« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/28

BOOK>28歳からのリアル

stars 真面目に人生設計を!

先の見通せない時代でも、やっぱり一歩一歩進んでいくしかない。28歳に焦点を当てて、現在の社会情勢や制度の仕組みなどを紹介し、どのように人生設計を考えれれば良いのか。そのヒントが書かれている。

hReview by ニャンゴロ , 2005/11/10

photo
28歳からのリアル
人生戦略会議
WAVE出版 2003-01
逃げ知恵~戦略的脱出の技術~ 35歳までに必ずやるべきこと―運をつかむ人になれ 25歳からのコツ 35歳までに決まる!お金持ちになれる人なれない人 25歳からのコツ 実践編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/27

DVD>スカイキャプテン

stars 新しい古さがとてもいい。

最新技術を使って古ぼけた映像を作り出したその技術力をまずはやはりほめたい。全体的に薄暗いのか暖かいのか不思議な映像に目がひきつけられる。

そして突然町を襲うロボットたちは今見れば懐かしい巨人ロボット。しかしそれらがずしんずしんと街を闊歩して、あまつさえ空も飛ぶんだから面白くないはずがない。

古ぼけた未来像かもしれないが、現実にはならないかもしれないが、でもどこかで夢が叶ったら。そう夢を見るのは悪いものではない。

hReview by ニャンゴロ , 2005/11/06

photo
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー プレミアム・エディション
ジュード・ロウ ケリー・コンラン グウィネス・パルトロウ
ジェネオン エンタテインメント 2005-05-25
キャットウーマン 特別版 ヘルボーイ デラックス・コレクターズ・エディション パニッシャー コレクターズ・エディション リディック コレクターズ・エディション サハラ -死の砂漠を脱出せよ-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/26

BOOK>座右の諭吉 才能より決断

stars 日本人の気質

福沢諭吉の名前と顔は毎日のようにみているが、その業績について本当に詳しく走らない人が多いのではないか。本書はその福沢諭吉の業績とその類まれな気質について紹介し、テキストの活用について紹介している。

日本人としての気質。それにはっと気づかされる。

hReview by ニャンゴロ , 2005/11/05

photo
座右の諭吉 才能より決断
齋藤 孝
光文社 2004-11-13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/25

BOOK>包帯クラブ

誰もが自分だけの傷を持って毎日を生きている。人とは違う痛みを感じている。そんな傷を癒すことができるのか。

本当に何気ない思いがとても大切なのだと思う。

包帯クラブ The Bandage Club
包帯クラブ The Bandage Club
天童 荒太

by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/24

BOOK>コーヒーの歴史

stars 現在につながるコーヒーの歴史

今では当然のように飲んでいるコーヒーについて、発見から今までの歴史が一通り書かれている。

もちろん初めから今の飲み方がされていたわけではなく、抽出ではなく煮立てて飲むという方法がつい最近まで採られていたというのは驚きだ。また本当に最近まではコーヒーの飲みすぎは体に悪いと信じられていたし、そして今でもコーヒーの飲み方はいろいろと考え出され日々進化している飲み物だというのもまた驚きのひとつだ。

コーヒーが好きな人には是非お勧め。その不思議な飲み物がよりいっそう魅力的に感じられます。

hReview by ニャンゴロ , 2005/11/05

photo
コーヒーの歴史
マーク ペンダーグラスト Mark Pendergrast 樋口 幸子
河出書房新社 2002-12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/23

BOOK>上機嫌の作法

stars なぜ上機嫌なのか

小難しそうなことを考えている人は機嫌が悪いというのは単なるイメージだということに本書を読んで気づいた。たしかに本物の人物ならばそういうこともあるかもしれないが、大多数の人は自分の感情をコントロールできていないだけだろう。

人間誰しも調子の悪い時など不機嫌になってしまうこともあるだろうが、それをしっかりとコントロールする必要がある。それが社会人としてのマナー。大人としての常識だろう。

hReview by ニャンゴロ , 2005/11/04

photo
上機嫌の作法
斎藤 孝
角川書店 2005-03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK ;死の蔵書(BlogPet)

深夜は、なき書庫などをダニングしたよ♪
ニャンゴロが、熱い好きとかをダニングしたよ♪
と、ニャンゴロは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/22

BOOK>美女と野球

stars 当時の空気

東京タワーという本がたいそう売れている。そしてその原型ともいえるのが本書。東京タワーがひとつの集大成としてまとめられたものだとしたら、本書では当時の空気に触れられる。

正直ネタ元は一緒なのに、なぜこんなにも違う物語になるのだろう。

そのギャップを楽しみたい

hReview by ニャンゴロ , 2005/10/23

photo
美女と野球
リリー・フランキー
河出書房新社 2005-10-05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/21

BOOK>おいしいコーヒーをいれるために

stars ちょっとこだわってみませんか?

コーヒーは好きですか?
コーヒーを自分でおいしく入れてみませんか?

コーヒーは好きだけれども喫茶店のようなコーヒーを自宅で入れるのは大変だと思っていませんか? もちろんコツはありますが、基本はちょっとした一手間をかけるだけ。

新鮮な豆を使い、丁寧に抽出する。
これだけでとってもおいしいコーヒーがのめるから不思議です。

コーヒー豆は刻一刻と変化をして、同じ豆を使ってドリップしても毎回違う味になるから不思議だ。しかしそれでもおいしいと思えるコーヒーを入れられた時、ちょっと嬉しくなる。ちょっと元気になる。

おいしいコーヒー飲んでみませんか?

hReview by ニャンゴロ , 2005/10/21

photo
おいしいコーヒーをいれるために
中川 ちえ
メディアファクトリー 2002-11
プロが教えるこだわりの珈琲 珈琲の楽しみ方BOOK―豆の選び方・挽き方、ブレンドの仕方がわかる 十二ヶ月のバスケット―sweet recipes’ basket お日さまのテーブル はなのほん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/20

映画>転がれ! たま子

いつか穴に落ちることもあるけれど、やっぱり這い上がろう。ちょっと前向きになる映画だ。

やっぱり日常生活っていつも同じことの繰り返し。その中で少しずつ少しずつ変化を加えながら毎日は進んでいく。自分では意識をしなくても殻を作ってその中で生活をしているのが普通だろう。

その日常生活の殻がとても厚く硬く、そして異常に狭い世界をもっている本作の主人公のたま子。鉄かぶとをかぶって日常生活を送る様はちょっとどうかな・・・という具合。

自分の世界から大切なものがなくなっていく様は少し胸を締め付ける。いつも大切に大事にしていたものがなくなるときはいつか訪れる。でも嫌なものは先送りにしたいもの。

穴に落ちて世界が変わっていく時に、一歩を踏み出すたま子の姿には思わず力を込めてしまった。やっぱり自分の知らない世界へ向かう時は誰しもが緊張するもの。

#なんか「はじめてのおつかい」を見ているようでしたが(^^;

甘食を食べているシーンがとても美味しそうだったのが印象的。甘食がおいしそうというよりも食べている姿が美味しそうだった。

とても不思議な世界観を持った映画だが、特に印象的だったのはたま子の母親役の岸本加世子と幼馴染(?)役の与座嘉秋の二人。なぜか真の愛に目覚めてラブラブな甘い関係になってしまうのですが、この状況に隣の女性が大喜び

#そんなに嬉しかったのかとちょっとびっくりだ(笑)

§

転がれ!たま子
転がれ!たま子
長原 万里子

by G-Tools
転がれ!たま子 オリジナルサウンドトラック
転がれ!たま子 オリジナルサウンドトラック
といぼっくす&フレンズ 磯田健一郎 新藤風

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/19

映画>シムソンズ

地味な映画と思いきや、盛り上がりどころ満載。見所満載。カーリングの魅力を感じさせてくれる映画だ。

2006年。トリノオリンピックでも活躍している実在するカーリング選手をモデルとした映画。カーリングってどうしても地味なイメージが付きまとい、実際に取り掛かるきっかけもやはり少ない(?)。

本作の舞台となっている常呂町は実際にカーリングの設備を整えて、カーリングに力を入れているらしいので、いつのひか映画に登場していたカーリングのヒーロー選手や伝説のカーリング選手が生まれてくるのかもしれないですね。


映画の主演は加藤ローサ、藤井美菜、高橋真唯、星井七瀬。粒ぞろいの役者がそれぞれの役目をしっかりとこなしている印象がとても好印象。演出的にもう少し若々しさというか今時感が欲しかったかなぁというのは個人的な印象。

#スィング・ガールズみたいに面白い女子高生がいてもよかったなぁと。

今回は渋谷の映画館で見たのですが、すごく映像が綺麗でした。元の映像が綺麗なのか、上映設備が良いのか。スッキリとしクリアな映像に、広がる台地と空がとても映えてました。

自宅でもあの映像が見られたらと、ちょっと羨ましく思う。

§

シムソンズ
シムソンズ
森谷 雄

関連商品
小早川伸木の恋 (1)
鈴井貴之編集長 大泉洋
クイック・ジャパン (Vol.52)
by G-Tools


「シムソンズ」オリジナル・サウンドトラック
「シムソンズ」オリジナル・サウンドトラック
サントラ

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/18

BOOK>小説 あらしのよるに

オオカミとヤギが友達になる。その友情物語を描いた作品。

去年映画をみていいなと感じていたのですが、原作には手を出していませんでした。今回小説版が出たということで読んでみたのですが、映画で感じたゆったりとした雰囲気や、くさすぎない素直な友情の物語などが楽しめた。

ふっとした時に読み返したい。そんな小説。

小説 あらしのよるに
小説 あらしのよるに
きむら ゆういち

関連商品
漫画版 あらしのよるに
「あらしのよるに」公式ガイドブック―ガブとメイの物語
それぞれのあらしのよるに
あらしのよるに オリジナルサウンドトラック
あらしのよるに 3 劇場版 (3)
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/17

BOOK>プロジェクトマネージャのためのUML徹底活用術

stars プロジェクト投入の事例解説書

UMLとはなにか。そしてそれをプロジェクトという現場に投入するにはどうしたらよいのかを示す一冊。

UMLの技術が登場したのは1997年。現在はUML2.0に進化をして、今までの問題点の改善や新たな進化も遂げている。本書ではその点においても解説を加えている。

UMLを使って実際のプロジェクトを運用使用としている(運用している)現実から、その問題点と活用事例を具体的なUML図を使い現実解を示している点に本書の良いところがあるだろう。

hReview by ニャンゴロ , 2005/10/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/16

BOOK ;罪と罰〈下〉(BlogPet)

いつも、ニャンゴロは
テニスの王子様32(32)許斐剛関連サントラDEATHNOTE10(10)家庭教師ヒットマンREBORN!
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>江戸川乱歩全集 第16巻

江戸川乱歩戦後の作品。
少年向けシリーズとして脂が乗っているときの時の作品でもある。

怪人二十面相が四十面相にパワーアップし、四十面相は世界平和を望んで宇宙怪人を作り出す。ある意味壮大なスケールで展開するところが、微妙な魅力(?)でもある。

江戸川乱歩全集 第16巻 透明怪人
4334736734江戸川乱歩

光文社 2004-04-14
売り上げランキング : 89,455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
江戸川乱歩全集 第10巻 大暗室 江戸川乱歩全集 第27巻 続・幻影城 目羅博士の不思議な犯罪―江戸川乱歩全集〈第8巻〉 黄金仮面―江戸川乱歩全集〈第7巻〉 江戸川乱歩全集 第26巻 幻影城

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/15

BOOK>本の雑誌 273号

様々な雑誌が刊行されているのは本屋に入ってみれば一目瞭然。その雑誌の表紙部分に注目した特集が面白い。変なものから特徴のあるもの。様々な顔がそろってます。

本の雑誌 273号 (273)
本の雑誌 273号 (273)

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/14

映画>ジャーヘッド

淡々とした物語かと思いきや、やはり戦争もの。しかし派手な戦闘や見せ場となる修羅場もない。ただただ戦場の人間有様を描いている、今までのものとはちょっと違う映画だと思う。

物語は軍隊入隊の新米兵を迎えるところから始まり、理不尽な訓練や仲間たちの悪戯はこの手のものにはありがち。ただ訓練中にあっさりと訓練兵が死んでしまうシーンなどが印象的。っていうか実践でもないのに訓練で実弾は使わないだろうに。

そして実践の前に砂漠へ投入される兵士たち。そこでの任務は敵を待つこと。ひたすら待機。その生活や訓練の日々がこの物語での主体。

戦場に投入される兵士たちが日々何をしているのか。自国に残した人たちへの思いと、実際に残っている人々のギャップなどが印象的。

兵士同士のやり取りは仲間同士という印象。しかしながらそこに残している恋人や妻などの冷たい仕打ちには驚き。ビデオレターで不倫を知らせてきた妻は驚きでした。

そしていざ戦闘という流れになってくるのですが、この辺もまた一味違う。戦闘の場面は全くなし。敵弾が飛び交うシーンもなし。あるのは空襲によって敵が殲滅した跡のみ。

そして狙撃兵が敵陣へと密やかに乗り込んで、敵将を銃撃しようとしても、結局これまた空襲により敵陣全てを殲滅させられる。

ひたすらに戦闘がない戦争映画。でも間違いなく戦争映画。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/13

映画>サイレン

半端じゃない。びびって思わず声上げたよ。だって3度目のサイレンが鳴ったらさ・・・。

§

ぜひ作品を見てから以下をお読みくださいな。

§

出演者は主役に市川由衣。父親役に森本レオ。島民としての生き残り役に阿部寛。そのほかに田中直樹、西田尚美、松尾スズキ、高橋真唯、嶋田久作、西山潤。

#パンフレットの名前並べただけですが(^^;。

特筆したいのは市川由衣と森本レオ。全体的にいやぁな雰囲気が漂っているこの映画。その全てを吸い込んで吐き出しているのが市川由衣。叫んでいるだけなら誰でもできる。その恐怖感の空気。それをとにかく市川由衣が吐き出している。

森本レオは出てきた時はとてもよいお父様。しかし闇夜で襲われて戻ってきてからの雰囲気がただ事じゃない。3度目のサイレンが鳴ったときのあの狂いぶりは尋常じゃないっすよ。っていうか他のゾンビたちが普通に追いかけてくるだけなのに、なぜにあの親父だけシャベルもって暴れてんだよ。怖いんだよ!

映画の雰囲気などは文句の言うところはないのですが、変な伏線の張り方が多々あったのがちょっと気になるところ。最終的には夢落ちてきなトリックを使っていたのでいいのですが、あの第3者の視点からだと思われる赤い世界の持ち主は一体誰だったのでしょうか。

ゲーム作品などもあるみたいなので、そちらでみるとまた違う話が見えてくるのかな。

怖いのでこの映画はもう見たくないけれど、続編などは見てみたいな。

§

「サイレン」オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)
「サイレン」オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)
サントラ

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/12

映画>美しき野獣

格闘とうよりも乱闘。アクションというよりも乱暴。とにかくめちゃくちゃに暴れまくるも、そこに真っ直ぐな気持ちがあるから見ていられる。

とりあえず満員御礼の映画館に占めたるは女性軍団。9割8分くらいは女性なのではないでしょうか。それも目当てはクォン・サンウ。今まではと違う彼の役柄に満足はしたのでしょうか。

去年の秋ごろに私は「恋する神父」「マルチュク青春通り」を見ていたのですが、やはりその時の印象は爽やかそのもの。マルチュク青春通りの学生服姿はちょっと辛いんでないかいと思っていたのですが、今回はバリバリの刑事もの。ぼさぼさの髪に不精ひげ。こっちのほうがしっくりときて見ていて安心したのは私だけでしょうか。

この映画とにかくアップが多くて、映画館の前よりで見ていた私は多少疲れてしまいました。ぐいっと顔面に寄るカメラワークもあまりにも頻繁に使われるので途中から飽きてしまいました。

アクションシーンは思った以上にすごいものでした。武器を持った戦いもあれば素手での戦いもある。スピード感も圧巻ながら個人的にすごいなと思ったのは、音。派手にするのではなく、なんか生っぽかった。乾いているというか。痛そうな音がばしばし響いてました。


法廷シーンでのやくざの仕掛けに嵌ってしまい、罪をかぶってしまった時のシーンはちょっと忘れがたいものでした。正義とは。悪とは。本当は何が正しいのか、聞いて欲しいと訴えかけるも届かない声。

韓国映画を見ていていつも思うのはこういうくさいといってしまえばそれまでの脚本をすんなりと作るところ。それが私はいいと思うのです。

§

クォン・サンウ コンセプト・オブ 美しき野獣
クォン・サンウ コンセプト・オブ 美しき野獣
クォン・サンウ ユ・ジテ

関連商品
マルチュク青春通り クォン・サンウ スペシャルBOX
恋する神父 コレクターズ・エディション
悲しき恋歌 最後のプレゼント
クリーナー~プロジェクトX~
同い年の家庭教師 コレクターズBOX (初回限定生産)
by G-Tools
クォン・サンウ「美しき野獣」公式写真集
クォン・サンウ「美しき野獣」公式写真集

by G-Tools
「美しき野獣」公式フィルムブック
「美しき野獣」公式フィルムブック
SHOWBOX MEDIAPLEX Inc.

by G-Tools
「美しき野獣」公式ノベライゼーション
「美しき野獣」公式ノベライゼーション
キム ソンス ハン ジフン

by G-Tools
美しき野獣 オリジナル・サウンドトラック
美しき野獣 オリジナル・サウンドトラック
サントラ

by G-Tools

| | コメント (3) | トラックバック (9)

2006/02/11

LIVE>日々是~ラストナイト~

2/11に南青山マンダラで行われた拝郷メイコライブ「日々是~ラストナイト~」へ行ってくる。

一年間に及んだライブシリーズ日々是ですが、実は私この追加公演のみ参加というふとどき物でありますが、ものすごく楽しんでしまいましたよ。

会場のマンダラも今回お初だったのですが、ものすごくいい場所ですね。テーブル席が数多く用意されていて立ち見がないというのに驚きました。いい場所でのんびりと落ち着いて楽しめました。是非また行きたい場所です。

§

いつも弾き語りに近い形態でのライブに慣れきっていたので、バンド編成の音がすごく新鮮。聞きなれた曲も全く違う印象。新鮮です。

そして本人も一年を通じて成長を目指していたというとおり今回一番良かった! 彼女のライブは何十回となく参加していますが、初めて見たときの事をついと思い起こしてしまいました。その時も衝撃を受けてすっかりと虜になったのですが、今日また新たな衝撃を受けたような気持ちにさせてくれました。それくらい良かった。

終わったのが20時過ぎ。何度も時計を見直してしまいましたよ。もう何時間も過ごしてきたような充実した時間だったので、20時だというのが信じられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/10

BOOK>魔法の快眠術

睡眠はなぜ必要なのか?
睡眠は休息ではなく充電!

気持ちよく眠れた翌朝、とてもすがすがしい気分で一日がはじめられる。そのために寝る前に工夫を凝らしている人も多いと思いますが、本当に重要なのは夜ではなくその日の朝、そして1日をどのように過ごすか。

睡眠は必要なもの。
しっかりと睡眠をとることで、老化も防げる!?

4492042407
魔法の快眠術―眠りながら夢がかなう
佐藤 富雄

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/09

BOOK>テニスの王子様 32

テニスの王子様 32 (32)
テニスの王子様 32 (32)
許斐 剛

関連商品
DEATH NOTE 10 (10)
家庭教師ヒットマンREBORN! 8 (8)
銀魂 11 (11)
テニスの王子様 (31)
テニスの王子様 (30)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD ;戦いの矛盾(BlogPet)

商品咲かずとて・・・
今は昔窓絵殺風景私をたどる物語byG-


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

BOOK>DEATH NOTE 10

DEATH NOTE 10 (10)
DEATH NOTE 10 (10)
大場 つぐみ 小畑 健

関連商品
テニスの王子様 32 (32)
銀魂 11 (11)
家庭教師ヒットマンREBORN! 8 (8)
からくりサーカス 41 (41)
犬夜叉 44 (44)
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/07

BOOK>大きく考える人が成功する

決して大口をたたけというわけではありません。ただネガティブになり、自分の可能性を自分でつぶすかのような考え方をもつのは止めましょう。

自分の可能性を信じ、
失敗を恐れずに、
自信を持って、
一歩前に、
進む。
進む。
進む。


4478733147
大きく考える人が成功する
ディヴィッド・シュワルツ

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/06

BOOK>一目でわかる会社のしくみ

解かっているようで解かっていないこと、実は間違えて覚えていたことって実はたくさんあるものです。

会社員ならなんとなくわかっていることも多い会社の仕組み。改めて会社とはと考えてみるのも面白いものです。

しかし本書は1997年の第一版から2000年までで第三版を出版しているものの、その後改訂はないないのでしょうか。そろそろ新世紀版を出してもらいたいですね。

4532166187
一目でわかる会社のしくみ
日本経済新聞社 日経= 日本経済新聞=

関連商品
コーポレート・ガバナンス―日本企業再生への道
修身教授録―現代に甦る人間学の要諦
渋谷ではたらく社長の告白
稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/05

BOOK>呼吸を変えれば元気で長生き

生まれた時から、死ぬ時まで。ずっと呼吸は続いていきますが、正しい呼吸をしていますか? 

呼吸とはなんぞやというところから始まり、その呼吸が乱れたらどうなるか。正しい呼吸の方法とはどういうものなのか。そして正しい呼吸をすることにより人はどうなるのかが、正しい知識とともに身につきます。

気にしなくても呼吸は続いていきますが、ちょっと知っておくと得することになるかもしれません。
そんな一冊です。


4896919521
呼吸を変えれば元気で長生き
打越 暁

by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/04

BOOK>813

ルパン三世の本家本元。。。という紹介は失礼でしょうか。本物の冒険活劇。ルールがしっかりとあり、それを守りながら対決していくストーリーが逆に新鮮だ

4102140018
813
モーリス・ルブラン

関連商品
奇岩城
水晶栓―ルパン傑作集〈6〉
強盗紳士
ルパン対ホームズ
バーネット探偵社―ルパン傑作集〈7〉
by G-Tools

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/03

BOOK>プロセス・アイ

クオリアをキーワードに物語が展開されていく。新世界への展開。想像の力。本当に不思議な力と魅力にあふれた一冊。

興奮。

プロセス・アイ
プロセス・アイ
茂木 健一郎

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/02

映画>最終兵器彼女

意外なことに(?)恋愛映画だったんですね。全くもって意外な展開にちょっと驚いてしまいました。

上映前の予告編で目にしてからとても気になっていたこの映画。彼女なのに最終兵器!?と妙に気になって仕方がありませんでした。全く予備知識なしで映画を見に行ったのですが、ストーリーが戦い物ではなくて、恋愛物だということに正直驚かされてしまいました。

#原作を知っている人からすれば、
#ナニいってんだと突っ込まれそうですが(^^;

主役は前田亜紀に窪塚俊介。前田亜紀は去年みた「リンダ リンダ リンダ」の時の女子高生とは違いちょっと物憂げにそして優しげな演技にやっぱり好感。

映画中では唐突に彼女が兵器になってしまっていたのですが、恋愛物だということでこの辺の突っ込み話なのでしょうか。というよりか、全てにおいて突っ込みを入れたくなるようなつくりにちょっとという気持ちもありますが・・・(^^;。

高校生同士で交換日記をやっているところなど微笑ましいなぁなどと思っていたのですが、そこで終わらないところがまたなんていうか・・・。

兵器としての彼女がものすごく強い。強いというか強すぎるような気がしたのですが、これならばすぐに世界制覇できるような気がするのですが、それはやらないのでしょうかね。

まぁまぁ面白いのですが、ちょっとつかみ所がないところが残念な映画。

§

最終兵器彼女 スペシャルヴァリューBOX
最終兵器彼女 スペシャルヴァリューBOX

関連商品
最終兵器彼女 Another love song mission 2 (完) スペシャル限定版
最終兵器彼女 オリジナルドラマアルバム
最終兵器彼女 Another love song mission 1 スペシャル限定版
メイキング・オブ・最終兵器彼女
OVA最終兵器彼女 オリジナルサウンドトラック
by G-Tools
メイキング・オブ・最終兵器彼女
メイキング・オブ・最終兵器彼女
高橋しん 須賀大観 前田亜季

関連商品
孕み-HARAMI-白い恐怖 スペシャルエディション
最終兵器彼女 オリジナルドラマアルバム
OVA最終兵器彼女 オリジナルサウンドトラック
渋谷怪談 サッちゃんの都市伝説 デラックス版 BOX
リンダリンダリンダ
by G-Tools
最終兵器彼女(コナミザベスト)
最終兵器彼女(コナミザベスト)

by G-Tools
最終兵器彼女 オリジナル・サウンド・トラック
最終兵器彼女 オリジナル・サウンド・トラック
サントラ 池頼広

by G-Tools
すみか
すみか
メレンゲ クボケンジ

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK ;大人の新常識520(BlogPet)

きょう、自体っぽい研究された。
ニャンゴロはここまでニャンゴロは自分へ研究するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/01

映画>オリバーツイスト

その世界観は素晴らしい。よくぞここまで作り上げたと感心感心。

軽快な音楽ながら、とても不幸な少年の物語。孤児院の中から追い出され、町をさまよい、泥棒グループの一味になる。でも少年は純粋な心を持ち続ける。辛い世の中にも楽しさや希望があるのかもと考えさせられる。

オリバー・ツイスト役の少年の悲しそうな泣き顔がすごく印象的。泣いているシーンが多いのだが、大泣きするわけでもなくただ涙を流している。ただ悲しんでいる。純粋だから泣いている。子役としてものすごい印象深い役だったと思うのですが、次はどういう風に進んでいくんでしょうね。すごく楽しみな少年です。

世界観はすごくいいなと感じたのだが、ストーリーの展開が細切れというかあっちこっちに飛ぶような印象が強かったのが残念。正直物語の細かい筋が今ひとつつかみきれなかった。

またいつか見返してみたいな。

§

オリバー・ツイスト〈上〉
オリバー・ツイスト〈上〉
チャールズ ディケンズ Charles Dickens 中村 能三

関連商品
オリバー・ツイスト〈下〉
オリヴァー・トゥイスト〈上〉
骨董屋〈上〉
大いなる遺産 (下巻)
大いなる遺産 (上巻)
by G-Tools
オリバー・ツイスト〈下〉
オリバー・ツイスト〈下〉
チャールズ ディケンズ Charles J.H. Dickens 中村 能三

関連商品
オリバー・ツイスト〈上〉
オリヴァー・トゥイスト〈上〉
骨董屋〈上〉
大いなる遺産 (下巻)
大いなる遺産 (上巻)
by G-Tools
オリバー・ツイスト オリジナル・サウンドトラック
オリバー・ツイスト オリジナル・サウンドトラック
サントラ シティ・オブ・プラハ・フィルハーモニック・オーケストラ デヴィッド・スネル

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »