« フラガール | トップページ | ストロベリーショートケイクス »

2006/09/25

DVD>69 sixty nine

方言丸出しに、うだつの上がらない(?)高校生たちの1969年を描いている。

熱いような熱くないような、どことなく抜けている物語が、奇妙に面白い。

69 sixty nine
69 sixty nine
妻夫木聡 村上龍 李相日

関連商品
妻夫木聡・安藤政信 in 69 ~映画という名の終わらない祭り~
ジョゼと虎と魚たち(通常版)
69(シクスティナイン)
砦なき者
誰も知らない
by G-Tools

|

« フラガール | トップページ | ストロベリーショートケイクス »

DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/9890992

この記事へのトラックバック一覧です: DVD>69 sixty nine:

» 69 sixty nine [1-kakaku.com]
1969年の長崎県・佐世保。高校3年生のケンは、憧れの学園のマドンナに近づきたいがために、ロックコンサートや映画、演劇を総合したフェスティバルを開くことを決意。友人のアダマやイワセらを巻き込んでいく。だがそのいきかがり上で、高校の全共闘の面々と共に高校のバリケード封鎖をすることになってしまうのだった…。 主人公の行動がすべて“女のため”というのがいい。しかも69年が舞台になっているのに全然古めかしくないのもいい。妻夫木聡と安藤政信の高校生になりきった演技がいい。まさにどこを切って... [続きを読む]

受信: 2006/11/13 05:45

« フラガール | トップページ | ストロベリーショートケイクス »