« 映画>ハチミツとクローバー | トップページ | DVD>ファイナル・カット »

2006/07/29

映画>ゲド戦記

習作という印象が強い。面白いけれど、今ひとつ伸びがないというか形に嵌めようとしている印象を受けた。

§

冒頭は王である父親殺しの場面から始まる。そしてその後逃亡(?)の旅に出ている主人公アレンと魔法使いのアシタカの出会い。当てのない旅ながら、そこに描かれる葛藤はどこかしら共感の持てるテーマ。

しかしながら本作で扱っている世界の均衡や命の大切さなど、監督として今後も扱っていくテーマなのでしょうか。そういう点ばかりが気になって仕方がありませんでした。

本作の監督が宮崎駿の長男ということで、正直作品以上に話題に上りそうな本作。作品の裏読み的なネタも豊富にあります。

個人的には親の七光であろうとなんであろうと才能のある人が、面白いものを作ってくれるのならばどんどんと伸びていってもらいたいものです。

§

ゲド戦記 全6冊セット
ゲド戦記 全6冊セット
posted with amazlet on 06.07.29
アーシュラ・K・ル=グウィン 清水 真砂子
岩波書店 (2006/05/11)

|

« 映画>ハチミツとクローバー | トップページ | DVD>ファイナル・カット »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/11143950

この記事へのトラックバック一覧です: 映画>ゲド戦記:

« 映画>ハチミツとクローバー | トップページ | DVD>ファイナル・カット »