« BOOK>DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 | トップページ | BOOK>×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル »

2006/08/26

BOOK>Op.ローズダスト(上)/福井晴敏

去年から読み始めた福井晴敏の最新作。もうシリーズモノとして定番化(?)。正直初めて呼んだときの興奮は少なかったが、安心して読める。福井ワールド好きには是非お勧め。

Op.ローズダスト(上)
Op.ローズダスト(上)福井 晴敏

文藝春秋 2006-03-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Op.ローズダスト(下) 戦国自衛隊1549 6ステイン C-blossom (1) 水平線の光の中、また逢えたら―another『亡国のイージス』ジョンヒ~静かなる姫~

|

« BOOK>DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 | トップページ | BOOK>×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

これは未だ未だ新刊だし、かなり以前に刊行されている短編集「6ステイン」も文庫版で出ないかなぁ…と待ち焦がれています。(^^;)

最近は、京極夏彦と松岡圭祐にはまっているのですが、京極作品は読み応えも読後の充実感もかなり高いですね。

投稿: 太鼓屋 | 2006/08/27 21:43

>太鼓屋さん
福井 晴敏は昨年から引っ張って読み続けていこうと思っている作家の一人に数えています(^^)。

京極夏彦は私も好きで、作品は(おそらく)全作品読んでいます(^^)。

#マニアじゃないので、文庫版など全てをそろえているわけじゃありませんが。

松岡圭祐は面白いですか? 読むきっかけがなくて手を出していませんです。

投稿: ニャンゴロ | 2006/08/27 22:58

松岡圭祐作品は、良くも悪くもエンターテインメントに徹しているという意味で、福井作品に近いかもしれませんね。

映画やドラマの「催眠」はオカルトっぽかったり、「千里眼」は唐突だったりしてイマイチでしたが、文庫版のシリーズはストーリー自体が違うので面白いです。
個人的には、緻密なストーリーと複雑に絡み合う伏線はなかなかのものだと思いました。

ただ、京極作品と交互に読んだりしている為、読者サービス的なくだりなど、少しミーハーだとか幼稚だとかいう印象も拭えない時が有りますけどね。

そう言えば、京極作品はあの厚みのせいか、シリーズ全てを店頭に在庫している店が少ないですね。
特に私の地元では皆無なので、何軒も書店を回りました。(^^;)

投稿: 太鼓屋 | 2006/08/29 02:04

太鼓屋さん>
松岡圭祐作品はおそらくどこかで一度は手にするかなって思ってはいます<いつかはわかりませんが(^^;。

京極夏彦はあの厚みがたまらないっすよね。あれだけの分量なのに一気に読ませる・・・読ませさせられる(?)のが堪らないっすよ。

文庫版で分冊化していたのですが、あれはファンからするといかがな物かもしれませんね(笑)。

投稿: ニャンゴロ | 2006/08/29 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/9270686

この記事へのトラックバック一覧です: BOOK>Op.ローズダスト(上)/福井晴敏:

« BOOK>DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 | トップページ | BOOK>×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル »