« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/31

雑記>50万アクセス突破!なのです

どうにか2年と1ヶ月で50万アクセス突破なのです。とりあえず自画自賛なのです!

40万アクセス突破が確か去年の夏くらいだったので、やっぱりペースは落ちてますが、まぁマイペースで続けていこうかと思ってますのでどうぞよろしくです。

夏くらいまでに60万ヒット今年中に70万ヒットまでいったらいいなっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画>フライトプラン

90%の時間を伏線を張るのに時間を使い、ラストで一気に爆発。最後は面白いけれど、そこまでが長かった。。。

さすがなのはジョディ・フォスター。ワンシーンごとに魅せてくれる。常に魅了し続けるパワーは見事。

§

この後はできたら映画鑑賞後に見てもらえたほうがより映画を楽しめると思います。

§

ジャンボジェットの中での失踪事件。逃げ場はないのに子供はいない。段々と不穏な空気が漂い始めた矢先に子供は実は死んでいるという情報がもたらされる。

この辺のトリックなどは秀逸。主人公の行動もなんか妙だと思わされるシーンの連続だし、子供を見たという人物も現れない。ここまで子供の存在が見えないとやはり主人公がおかしいのではないかと思わされる。

この辺がこの映画の妙なのだろうが、いかんせんこの伏線を張るだけにとにかく時間を使いきってしまった感じが否めない。とても丁寧に作っているのは好印象だけれども、個人的にその長尺の時間についていけなった。

飛行機内での失踪事件とミステリアスな物語に頼りすぎて、話が広がっていなかったような印象が。もう少し話を広げても良かったのではないかと思う。

ちょっと残念。だけれど面白い映画。

§

フライトプラン
フライトプラン
ピーター・A・ダウリング テリー・ヘイズ ビリーレイ

関連商品
博士の愛した数式
by G-Tools
フライト・プラン オリジナル・サウンドトラック
フライト・プラン オリジナル・サウンドトラック
サントラ

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/30

雑記>今日か、明日か、

50万ヒットまであと少し。今月中の達成なるか!?

最近アクセス数が落ち込んでいますが、どうにかここまでやってこれました。特段イベントなどは用意しませんが(^^;、とりあえず自己満足感に浸りたかったので(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LIVE>音楽の森

1/29(日)渋谷は多作で行われたライブイベント「音楽の森」に行ってくる。

出演者
・伊東 友香
・白鳥 マイカ
・arp
・いわさき きょうこ

本日のお目当ては先月初めて存在をしったarpのライブ。やっぱりいいですね。初っ端のマイク使わずに生唄披露は聞きほれました。さすが。

3/18のワンマンライブのチケットもどうにかゲット! 本当は先行予約で申し込んだのに送金するのを忘れたためにキャンセル扱いに(^^;。一般販売も販売日を忘れて(^^;(^^;完売状態に・・・。当日券でどうにか潜り込もうか、それとも諦めるかと思っていたのですが、ここにて手に入れることとができました!

§

詳細はまた後日レポ書きます!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006/01/29

映画>RIZE

ホンモノ!? 人間とは思えない動きのダンスにただただ見とれる。

”踊ってるんじゃない。闘っているんだ。”の文句がまさにピッタリとくるものすごく激しいダンスが次々と披露される。ダンステクニックなんて全く解からなくてもすごいことはわかる。

何かを壊すような、本当に壊すような、その様が凄まじい。本当に動きが見えないんですけれど。この映画の冒頭に「早送りではありません」という但し書きが本当に必要だと見てみればわかる。


そしてバトルゾーンと称されたダンスチーム同士の戦いにはただただ圧倒される。ここが見せ場とばかりに魅せてくれる。本当に息を呑むシーンの連続だ。

印象的なのは子供から大人までみんながダンスしていること。やっぱり日常生活に踊ることというイベントは常に存在しているんでしょうか。自然と子供たちがダンスを披露しているところなど面白かった。

実際に一度このダンスを生でみてみたいな。

§

Rize (2005) (Full Sub)
Rize (2005) (Full Sub)

関連商品
Krump 2.0: Advanced Techniques
Krump 1.0: Basic Techniques
MEGA DANCERS~WE GOT SERVED~
トゥルース・ツアー~ライヴ・フロム・アトランタ~
少年チャンプル
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/28

CD>KEY

相変わらずピアノが格好よいのです。

KEY
KEY
ナチュラル ハイ

関連商品
NO PIANO NO LIFE
ピアノ弾きの恋
色彩カルテ (CCCD)
明日はめぐる
THE WINTER ALBUM~piano session~
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/27

CD>戦いの矛盾

日常の風景の中に"戦争"というイメージを感じることは少ないけれど、彼女がイラク戦争や沖縄の米軍基地などを目にしてつくった曲。

やっぱり彼女は天才です。

戦いの矛盾
戦いの矛盾
熊木杏里 吉俣良

関連商品
咲かずとて・・・
今は昔
窓絵
殺風景
私をたどる物語
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/26

BOOK>死の蔵書

本が好きなのか? 金が好きなのか? 人が殺されてそれが本屋だったら。そしてそこに大切な本がかかわっていたら

真面目に面白いミステリー小説。本好きの熱い情熱。本が好きでたまらないという人間は確かに存在して、そしてそのために・・・。

私のブログも蔵書と副題に銘打ってありますが、まだまだそれほどのものはそろってません。早く蔵書とよべるくらいまでに早く育てたいです。

4151704019
死の蔵書
ジョン ダニング John Danning 宮脇 孝雄

関連商品
幻の特装本
名もなき墓標
失われし書庫
深夜特別放送〈下〉
深夜特別放送〈上〉
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK ;女子大生会計士の事件簿 Dx.3(BlogPet)

きょうニャンゴロがここへニャンゴロはゲームセンターとか会計ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/25

BOOK>「プチ・ストレス」にさよならする本

日常生活の中で実はいつも感じ続けているのはこの「プチ・ストレス」なのかもしれません。一つ一つはちょっとしたことで少し不快だったりいらいらしたりと何もしなければそのうち消えてなくなる。でもそれも積もり積もってくるとどうなるのでしょうか?

常日頃受け続けるストレスに手軽に対処を行い、「ストレスなし」の生活が難しいのであれば「ストレスと上手に付き合う」毎日を送ってはいかがでしょう。楽しそうじゃありませんか?

「プチ・ストレス」にさよならする本―こころのお医者さんが教える
4569660320保坂 隆

PHP研究所 2003-09
売り上げランキング : 315,885

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「プチ楽天家」になる方法―こころのお医者さんが教える
自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法
不安のしずめ方 人生に疲れきる前に読む心理学
自信―イライラと億劫の生活感情をのりこえる
自分に気づく心理学―幸せになれる人・なれない人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

BOOK>思い通りの家を造る

家を建てるとしたらどんなものがいいんだろう。一度や二度そういうことを考えたことはあるでしょう?

実際に家を建てるのは様々な理由から、そう簡単なことではない。しかし、家を考えることによりライフスタイルが変わってくることもある。家とは生活の場であるから、その形を考えることにより新たな価値の発見があるかもしれない。

本書ではその住む(生きる)ということの本質を考え、あるべき姿の住宅論を展開されている。

いつの間にか刷り込まれている固定観念という名の常識は捨てるべきなのかもしれない。

4334031072
思い通りの家を造る
林 望

関連商品
書斎の造りかた―知のための空間・時間・道具
リンボウ先生の書斎のある暮らし―知のための空間・時間・道具
文章術の千本ノック―どうすれば品格ある日本語が書けるか
知性の磨きかた
書斎曼荼羅 1 ―― 本と闘う人々
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/23

BOOK>罪と罰〈下〉

4003261372
罪と罰〈下〉
ドストエフスキー 江川 卓

関連商品
罪と罰〈中〉
謎とき『罪と罰』
白痴 (上巻)
カラマーゾフの兄弟〈中〉
カラマーゾフの兄弟 下  新潮文庫 ト 1-11
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

BOOK>罪と罰〈中〉

4003261364
罪と罰〈中〉
ドストエフスキー 江川 卓

関連商品
罪と罰〈下〉
謎とき『罪と罰』
白痴 (上巻)
カラマーゾフの兄弟〈中〉
カラマーゾフの兄弟 下  新潮文庫 ト 1-11
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/21

BOOK>頭がいい人の「自分を高く売る」技術

出る杭は打たれる。控えめにすることが美徳。

本当にそうなのでしょうか。

疑問に思いつつも、回りがそういうのだからと流されてしまってはいませんか? 本当はアピールする時にはしっかりとアピールするべきであって、そうでないと「損」をしているのではないでしょうか。

もちろんいやみになってはもともこもありませんので、上手に自分をアピールする技術を持ちましょう。

4047100110
頭がいい人の「自分を高く売る」技術
樋口 裕一

関連商品
時間とムダの科学
あなたの「本当の実力」を会社に気づかせる方法 ひとつの会社でとことんキャリアを伸ばす
図で考えれば文章がうまくなる―「図解文章法」のすすめ
トヨタ「力」
頭がいい人、悪い人の<言い訳>術
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/20

