« 雑記>今日か、明日か、 | トップページ | 雑記>50万アクセス突破!なのです »

2006/01/31

映画>フライトプラン

90%の時間を伏線を張るのに時間を使い、ラストで一気に爆発。最後は面白いけれど、そこまでが長かった。。。

さすがなのはジョディ・フォスター。ワンシーンごとに魅せてくれる。常に魅了し続けるパワーは見事。

§

この後はできたら映画鑑賞後に見てもらえたほうがより映画を楽しめると思います。

§

ジャンボジェットの中での失踪事件。逃げ場はないのに子供はいない。段々と不穏な空気が漂い始めた矢先に子供は実は死んでいるという情報がもたらされる。

この辺のトリックなどは秀逸。主人公の行動もなんか妙だと思わされるシーンの連続だし、子供を見たという人物も現れない。ここまで子供の存在が見えないとやはり主人公がおかしいのではないかと思わされる。

この辺がこの映画の妙なのだろうが、いかんせんこの伏線を張るだけにとにかく時間を使いきってしまった感じが否めない。とても丁寧に作っているのは好印象だけれども、個人的にその長尺の時間についていけなった。

飛行機内での失踪事件とミステリアスな物語に頼りすぎて、話が広がっていなかったような印象が。もう少し話を広げても良かったのではないかと思う。

ちょっと残念。だけれど面白い映画。

§

フライトプラン
フライトプラン
ピーター・A・ダウリング テリー・ヘイズ ビリーレイ

関連商品
博士の愛した数式
by G-Tools
フライト・プラン オリジナル・サウンドトラック
フライト・プラン オリジナル・サウンドトラック
サントラ

by G-Tools

|

« 雑記>今日か、明日か、 | トップページ | 雑記>50万アクセス突破!なのです »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11101/8392344

この記事へのトラックバック一覧です: 映画>フライトプラン:

» 【映画】 フライトプラン ★★☆ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイルは、 6歳になる娘のジュリアを連れて、 ベルリンから故郷のニューヨークへ向かう飛行機に乗り込んだ。 夫の棺を乗せて飛び立つハイテク重層ジャンボジェット、E−474。 それは皮肉にもカイルの設計した最新鋭の航空機だった。 機内に落ち着くと、カイルは睡魔に襲われ、夢の中で夫の幻影を見る。 やがて目を覚ますと、隣にいたジュリアの姿がない。 客席、トイレ、厨房と探し... [続きを読む]

受信: 2006/02/19 01:39

« 雑記>今日か、明日か、 | トップページ | 雑記>50万アクセス突破!なのです »