« LIVE>arp presents Aqu-arpeggio 波紋-1- | トップページ | 映画>プロデューサーズ »

2006/04/10

映画>タイフーン

ハリウッド並のアクションシーンの連続に見惚れる。しかし失礼ながらストーリーが全くわからなかったのは大マイナス評価。


この映画は韓国映画市場で過去最高の記録を打ち立てたということで話題を提供。南北関連の歓心の違いもあるでしょうから、日本ではどこまでいくのでしょうか。

冒頭シーンはいきなり船ジャックから始まるのですが、これが物語の始まりなのですが、そのあとの展開が全くつながらないというか、唐突に始まってそのまま物語がすすでしまう。結局冒頭のシーンの説明もないまま核心へと勝手に迫って行ってしまう印象がぬぐえない。観客を置いてけぼりにしないで欲しいなっと。

アクションシーンには何はともかく凄いシーンの連続。迫力。規模。破壊。カーアクションに、そ火力の強さは今まではハリウッド映画以外では見たことがないくらい。韓国映画の違う凄さを見せ付けられました。

そして生き別れの家族が出会うシーン。なんともいえぬそれまでの辛さがにじみ出ているようで、ぐっときました。言い知れぬ力に踏みにじられる個人。納得のいかない憤り。

§

あのラストの戦場となった船のシーンは本当に凄かった。CGなんでしょうか? どこまでをセットにして撮影したんでしょうね。決して日本映画では作られなであろう規模の大きさに韓国の凄さを感じましたよ、ホント。

§

タイフーン オリジナル・サウンドトラックCD
タイフーン オリジナル・サウンドトラックCD
サントラ ナ・ユングォン

by G-Tools
タイフーン
タイフーン
クァク キョンテク 小島 由記子

by G-Tools

|

« LIVE>arp presents Aqu-arpeggio 波紋-1- | トップページ | 映画>プロデューサーズ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/9507203

この記事へのトラックバック一覧です: 映画>タイフーン:

» ハリウッド アカデミー賞 [格安航空券で行く海外旅行【格安航空券の旅を満載】@はちきん]
ハリウッドのアカデミー賞授賞式が行われる場所に行きました。 [続きを読む]

受信: 2006/05/02 14:06

« LIVE>arp presents Aqu-arpeggio 波紋-1- | トップページ | 映画>プロデューサーズ »