつも目の付け所の面白さを感じる作家横山秀夫の短編集。一人の人間がまっとうに生きるということ。様々な出来事があり、その一瞬を切り取った物語たち。6編収められた短編のそれぞれに違う面白さがある。

看守眼
看守眼
横山 秀夫

関連商品
臨場
深追い
影踏み
第三の時効
ルパンの消息
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

BOOK>ミステリーズVol.18

ミステリーズ!vol.18
ミステリーズ!vol.18

関連商品
ミステリーズ!vol.17
ミステリーズ!vol.16
ミステリーズ! (Vol.15(2006February))
月館の殺人 (下)
ミステリーズ!vol.14
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

BOOK>グイン・サーガ11/栗本薫

草原の風雲児―グイン・サーガ(11)
草原の風雲児―グイン・サーガ(11)栗本 薫

早川書房 1982-09
売り上げランキング : 115,744

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
紅の密使―グイン・サーガ(12)
死の婚礼―グイン・サーガ(10)
クリスタルの反乱―グイン・サーガ(13)
復讐の女神―グイン・サーガ(14)
紅蓮の島―グイン・サーガ(9)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/03

BOOK>地球がもし100cmの球だったら

地球がもし100cmの球だったら
地球がもし100cmの球だったら
永井 智哉

関連商品
1秒の世界 GLOBAL CHANGE in ONE SECOND
世界がもし100人の村だったら
世界がもし100人の村だったら 3 たべもの編
地球では1秒間にサッカー場1面分の緑が消えている
世界がもし100人の村だったら 2 100人の村の現状報告
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画>マイアミ・バイス

シブい。カッコいい。でもそれだけの映画だったかな。

§

主演はコリン・ファレルにジェイミー・フォックス。人気俳優二人の共演とあり、期待に胸膨らませていました。

潜入捜査官を取り上げた映画。潜入捜査---相手の懐に飛び込み、その実相手を手玉に取らなければ成らないというのは考えている以上に大変難しいこと。ミイラ取りがミイラになるではありませんが、人間の心は弱いもの。

見所はやはり潜入捜査官だとわからないようにしながら、上手に網をしぼめていく駆け引きでしょうか。アクションシーンも激しいものがあり、見所となります。

ただ如何せんその緊迫感をそぐようなラブストーリーも展開しているのが残念かな。何か中途半端な気持ちにさせられてしまい、乗り切れませんでした。

§

マイアミ・バイス
マイアミ・バイス
サントラ ノンポイント モービー・フィーチャリング・パティ・ラベル

関連商品
マイアミ・バイス シーズン2 コンプリート DVD-BOX
Miami Vice
Best of Miami Vice
機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)
機動戦士ガンダムDVD-BOX 2
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画>グエムル 漢江の怪物

「えええ」に「おおお」がとまらない。「うそ~」に「まじ~」がとまらない。期待を上手に裏切って惹きつけて止まない。

§

一歩間違えば確実に駄作。決めて欲しいところをとにかく外す。どこかぬるい。でもそれが本当っぽいっていう面白さがある。その裏切りがまた見事で笑う場面じゃないのに、可笑しい。だから楽しい。

初っ端にイカ9本アシ騒動を持ってきたりする所からもう自分はお気に入りです。本当にどうでもいいじゃないですか。すんごい化け物が目前に迫っているのに、のんびりと餌をあげているんですから。

怪物はものすごく怖い。エイリアンにも負けず劣らず。明確な人間を襲うという目的が見えないのがまた恐怖心をそそる。そんな化け物に立ち向かう一家もまたすごい。すごいというか、抜けているというか。不思議な魅力のある、個性のある一家。時としてまどろっこしい気持ちにもさせされる。観客から見ているとはやくはやく~とどうしても声をかけてしまいたくなる。そんな一家。

すでに見ている方はきっとわかる、どうしてそうなっちゃうのというもどかしさの数々。


最高なのが下水道から脱出をするために衣服を結んで、上辺に引っ掛けるシーン。あの時間(上映時間ね)までまったく行動を起こさないで待ち続けた少女。ここまで引っ張ってやっと行動を起こして、ロープもどきを精一杯投げる少女。やっと引っかかりすっきりするかと思った瞬間・・・シーンは少女の背丈のはるか上で垂れ下がっているロープとその場に佇む少女に変わるんです。

どうしても可笑しい。本当にどうしても可笑しいんです。

2006年ベスト5入りは確実。ものすごく印象深い映画になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画>アキハバラ@DEEP

今時風の青春ストーリー。仲間と作り上げる楽しさと反権力の精神は受け継がれつつ、テイストを変えた面白さがある。

§

秋葉原を舞台に巨大企業(IT)と基本的に無職の若者5人との対決物語。オタク系人間の失敗談などは全体を通してあまりないのが、少し残念(?)。あくまで秋葉原とオタクをモチーフに物語を展開している。

主演はなる成宮寛貴、山田優、忍成修吾、荒川良々、三浦春馬が若者5人を演じ、巨大企業会社の人間として佐々木蔵之介、寺島しのぶと萩原聖人などなど。持ち味の違う人間がそろってひとつの映画になりえるのは舞台が秋葉原だから寛とちょっと考えてみたりもする。

一応物語りの展開的には若者5人が新しいサーチエンジンを開発し、それを無理やりに奪い取ろうとする悪の企業が狼藉を働くという流れなのですが、安易に開発して安易に奪い取ろうという印象があり、ちょっと物足りなさも感じる。本当にすごいものだともっと認識させるプロセスが欲しかったかな。


また寺島しのぶと山田優の格闘シーンもあり、いろいろな意味でも面白かった。山田優がトレーニングしているシーンなどは結構さまになっていて格好良かった。この映画の中で唯一スポーティを感じる一瞬でした。

§

ちなみに私は原作者石田衣良の大ファンです。

§

アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX
アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX
石田衣良 風間俊介 生田斗真

関連商品
今井翼 Tsubasa Imai 1st tour 23 to 24
滝沢秀明 ありがとう 2005年 さようなら
関ジャニ∞(エイト) Heat up! 初回限定版
猫でもわかるキャッツアイ 木更津キャッツアイワールドシリーズ ナビゲートDVD
アキハバラ@DEEP
by G-Tools
アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田 衣良

関連商品
反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク 5
ブルータワー
東京DOLL
4TEEN
電子の星 池袋ウエストゲートパーク〈4〉
by G-Tools


「アキハバラ@DEEP」オリジナル・サウンドトラック
「アキハバラ@DEEP」オリジナル・サウンドトラック
サントラ 新井俊也 のこいのこ

関連商品
アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX
アキハバラ@DEEP 3 (3)
アキハバラ@DEEP 2 (2)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (2)

雑記>月刊ASCIIの行く末・・・

以前にこのブログでも記事をアップした月刊アスキーのリニューアルですが、新編集長がきまったんですね。

でも本当にどんな雑誌になってしまうんだろうか。読み続けるかどうか、今悩み中・・・。

スラッシュドット ジャパン | 月刊アスキーの編集長になぎら健壱氏が就任
http://slashdot.jp/article.pl?sid=06/09/01/2337229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/02

BOOK>ひとがた流し

ずっと北村薫のファンでしたが、この本を読んでよりいっそう好きになりました。

§

物語は幼馴染の女性3人を主人公にし、生活基盤は近いながら職業はまったくの別々。結婚や離婚や子供の有無などもばらばら。それでも3人は一緒に時を重ねていく。

激しい感情が綴られているわけではない。ただ一人ひとりがひたむきに一生懸命に生きている。前へ進もうとしている。その姿がすばらしい。

ひとがた流し
ひとがた流し
北村 薫

関連商品
紙魚家崩壊 九つの謎
猫島ハウスの騒動
押入れのちよ
ニッポン硬貨の謎
月館の殺人 (下)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>グイン・サーガ10/栗本薫

死の婚礼―グイン・サーガ(10)
死の婚礼―グイン・サーガ(10)
栗本 薫

関連商品
紅蓮の島―グイン・サーガ(9)
クリスタルの陰謀―グイン・サーガ(8)
望郷の聖双生児―グイン・サーガ(7)
アルゴスの黒太子―グイン・サーガ(6)
草原の風雲児―グイン・サーガ(11)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/01

BOOK>ミステリーズVol.17

ミステリーズ!vol.17
ミステリーズ!vol.17

関連商品
ミステリーズ!vol.16
ミステリーズ!vol.18
ミステリーズ! (Vol.15(2006February))
ミステリーズ!vol.14
ミステリーズ!VOL.13
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記>電子マネーで生活は事足りる?(BlogPet)

昨日、ニャンゴロが
×××HOLiCアナザーホリックランドルト環BOOKpostedwithamazleton06.08.20西尾維新講談社(2006/08/02)Amazon.co.jpで詳細を見る
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>IPO新規公開株でガッポリ儲ける方法

IPO株は儲かる!? IPO株の魅力とうまみを余すことなく紹介。そしてどうすればあたるのかを実体験から紹介している。

IPO新規公開株でガッポリ儲ける方法―5年間で98回ゲットした必勝ノウハウ!〈2006年度版〉
IPO新規公開株でガッポリ儲ける方法―5年間で98回ゲットした必勝ノウハウ!〈2006年度版〉
菅井 実

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »