« 重力ピエロ>BOOK | トップページ | 白イ恋人>LIVE »

2006/09/17

シュガー&スパイス 風味絶佳>映画

甘酸っぱいだけじゃない。いい味のする恋愛映画。

§
始りは情熱を抑えきれない高校生時代のエピソードから。高校生と大人(?)の女性の関係から、微笑ましい姿が浮き彫りに。

そのまま時は進んで、高校を卒業後になぜかガソリンスタンドで働く主人公の柳楽優弥。そこに現れるのがヒロインの沢尻エリカ。主人公よりもちょっと大人っぽさがあり、実際の柳楽優弥との関係が現れているようで気持ちよかった。

高校生時代のエピソードもしっかりと中盤に絡んでくるのですが、正直言って別にいらないのではないかとちょっと思ったりもしたのですが、どうなんでしょうね。最終的には部屋の提供になってしまった印象。

ガソリンスタンドの先輩に大泉洋が構えているのですが、とにかく笑わしてくれましたね。「昼飯いってくるわ~」「ちょっとかっとばしてくるわ~」と仲間に声をかけていざ出陣。と、思いきや小さくかわいらしいミニバイクですたたたっと出て行く姿が最高でした! 空気を壊すことなく、映画に一味違うテイストを加えていました。

また夏木マリ演じるグランマがすごく良かった。「顔も見たくない人」といいながら、送られたダイヤモンド富士の写真を飾り続ける。そしてドライブと称して、その写真の場所を探しに出かけるシーン。朝の湖に一人じっと佇んでいる姿がすごく印象的。この映画の一番の見所だと感じました。


初恋は実らないという格言のとおり、最後にヒロインはちょこちょこと現れていた元カレと寄りを戻してしまい、主人公は捨てられてしまう。完全に負けていますが、若いころの苦い経験としてきっと次の一歩をまっすぐに進んでいくのではないかと思わせるエンディングが素敵。

§

で、今回は六本木ヒルズにて行われた舞台挨拶にいってきました。当日は柳楽優弥、沢尻エリカ、大泉洋、チェン・ボーリンとプロデューサーの大多亮に監督の中江功が登場。

最初誰が誰だかわからないくらい、雰囲気が違っていました。柳楽優弥はなんか大人っぽいし、沢尻エリカは金髪だし。なぜ沢尻エリカが金髪だったのかはわかりませんが、変でした(ぉぃ)。

監督とプロデューサーの方は映画の見所を余すところなく伝えつつ、会場をわかせることも忘れないところなど恙なく舞台挨拶を終える。そして今回一番注目していたのは柳楽優弥でしたが、テレビで見るとおりしゃべりませんね~(^^;。何をしゃべっても沸かせるくらいの人気はあると思うので、何をしゃべってもいい気がするのは私だけでしょうか。

大泉洋もお笑いの神がついているのか、とりあえずわらわかしてくれました。結構好きになっちゃいました。

§

シュガー&スパイス~風味絶佳~VISUAL BOOK
シュガー&スパイス~風味絶佳~VISUAL BOOK

関連商品
タイヨウのうた (初回限定盤)(DVD付)
手紙 ~あなたに会えてよかった~
タイヨウのうた (通常盤)
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
ドラマ「タイヨウのうた」オリジナル・サウンドトラック
by G-Tools
シュガー&スパイス 風味絶佳 オリジナル・サウンドトラック
シュガー&スパイス 風味絶佳 オリジナル・サウンドトラック
吉俣良

by G-Tools
風味絶佳
風味絶佳
山田 詠美

関連商品
ご新規熱血ポンちゃん
小説家の内緒話
巴里製皮膚菓子
マグネット
古道具 中野商店
by G-Tools

|

« 重力ピエロ>BOOK | トップページ | 白イ恋人>LIVE »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/11928646

この記事へのトラックバック一覧です: シュガー&スパイス 風味絶佳>映画:

» 『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
今日も1人で映画館w予告編で見た夏木マリのまるで妖怪wのような風貌と「女の子はね。。。シュガー&スパイス。優しいだけじゃ駄目なんだよ。」の一言に惹かれ『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』を見に行った。って書いてるとふらりと行ったように見えるが、1週間前に熾....... [続きを読む]

受信: 2006/09/17 19:01

« 重力ピエロ>BOOK | トップページ | 白イ恋人>LIVE »