BOOK>女子大生会計士の事件簿 Dx.3

女子大生なのに会計士!? の謎が今明かされる(ぉぃぉぃ)

あとがきの「会計に興味を持ってもらうためならなんでもします!」が一番面白かったかもしれないのは私だけでしょうか(^^;。

404376703X
女子大生会計士の事件簿 Dx.3 神様のゲームセンター
山田 真哉

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/19

BOOK>本の雑誌 272号

入院をしたらどうするか。本を読む--本の雑誌らしい解答ではないか。
たまりにたまった本の山を崩すためにこういう時間を持つのもまたよいかもしれない(?)。


本の雑誌 272号(2006年2月号) (272)
本の雑誌 272号(2006年2月号) (272)

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 ;アメノナカノ青空(BlogPet)

ニャンゴロが
「アルジェリアへ行かないか」こんなムヒョに気軽に旅に出て行く二人はいったい何の仕事をしていたのかものすごく疑問だったのですが(^^;、旅にでることはとめられません。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

BOOK>Mr.FULLSWING 21

ギャグマンがなのか野球漫画なのかがあいまいになってしまって、どちらも中途半端な感じが否めない。面白いんだけれども、どう楽しむものなのか難しい。

ギャグか野球か、どちらか一方を選択というよりもどちらかに比重を傾けてしっかりとしたものを期待したい。

Mr.FULLSWING 21 (21)
Mr.FULLSWING 21 (21)
鈴木 信也

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/17

BOOK>アイシールド21 17

スポーツ漫画で負ける悔しさを味わうのはやっぱり辛い。でも勝ち続けるだけでは面白くないからまた難しい。

負けてから這い上がっていく。その難しさを次巻以降に期待したい。

アイシールド21 17 (17)
アイシールド21 17 (17)
稲垣 理一郎 村田 雄介

関連商品
アイシールド21 (16)
アイシールド21 (15)
アイシールド21 (14)
魔人探偵脳噛ネウロ 4 (4)
アイシールド21 (13)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/16

BOOK>こちら葛飾区亀有公園前派出所 148

話題のネタは相変わらず新鮮。

M&Aによる中川企業の買収戦争やら愛知万博に絡めて、大阪万博の復活ネタ。とにかく両さんのスケールの大きさはいつも面白い。自然界の変化を逆手にとって商売を始めるも失敗に終わるのがまたいつもどおりで面白い。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 148 (148)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 148 (148)
秋本 治

関連商品
こちら葛飾区亀有公園前派出所 147 記憶にないわしの誕生日 (147)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 146 出会いの橋の巻 (146)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第145巻)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 144 4年に一度の日暮祭の巻 (144)
名探偵コナン 52 (52)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

BOOK>カイン 2

カイン 2 (2)
カイン 2 (2)
内水 融

関連商品
カイン 1 (1)
みえるひと 1 (1)
切法師 1 (1)
女王様の犬 9 (9)
NORA―The last chronicle of the devildom (4)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/14

BOOK>ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 4

すっごいストーリーは鬱屈しているというかなんかこっちまで呪われそうなくらい暗い話なんですが、それでも読んでしまう魅力はキャラクターのおかげなのでしょうか。少年物らしく、成長していく過程もまたたのし。


ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 4 (4)
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 4 (4)
西 義之

関連商品
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 3 (3)
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 2 (2)
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 1 (1)
家庭教師ヒットマンREBORN! 7 (7)
銀魂 10 (10)
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/13

BOOK>川の深さは

福井晴敏の事実上の処女作。そして原点。
Twelve Y.O.や亡国のイージスなどに続く物語の始まり。
守るべきものの原点もここにあるのかもしれないと思った。

デビュー前の新人作家にして大沢在昌をファンにした作品でもある。

4062738279
川の深さは
福井 晴敏

関連商品
Twelve Y.O.
亡国のイージス 下 講談社文庫 ふ 59-3
亡国のイージス 上 講談社文庫 ふ 59-2
6ステイン
月に繭 地には果実〈下〉
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/12

BOOK ;D.Gray‐man (6)(BlogPet)

大きい銀魂とか、大きい商品を関連したかったの
今日は、ネットで広い商品など言ったよ
ニャンゴロが、大きい星野桂など言ったよ♪
今日、星野桂と広い星野桂とかを関連しなかったの♪
今日ニャンゴロは、商品を関連したかったの?
ネットで広い商品などを関連したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>ベター・ハーフ

結婚をしたら夫婦という形は手に入るが、本当の夫婦になるためにはどうすればいいのだろうか。

いや、夫婦とはなんだろうか。そんなことをふと考えさせてくれる一冊である。

ばぶる絶頂期のころに結婚をした二人。トラブルはそこから始まり新世紀の始まりまでその時々に応じて障害を残り超えて(?)いく。

そしてカップルが夫婦として成り立っていく家庭がとても面白い。

4087478513
ベター・ハーフ
唯川 恵

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/11

映画>輪廻

スクリーンの外側に何かが潜んでいるかもしれない。その恐怖を感じ続ける90分。本当に怖かった。

呪怨の清水崇がまたやってくれました。あの本能をくすぶるような恐怖感をまたもやあじわせてくれる。常識で考えればありえない。それでもなぜか怖い。

今回の輪廻の元ネタとしては昔起きた大量殺戮事件が発端となっていると聞いて、ハリウッドばりの猟奇殺人シーンがあるのかと思いきや、そういった直接的なシーンは少ない。むしろよくわからないうちに殺されてしまった人々という展開で描いている。

その成仏できない(?)人々がとあるごとにずぅ~んと佇んでいる。このためにどこか見えないところになにかいるんじゃないかと常に感じさせられた。本当に何もなくても怖いよ。

個人的にいやだなと思ったのは図書館で首を絞められたままどこまでも持ち上げられてしまった女性。もしも自分があの立場だったら。。。あんな死に方だけはしたくないと本心から願いましたよ。

見ている最中も怖かったけれど、改めて映画を思い返してみるとまた違う恐怖心も沸き起こってくる。しばらくはホラー映画はもういいかな。怖いし。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/01/10

BOOK>暗証番号はなぜ4桁なのか?

セキュリティ対策というと、とても難しく感じてしまいますが何のことはない。自分の身の回りにあるものを正しく理解しそれを正しく使うことで結構対策になってしまったりするものです。

でも簡単だからこそ逆に守られなくて、セキュリティが甘くなってしまうのがセキュリティの難しさ。


4334033237
暗証番号はなぜ4桁なのか? セキュリティを本質から理解する
岡嶋 裕史

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/09

BOOK>大人の新常識520

雑学ってなんでこんなに面白いんでしょうね。必要もないし役立つこともないのに、楽しい。
自分の常識が本当に本当なのか? 自分が間違っていることもあれば、歴史自体が間違っていたこともある。

456966105X
大人の新常識520
大疑問研究会

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

BOOK>脳の中の人生

巷の脳活性化本とは一線を画した本である。

脳は確かに部位によってその役割が分かれている。その部位を刺激するようなトレーニングを行うことで脳の活性化を図るというのは今も昔も変わらぬ話題としてよく取り上げられている。

しかし本当の脳の力というものはまだまだ解き明かされていない部分が多い。その一部の活性化を行うよりも本当の脳の活性化を行うには人生を楽しむこと。それが重要だということに本書を読むと気づかされる。


脳の中の人生
脳の中の人生
茂木 健一郎

関連商品
クオリア降臨
「脳」整理法
無思想の発見
脳と創造性 「この私」というクオリアへ
脳と仮想
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/07

BOOK>デザインノート

わたしゃデザインというか絵心は残念なことにこれっぽちも持ち合わせていないのですが、本は好きです。というか印刷物とかも結構好きです。

紙に印刷するだけでも、その紙質とインクの成分により最終的な出来栄えが変わってくる。そのためにデザイン時から最終イメージを想定して仕上げていくのはやはり高度な技術が必要になるのだろう。それが本書を通じてよく分かるのがとても面白かった。

紙と印刷とデザインを取り上げた本書は私にとってちょっとした宝物です。

4416605021
デザインノート―デザインのメイキングマガジン (No.4)

by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/06

BOOK>ネットは新聞を殺すのか

本書で取り上げている"ネット"というのは個人の情報発信。それに対抗(?)するのがメディアによる情報発信。

その個人の情報発信のツールとしてメールマガジンやブログなどが紹介されている。

実際にメディアとしてブログがどのような位置づけに落ち着くのかは解からないが、個人から個人への情報発信は既に可能になって広く認知されているところだと思う。有名人による直接のメッセージがブログで読めるところなど興味深い。

ネットは新聞を殺すのか-変貌するマスメディア
ネットは新聞を殺すのか-変貌するマスメディア
国際社会経済研究所 青木 日照 湯川 鶴章

関連商品
サイバージャーナリズム論―インターネットによって変容する報道
新聞は生き残れるか
シビック・ジャーナリズムの挑戦―コミュニティとつながる米国の地方紙
新聞がなくなる日
『オーマイニュース』の挑戦
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/05

BOOK>テニスの王子様 31

テニス漫画から完全に必殺技の応酬の決闘漫画になってしまっていますが、まぁキャラクターの魅力にどうにか助けられて楽しめる。しかしながら原点に返ってもう少しテニスっぽくして欲しいと思うのですがいかがでしょうか。

テニスの王子様 31 (31)
テニスの王子様 31 (31)
許斐 剛

関連商品
テニスの王子様 (30)
テニスの王子様 (29)
テニスの王子様 (28)
テニスの王子様イラスト集30.5
テニスの王子様 (27)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK ;冒険王ビィト (10)(BlogPet)

ほんとうは、ニャンゴロは
いちご100%19(19)河下水希あらし商品いちご100%17(17)いちご100%16(16)いちご100%15(15)いちご100%14(14)いちご100%(13)byG-Tools
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニャンゴロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/04

BOOK>ONE PIECE 巻40

ワンピースもついに40巻。ものすごい勢いで駆け抜けて、その勢いを維持し続けるのはさすがというかすごい。
本編も物語の厚さをかもし出してきて、以前の物語が伏線になり活かされている展開がとても面白い。コミックスで購入して以前の物語を再度読み直したくなる。

ONE PIECE 巻40 (40)
ONE PIECE 巻40 (40)
尾田 栄一郎

関連商品
NARUTO 巻ノ31 (31)
One piece (巻39)
One piece (巻38)
ONE PIECE 37巻 (37)
One piece (巻36)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>DEATH NOTE (9)

緻密なストーリーに丁寧な進み具合になんかページをめくるのがとても楽しみ。本作では主役級のキャラクターたちがそれぞれ利用を目的に接近を試みる。次の展開が全く読めないからまた面白いのだ。


DEATH NOTE (9)
DEATH NOTE (9)
大場 つぐみ 小畑 健

関連商品
DEATH NOTE (8)
DEATH NOTE (7)
DEATH NOTE (6) ジャンプ・コミックス
DEATH NOTE (5) ジャンプ・コミックス
BLEACH 20 (20)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/03

BOOK>D.Gray-man 7

黒と白の絵柄がやっぱり印象的。

個人的には巻末に収められていたDグレ劇場の担当Y氏の巻が面白く、思わず噴出してしまった。もちろん本編もしっかりとストーリーにみせ方のうまい展開にだい満足です。

D.Gray-man 7 (7)
D.Gray-man 7 (7)
星野 桂

関連商品
D.Gray‐man (6)
D.Gray‐man (5)
D.Gray‐man (4)
NARUTO 巻ノ31 (31)
D.Gray-man 3 (3)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK>いちご100% 19

一人の映画好き青年と複数の女性たち。はちゃめちゃ恋愛青春というよりも甘酸っぱい青春ものというものもついにクライマックス。なぁなぁで終わらないひとつの結末をしめした作者の心意気を買いたい。

いちご100% 19 (19)
いちご100% 19 (19)
河下 水希

関連商品
いちご100% 17 (17)
いちご100% 16 (16)
いちご100% 15 (15)
いちご100% 14 (14)
いちご100% (13)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/02

BOOK>空の色

初日の出はやっぱり気持ちの良いものですね。昨日と同じなのに違って見える。心のあり方の違いでしょうか。

ふっと空を見上げて、綺麗だと思ったことは誰しもが一度や二度経験する。その時の気持ちがふっと甦る「空の色」。何気ない空気の中の大切なもの。とても綺麗でした。

空の色
空の色
HABU

関連商品
空へ
雲を追いかけて
空の力
雲の言葉
あの夏
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/01

CD>歌種

何度となく足を運んだ長谷川都のライブ。そのたびに新しい音楽をもってくる情熱にいつも驚かされていた。そのライブで聴いていた音楽がやっとアルバムにまとまって出た。もう嬉しくてたまらない。

ちょっと前の曲もジャズにアレンジして、新たな装いも施す心憎い楽しみも与えてくれる。これまた嬉しくてたまらない。

歌種
歌種
長谷川都 高浪敬太郎

関連商品
満ちてゆく / こころの声
折々
うたをうたおう
耳を澄ませ
三日月の夜
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »