« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

BOOK>パックマンのゲーム学入門

パックマンの名前を知らなくても、明るい黄色で円の一部分が欠けているだけのあのキャラクターはどこかで見たことがある人が多いのではないでしょうか。世界で一番売れたゲーム基盤としてギネスにも登録されて、名実ともに人気キャラクターの地位を築いている。

そのゲーム製作者が語るゲーム製作のあり方。遊びをクリエイトするとはどういうことなのか。商品として売る時ための心がけなど、興味深い話が多い。

4757717520
パックマンのゲーム学入門
岩谷 徹

関連商品
浜村通信 ゲーム業界を読み解く
桜井政博のゲームについて思うこと Think about the Video Games
ゲームシナリオ作法
クロフォードのインタラクティブデザイン論
テレビゲーム解釈論序説/アッサンブラージュ
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/29

BOOK>孤独のチカラ

独りよりも複数人のほうがいろいろとできることは多い。しかし他人と戯れていては成しえない事もあることもまた事実。自分を磨くことの大切さと難しさ。そしてそれには孤独な努力が必須だという。

孤独も時には必要なこと。ポジティブにその時間を使おう。
自分磨きの大切さを改めて考えてみよう。

489194711X
孤独のチカラ
齋藤 孝

関連商品
友だちいないと不安だ症候群につける薬
天才になる瞬間―自分の中の未知能力をスパークさせる方法
「できる人」の極意!
斎藤孝の朝読おすすめガイド10+100
ハイライトで読む 美しい日本人
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

映画>V フォー・ベンデッタ

独特ながら完成された世界観がとにかく素晴らしい。

主演はナタリー・ポートマンにヒューゴ・ウィービング(V役)。ヒューゴ・ウィービングといえばマトリックスのあの敵役なのですが、この映画では全篇完全に仮面をかぶっているのでどこに出ているのか不明でもあるのですが(^^;。


冒頭にいきなり中央刑事裁判所の爆破から始まる。そしてそのメッセージを送るために次にTV局を不法占拠し、反逆ののろしを上げるのが"V"。その後は少しパワーダウンし、地下活動的なストーリー展開に。

この台詞回しもとてもカッコイイ。こだわっているし、伝えたいメッセージが含まれているんだろうな。

全体的に近未来的な雰囲気ながらも旧時代的なアンソロジーも感じる。不思議な世界観が好印象。

ゆっくりととお酒でも飲みながら見たい映画。

§

V フォー・ヴェンデッタ
V フォー・ヴェンデッタ
アラン・ムーア デヴィット・ロイド

関連商品
ヒストリー・オブ・バイオレンス
バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン
シン・シティ:ハード・グッドバイ
アメリカン・コミックス大全
バットマン:イヤーワン
by G-Tools

| | コメント (3) | トラックバック (7)

2006/04/27

映画>デュエリスト

決闘映画というジャンルがあるのならば、まさしくこの映画のことだろう。アクションシーンというよりも決闘シーンが見所の映画だ。

主演はハ・ジウォンとカン・ドンウォン。

本作でカン・ドンウォンは"悲しい目"役として出演しているのですが、微妙な表情などがとても印象的。そして対照なのはハ・ジウォン。とても表情豊かにナムスン役を演じているんが好印象。

とにかく印象的なのがその映像美。物語の冒頭は市場から始まるのですが、そこで繰り広げられる劇がまた面白い。決闘シーンと市場の人の動きが工夫されていて、思わず魅入る。

そして物語は次から次へと進み、戦いが繰り広げられる。その決闘シーンがとにかくカッコイイ。"影"をうまく使って魅せる。正直言ってしまうと見えていないのですが、カッコイイと思わせる魅せ方がうまいというか。。。一度は見て損はしない映像な事は確か(^^;。


ストリー的には正直あまりわからないというか、カンケーないかと。とにかくそのデュエルがカッコイイ映画だ。

§

デュエリスト オリジナル・サウンドトラック
デュエリスト オリジナル・サウンドトラック
サントラ チョ・ソンウ

関連商品
彼女を信じないでください デラックス版 (限定生産)
オオカミの誘惑
1%の奇跡 DVDBOX 2
「Korea Movie vol.10」 コリア・ムービー vol.10
1%の奇跡 DVD-BOX 1
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK ;リベンジは頭脳で(BlogPet)

そういえば、ニャンゴロが
ひとつのすぺしゃるをじっくりと味わうもいいですが、この映画のように様々な形のすぺしゃる愛談をあっちをかじってこっちもかじるようにたのしむのもまた面白い。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

GAME>もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング

人間の体って使わないと鈍りますよね。きっと脳も使わないと鈍るとおもうんですわ。このゲームで頭がよくなるとは想いませんが(成ってくれると助かりますが(笑))、日ごろ使わない脳筋力を鍛えることはできるかもしれません。

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング
東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング

関連商品
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング
やわらかあたま塾
おいでよ どうぶつの森
ニンテンドーDS プラチナシルバー
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/25

GAME>ニンテンドーDS Lite

ふらっと立ち寄った新宿のさくらやでゲット。探しても見つからなかったのに、用事もないのに立ち寄ったら置いてあったのでそのまま購入しちゃいました(笑)。色も一番欲しかったエナメルネイビー。見た目はとても綺麗なのですが、触ると指紋が目立つのがちょっと難点。

§

でもまだFF12遊んでるんだけれど、どうしたものか(^^;。

ニンテンドーDS Lite エナメルネイビー
ニンテンドーDS Lite エナメルネイビー

関連商品
東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング
ニンテンドーDS用 液晶フィルターDS
やわらかあたま塾
おいでよ どうぶつの森
東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/24

LIVE>SHUUBI@新宿タワーレコード インストア

4/23(日) 新宿タワーレコードイベントスペースにて行われたSHUUBIのインストアライブにいってくる。

今回は去年行われたライブツアー"ハジマリノトキ"が収められたDVD発売記念。私自身も去年の大阪にて行われたライブに参加していたのでこのDVDはとても楽しみなものでした。

一応タワーレコードのサイトから購入できますので、どうぞ。

SHUUBI ハジマリノトキ


§

今回はミニライブということだったのですが、人の入りは上々。というか私は時間丁度に到着したのですが、熱気むんむんぶりにちょっと驚き。ライブ以上に熱いゾ。

時間的には賞味45分程度だったのですが、なんか熱かった。

§

その後DVD購入者へのサインもしてもらったので、もう大満足の一日。

4月28日にはワンマンも控えているので、そちらにも参加予定。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/23

BOOK>時間について

4152080639
時間について―アインシュタインが残した謎とパラドックス
ポール・デイヴィス Paul Davies 林 一

関連商品
宇宙 最後の3分間
時間旅行者のための基礎知識
宇宙は自ら進化した―ダーウィンから量子重力理論へ
共生生命体の30億年
脳が心を生みだすとき
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

BOOK>失われし書庫

古本屋が巻き込まれるミステリーシリーズ第3弾。シリーズ第一弾の古本にまつわるミステリーからある愛書家の失われる書庫への探訪を物語は大きくなり、確実に物語の楽しさ面白さを増してきた。是非順番に読んで欲しい一冊。

4151704086
失われし書庫
ジョン ダニング John Dunning 宮脇 孝雄

関連商品
幻の特装本
死の蔵書
封印された数字
名もなき墓標
深夜特別放送〈下〉
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/21

BOOK>読書歯車のねじまき仕事

本の雑誌に連載されていたエッセイをまとめた一冊。旅と本。生活と本。本のある生活がそこに描かれている。


4860110463
読書歯車のねじまき仕事
椎名 誠

関連商品
世界おしかけ武者修行 海浜棒球始末記 その弐
南シナ海ドラゴン編 にっぽん・海風魚旅 5
全日本食えば食える図鑑
真昼の星―熱中大陸紀行
大漁旗ぶるぶる乱風編 にっぽん・海風魚旅4
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/20

DVD>ラブ・アクチュアリー

単純明快。恋の物語。ひとつの恋をじっくりと味わうもいいですが、この映画のように様々な形の恋愛談をあっちをかじってこっちもかじるようにたのしむのもまた面白い。時々こういう映画を見たくなりますね。

B00079UDLA
ラブ・アクチュアリー

関連商品
ラブ・アクチュアリー
ブリジット・ジョーンズの日記
アバウト・ア・ボーイ
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
「ラブ・アクチュアリー」サウンドトラック
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 ;プロデューサーズ(BlogPet)

きょうニャンゴロで、落ち目を展開するはずだったの。


クオリアとは何なのか。
耳慣れない言葉だけれども、誰しもが感じている。
クオリア入門―心が脳を感じるとき茂木健一郎関連商品脳の活動の解剖から自分という意識の働きがどういうものなのか。
その不思議を魅力あふれる文章で説明をしている感覚。
脳の中の人生クオリア降臨「脳」整理法脳と仮想脳と創造性「このニャンゴロ」というクオリアへb y G-T o o l s


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

DVD>ジョゼと虎と魚たち

池脇千鶴と妻夫木聡の二人が主演。池脇千鶴はまさに体当たり。雰囲気というか空気が今時"風"なんだけれども、ちょっと今時の若者にはいないような不思議な感覚をあじわせてくれる。


B0002JDUW4
ジョゼと虎と魚たち(通常版)
妻夫木聡 田辺聖子 犬童一心

関連商品
きょうのできごと スペシャル・エディション
チルソクの夏 特別版
digi+KISHIN DVD 池脇千鶴
ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound Track)
金髪の草原
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

BOOK>本の雑誌 275号

本の雑誌 275号 (275)
本の雑誌 275号 (275)

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/17

BOOK>クオリア降臨

最近テレビ出演などで大注目の茂木健一郎の著書。

小難しい脳科学のうん蓄などというのはほとんどなく、自分たちの脳がどのように情報を処理しているのか。どうして感動するのか。その素朴が疑問の答えを颯爽と提示している。

また文芸論としても非常に楽しめる。違う視点から、物事を見る楽しみが得られる。

4163677305クオリア降臨
茂木 健一郎

「脳」整理法 脳と創造性 「この私」というクオリアへ 脳と仮想 意識とはなにか―「私」を生成する脳 脳の中の小さな神々

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/16

BOOK>コーヒー味わいの「こつ」

わたくし、大のコーヒー好きでして豆の焙煎からドリップまでやっておいしいコーヒーを飲むのが楽しみ。

インスタントよりも手間はかかりますが、それ以上においしいコーヒーが飲める楽しみ。実はそんなに手間はかからなかったりしますよ。

4388251046コーヒー味わいの「こつ」
田口 護

田口護の珈琲大全 プロが教えるこだわりの珈琲 コーヒーのテースティング 珈琲の楽しみ方BOOK―豆の選び方・挽き方、ブレンドの仕方がわかる コーヒーの事典

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

BOOK>インターネットを創った人たち

コンピューターの創世記から現在のインターネット誕生まで、特にインターネットの技術基盤の生まれるまでの家庭を詳細に追った一冊。

ドキュメントとして読み物として楽しめる一冊。

惜しむらくは所々に織り込まれている作者のジョークが個人的に面白くなく、全くもって引き気味になってしまったこと。なくてよかったです(^^;>ジョーク

インターネットを創った人たち
4791760948脇 英世

青土社 2003-12-19
売り上げランキング : 127,683

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/14

BOOK>リベンジは頭脳で

久方ぶりにアカデミー出版の超訳物を読みましたが、やっぱりシドニィ・シェルダンの物語の面白さと超訳のスピード感は相性がいいですね。楽しめます。

リベンジは頭脳で
4860360257シドニィ シェルダン Sidney Sheldon 天馬 龍行

アカデミー出版 2005-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
億万ドルの舞台 100回泣くこと Rage of Angels A Stranger in the Mirror 限りなく透明に近いブルー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/13

BOOK>こちら葛飾区亀有公園前派出所 149/秋本治

こちら葛飾区亀有公園前派出所 149 (149)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 149 (149)
秋本 治

関連商品
こちら葛飾区亀有公園前派出所 148 大阪万博開幕やで~の巻 (148)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第147巻)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第146巻)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第145巻)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第144巻)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画 ;プロデューサーズ(BlogPet)

ニャンゴロで、期待するつもりだった?


きょう、うそみたいな演技ー!そしてニャンゴロで構築したよ♪*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

BOOK>武装錬金 10/和月 伸宏

10巻にて最終巻。個人的には面白かったんだけれど、ネタ的には少々辛い展開もあったように感じられたこのシリーズ。ちょっと独特の世界に入りすぎていたような・・・(^^;。

武装錬金 10 (10)
武装錬金 10 (10)
和月 伸宏

関連商品
武装錬金 (9)
武装錬金 (8)
ONE PIECE 巻41 (41)
絶対可憐チルドレン 4 (4)
新世紀エヴァンゲリオン (10)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/11

映画>プロデューサーズ

最低なのに面白い。面白い物は面白い。プロのエンターテイナーが見せる舞台のような映画だ。

ミュージカル映画って、面白いかどうか結構ドキドキしながら見に行くのですが、この映画は見て正解でした。全てがミュージカル調でストーリーの展開は全て歌と踊りで表現する映画もありますが、プロデューサーズについて言えば、ミュージカルシーンは所々で出てくるのみ。基本は普通のコメディ映画です。

冒頭は落ち目のプロデューサーの元に訪れる会計士のシーンから。そこでドタバタ劇は始まる。ダラシのないプロデューサーはソファの上で新聞紙に埋もれて昼寝。それに気づかぬ会計士を、突然おきだし驚かすプロデューサーがいたかと思えば、そこに訪れるのはお金を持った(?)マダムたち。そしてマダムをうまく乗せて出資をせびるプロデューサー・・・。

もうしっちゃかめっちゃかになりそうなくらいネタがテンコ盛りなのですが、そこはうまい具合にさばいてくれました。上質のコメディを見ているような感じで、楽しませてもらいましたよ。

前述のとおり、ミュージカルシーンは心なしか少ないように見受けられるのでミュージカル映画を期待して見に行くとちょっと残念なことになるかも。

§

プロデューサーズ
プロデューサーズ
サントラ

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/04/10

映画>タイフーン

ハリウッド並のアクションシーンの連続に見惚れる。しかし失礼ながらストーリーが全くわからなかったのは大マイナス評価。


この映画は韓国映画市場で過去最高の記録を打ち立てたということで話題を提供。南北関連の歓心の違いもあるでしょうから、日本ではどこまでいくのでしょうか。

冒頭シーンはいきなり船ジャックから始まるのですが、これが物語の始まりなのですが、そのあとの展開が全くつながらないというか、唐突に始まってそのまま物語がすすでしまう。結局冒頭のシーンの説明もないまま核心へと勝手に迫って行ってしまう印象がぬぐえない。観客を置いてけぼりにしないで欲しいなっと。

アクションシーンには何はともかく凄いシーンの連続。迫力。規模。破壊。カーアクションに、そ火力の強さは今まではハリウッド映画以外では見たことがないくらい。韓国映画の違う凄さを見せ付けられました。

そして生き別れの家族が出会うシーン。なんともいえぬそれまでの辛さがにじみ出ているようで、ぐっときました。言い知れぬ力に踏みにじられる個人。納得のいかない憤り。

§

あのラストの戦場となった船のシーンは本当に凄かった。CGなんでしょうか? どこまでをセットにして撮影したんでしょうね。決して日本映画では作られなであろう規模の大きさに韓国の凄さを感じましたよ、ホント。

§

タイフーン オリジナル・サウンドトラックCD
タイフーン オリジナル・サウンドトラックCD
サントラ ナ・ユングォン

by G-Tools
タイフーン
タイフーン
クァク キョンテク 小島 由記子

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/09

LIVE>arp presents Aqu-arpeggio 波紋-1-

4/8(土)青山は"月見ル君想フ"にて行われたライブイベント「arp presents Aqu-arpeggio 波紋-1-」にいってくる。

当日の出演者は以下のとおり。

□出演者
 甲斐名都
 堀下さゆり
 arp
 
§

このライブハウスは今回始めていったのですが、場所は先々月の拝郷メイコワンマンライブが行われた南青山マンダラの目と鼻の先。っていうか実はマンダラを探している時に道に迷って一度きていた場所でしたが(笑)。

名前も随分とおしゃれーな名前をつけているし、どんな場所なんだろうかと想像を膨らませていたのですが、入ってびっくり。地下なのに2階があるんですね。

地下なのに2階席があるくらいなので、天井が高いというか地下深いというか、あまり狭苦しい感じのしない空間でした。

そして名前のとおりステージに掲げられているのは満月。「ぉおっ」て思いましたよ。

§

今回は出演者のアイディアによるスペシャルメニューも用意されていて、arpが用意したのは「桜」という名前のカクテル。始まる前に味わってみたのですがホッとする味わいですっかりとリラックスムードに入ってしまいました。

一応席もフロア半分に用意されていて自分もそこに座っていたのですが、座る場所を選び間違えてスピーカの音量がびんびんに伝わる場所での鑑賞となってしまいました。すごい迫力はあったのですが(^^;、何がなんだか判らなくもあったのがちょっと残念。

甲斐名都さんも堀下さゆりさんも私は今回二人とも初めてだったのですが、弾き語りスタイルでとても優しそうな雰囲気の漂うお二方でした。

とりあえず堀下さゆりさんはもう少し聞いてみたいと思ったので、CD「プライベート」ゲット。

§

そして最後にarpの出番。始まる際の演出も格好よかった。魅せるライブ。

一応セットリスト
1.Nevermore
2.まぶた
3.桜
4.ウレシ泣キ
5.Reborn

個人的お気に入りarp楽曲の「桜」「ウレシ泣キ」「Reborn」が当日聞けてもういうことありません。また桜はピアノバージョンからオリジナルバージョンへと変化する場面もあり、楽しませてもらいました。

arpからのお知らせでは近々関西と東北でのライブも行うとの発表がありました。私はちょっといけそうもありませんが、興味のある方でお近くの方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。詳細は公式ページにてよろしくお願いします。

§

予断ですが、今回のライブでも歌われていた甲斐名都さんの「下北沢南口」という曲がTV番組のくるくるドカンのエンディングテーマになっているようで、何気にみていたらこの曲が流れてきたのでちょっと驚きましたよ。

偶然のお話です。

§

B000793EWUカゼノトオリミチ
堀下さゆり
Babestar/ビクターエンタテインメント 2005-02-16

by G-Tools
B00006CXL9リリーライフ
堀下さゆり
インディペンデントレーベル 2002-08-05

by G-Tools
B0001HDL4Oプライベート~The Piano Album~
堀下さゆり
インディペンデントレーベル 2004-03-15

by G-Tools
B000A16QFM堀下さゆり ツアー ~ 君と笑った ~ ファイナル (通常版)
堀下さゆり
ビクターエンタテインメント 2005-08-24

by G-Tools
B000E0VQOAソラシド
甲斐名都
インディペンデントレーベル 2006-02-05

by G-Tools
B0009EVH22夕暮れワルツ
甲斐名都
インディペンデントレーベル 2005-05-18

by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (1)

BOOK>北村薫のミステリー館

ミステリー作家が選ぶ珠玉のミステリー短編集。多様にとんだ物語にわくわくします。

北村薫のミステリー館
4101373299北村 薫

新潮社 2005-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー 猫丸先輩の推測 雪のマズルカ ミステリー映画を観よう 剣と薔薇の夏 下

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/08

BOOK>ONE PIECE 巻41/尾田 栄一郎

ちょっと重苦しい雰囲気の漂っている物語にも、希望がそこにあるのがわかる。だから面白い。

ONE PIECE 巻41 (41)
ONE PIECE 巻41 (41)
尾田 栄一郎

関連商品
One piece (巻40)
One piece (巻39)
One piece (巻38)
NARUTO 巻ノ32 (32)
ONE PIECE 37巻 (37)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

DVD>ダ・ヴィンチ・コードの謎

ベストセラーのダ・ヴィンチ・コードの謎の映画版。映画というよりもドキュメンタリー。ドキュメンタリーというよりも本の解説みたいな印象。ちゃんと本を読んでから見ましょう。

ダ・ヴィンチ・コードの謎
B0007N37N2ポール・ホフマン サイモン・コックス ジェフ・ピッチ

ジェネオン エンタテインメント 2005-03-25
売り上げランキング : 3,037

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド ダ・ヴィンチ・コードの「真実」―本格的解読書決定版 マグダラとヨハネのミステリー―二つの顔を持ったイエス 図解 ダ・ヴィンチの謎 モナリザの秘密

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/06

BOOK ;クオリア入門/茂木健一郎(BlogPet)

きょうニャンゴロは、ニャンゴロはここに人生に創造しなかったー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BOOK>クオリア入門/茂木健一郎

クオリアとは何なのか。耳慣れない言葉だけれども、誰しもが感じている感覚。脳の活動の解剖から自分という意識の働きがどういうものなのか。その不思議を魅力あふれる文章で説明をしている。

クオリア入門―心が脳を感じるとき
クオリア入門―心が脳を感じるとき
茂木 健一郎

関連商品
脳の中の人生
クオリア降臨
「脳」整理法
脳と仮想
脳と創造性 「この私」というクオリアへ
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

DVD>モーターサイクル・ダイアリーズ

旅物というわけではありませんが、バイクでひたすら走って、その途中の出会いに楽しみを覚える。いいじゃありませんか。

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
B000803C8Oガエル・ガルシア・ベルナル ウォルター・サレス ロドリゴ・デ・ラ・セルナ

アミューズソフトエンタテインメント 2005-05-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ビハインド・ザ・サン モンスター 通常版 ブエノスアイレスの夜 ドット・ジ・アイ Ray / レイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

BOOK>新ロードス島戦記(5) 終末の邪教(上)

stars 始まりか終わりか

ロードス島から離れたマーモ島に舞台を移した物語もついにクライマックスへ向けて発進した。終末の巨人と始まりの巨人。最後になるのか始まりになるのか。

今の世界をとても大事に思っている人々の戦い。今の世界を守るための戦い。とても力強く、胸躍る。

hReview by ニャンゴロ , 2005/12/03

photo
新ロードス島戦記(5) 終末の邪教(上)
水野 良
角川書店 2005-10-29
新ロードス島戦記〈4〉運命の魔船 魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士 デュアン・サーク (2-6) 新ロードス島戦記〈2〉新生の魔帝国 新ロードス島戦記<3>黒翼の邪竜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

映画>ファイヤーウォール

残念。勝手にサイバーテロや緻密な知能線を期待していたのですが、結局はアクション映画でしかなかった。

§

すみません、久しぶりに酷評です。
この映画を未見のひとは、以下は読まないほうがいいかも。

#逆に読んで見たほうがいいとも言えるかも(^^;

§

ハリソン・フォード主演ということもあり期待感はバツグンでした。しかし終わってみればなぜこの映画にハリソン・フォードが必要だったのかが今ひとつぴんとこないところからも、個人的にはこの映画は失敗だったのではないかとしか思えません。

銀行強盗のために銀行セキュリティを破ろうとする犯罪組織が目をつけたのは、システムを設計した"人間"。犯罪組織はその家族を誘拐し、いのままに操り銀行セキュリティを破ろうとする。

この時点で行ってしまえば、どんなに権限を持った人間でも銀行などのセキュリティシステムは一人で操作できないような相互監視のシステム入れているでしょうから、この時点でもう映画は成り立たないと思ってしまうのは私だけでしょうか・・・。

そして極めつけはセキュリティホールを探し出してシステムの裏をかくのかと思いきや、端末画面をFAXの読み取り機でスキャンしてiPodにデータを格納する展開にはちょっと??? 

そしてそして、最後は家族を守るために人間同士の格闘になるのですが、正直付け足したとしか思えないような出来栄え。穴が掘ってあった意味も解からないし、スコップではなく、つるはしがいいところに置いてあったのが本当に不思議でなりません。(^^;

§

この映画一体何のために作ったんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006/04/02

LIVE>拝郷メイコ/代々木公園NHK前

4/2(日)代々木公園のNHK通り(?)で行われた拝郷メイコの路上ライブを見に行ってくる。

わたくし、日頃渋谷近辺をうろちょろしていることが多く、NHK公園通り沿いの路上パフォーマーの熱気にはいつも見惚れているのですが、今日はまたちょっと違う楽しみ方ができましたよ。

§

初めは道路の反対側から見ていたのですが、写真撮影のためにご本人を囲むような形でお願いしますとのことで皆動く。動いたはいいけれど・・・これってちょっと近くないっていう位近かった(笑)。

見ているほうが近いと感じるくらいなので、歌っている本人はそれ以上に近いだろうと感じていたことと思います(^^;。

§

当日の模様はgo!go!guiterという雑誌に載るらしいので、是非チェックしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LIVE>歌種その38

表参道FABにて行われた長谷川都ライブイベントの歌種その38に行ってくる。

今回のゲストは成底ゆう子。


§

先日発表のあったとおり、ご本人の意思で6月末でライブ活動をいったん休止するということもあり、やはりいつもよりも緊張度というか張り詰めた感じがしないでもない印象でした。

珍しくセットリスト
1.くちぶえ
2.風の音が聴こえたら
3.愛ゆらら
4.果てしない空
5.いつもの場所で(新曲)
6.「桜」メドレー(森山直太朗/河口恭吾/ケツメイシ)
7.あいのくに

8.つぼみ(成底ゆう子)

9.ミルク
10.道
11.さよならエスプレッソ
12.ファジーピーチ
13.今は昔
14.はなうた
15.おんなじ空の下

個人的には成底ゆう子と一緒に披露されたミルクが面白かった。この曲はライブでよく効くことが多いのですが、本当に毎回違って聞こえる。

サブステージには小型楽器を用意し、今回はウクレレを披露。まだはじめて間もない(?)、指のぎこちなさも楽しかったです。

§

ラストの前のMCで活動休止の話がありましたが、体調と心調の回復を図りたいとの事。またその中でも特に印象に残った言葉が「消耗していくような感じで」という弁がありましたが、いろいろと疲れることもあったんでしょうね。

休むと決めたならゆっくりとしてもらいたいです。CDを聞いて待ってますわ。

§

このイベントもひとまず残すところ2回。6月はSHUUBIがゲストで参加ということで今から楽しみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/01

BOOK>特盛! SF翻訳講座/大森望

都内某所で手に入れた本書-サイン本なのでついと手にとってしまいましたが、中身もとても面白かった。翻訳家の実情と必要な才能など手軽に読める業界本(?)。

特盛! SF翻訳講座 翻訳のウラ技、業界のウラ話
特盛! SF翻訳講座 翻訳のウラ技、業界のウラ話
大森 望

関連商品
翻訳教室
現代SF1500冊 回天編 1996‐2005
現代SF1500冊 乱闘編 1975―1995
デス博士の島その他の物語
SFが読みたい!〈2006年版〉発表!ベストSF2005国内篇・海外篇
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »