« BOOK>エソラVol.3 | トップページ | 本の雑誌280号>BOOK »

2006/09/20

本の読み方 スロー・リーディングの実践>BOOK

本をどんな風に読むべきなのでしょうか。本書は量よりも質が大事だと説く。一文を書くのにも著者の思いが詰まっているのだし、深く読むことによりまた様々な味わいが出てくるという。そして速読を行うことにより、誤読の弊害もまた生まれてくる。

後半は名作をテキストに深読み講座を盛り込んである。

本の読み方 スロー・リーディングの実践
本の読み方 スロー・リーディングの実践
平野 啓一郎

関連商品
自由と規律―イギリスの学校生活
脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術~
カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?
客は集めるな!~お客様とのきずなを作る3つの関係~
人生がイベントに変わる 尾崎友俐の「考え方」革命
by G-Tools

|

« BOOK>エソラVol.3 | トップページ | 本の雑誌280号>BOOK »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/11940430

この記事へのトラックバック一覧です: 本の読み方 スロー・リーディングの実践>BOOK:

« BOOK>エソラVol.3 | トップページ | 本の雑誌280号>BOOK »