« BOOK>さらわれたい女 | トップページ | BOOK>震度0 »

2006/07/31

BOOK>コッペリア

加納朋子のイメージは優しい雰囲気のあるミステリー風小説だったのですが、本書ではそのイメージを一身。

人形を主体に展開される筋は幻想小説を思わせるような魅惑あるテイスト。倒錯的な物語の展開にも今までとは違う雰囲気。

個人的には一つの作品としてはイマイチという印象がぬぐえないが、一つの可能性を感じさせる一冊ではある。

コッペリア
コッペリア
加納 朋子

関連商品
支那そば館の謎 裏京都ミステリー
街の灯
時計を忘れて森へいこう
出口のない海
それでも、警官は微笑う
by G-Tools

|

« BOOK>さらわれたい女 | トップページ | BOOK>震度0 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/11097846

この記事へのトラックバック一覧です: BOOK>コッペリア:

« BOOK>さらわれたい女 | トップページ | BOOK>震度0 »