« 雑記>パソコン通信終了か | トップページ | BOOK>特盛! SF翻訳講座/大森望 »

2006/03/31

BOOK>「脳」整理法

stars 新世界観

自分の脳がどのように世界を認知しているのか。世界知と生活知の有り方から、自分というものが一体何なのか。その存在が確認できるような感覚がこの本を読んで感じられた。。

本書は難しい言葉はほとんどなく、脳の動きや役割をしっかりと認知させてくれる。

読み終わったとき、目の前の世界が変わって見える。そんな体験は初めてだった。

hReview by ニャンゴロ , 2005/12/02

photo
「脳」整理法
茂木 健一郎
筑摩書房 2005-09-05
脳と創造性 「この私」というクオリアへ 脳と仮想 意識とはなにか―「私」を生成する脳 クオリア降臨 スルメを見てイカがわかるか!

|

« 雑記>パソコン通信終了か | トップページ | BOOK>特盛! SF翻訳講座/大森望 »

蔵書録」カテゴリの記事

コメント

もう十数年も前になりますが、脳神経学の本を
読んでから、脳味噌が大好きなんですョ。
見た目も、本当に美しいですよねぇ。
視床を中心とした、組織の一つ一つが。

今、3Dソフトで脳味噌を再現しています。
各組織の働きや、神経伝達物質などの情報なども
合わせて、レポートとしてプレゼンしようと
思ってるっすョ(^^ゞ。

そういや昔、c坊でもプレゼンしたなぁ・・・。

投稿: ウナム | 2006/03/31 21:06

>ウナムさん
食いついてきましたね(笑)。
脳ミソって本当に不思議なものですよね。どうして、どんな風にして脳みそが働いているのか。不思議でなりません。

>今、3Dソフトで脳味噌を再現しています。
>各組織の働きや、神経伝達物質などの情報なども

ものすごいリアルだったらヤだな(^^;。
面白い物を作ってくださいね(^^)。

投稿: ニャンゴロ | 2006/04/01 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/7426437

この記事へのトラックバック一覧です: BOOK>「脳」整理法:

« 雑記>パソコン通信終了か | トップページ | BOOK>特盛! SF翻訳講座/大森望 »